« iPhone 5Sのプロトタイプ写真流出!? | トップページ | どんな夢を見ているかを解析できる技術が確立 »

2013年4月 6日 (土)

ようやく週刊ロビ2号到着

やっと2号がきました。

20130403_6_30_47

専用ドライバーが付いてるので、これを待って組み立てを保留しておりました。

20130403_6_31_00

といっても、まだ3号が届いてないため、作れるところまで作ることにします。

20130405_19_35_54

2号は顔の下半分の製作。

20130405_19_36_49

いまさらながら、週刊ロビ初のねじ止め作業です。

20130405_19_38_25

ドライバー、ねじ共に小さいですが、かなりしっかりしたつくり。簡単にねじ山をつぶしてしまうことはなさそうです。

20130405_19_39_52

ただ部品同士がきちきちに合わさっており、かなりはめにくい。

20130405_19_42_37

1号で作った目玉をはめ込んでいきます。

20130405_19_43_54

銀色の土台にはめて、つや消し黒のテープで巻いてから

20130405_19_44_42

先ほどの顔のフレーム部にねじ止めします。

20130405_19_45_57

このままではまだ顔らしくありませんが

20130405_19_46_52

口・あごの部分をつけると

20130405_19_48_05

顔らしくなってきました。これで2号は終了。

20130405_19_48_26

予備のねじが2本余ったのですが、今後のことを考えてとっておくことにします。

20130405_19_48_53

百均の小物入れが威力を発揮します。

20130405_19_51_13

3号はありませんが、4号がある程度組めるため、作っておくことに。

20130405_19_53_13

4号は顔の上半分を作ります。

20130405_19_54_52

耳の部分はまだ作りません。

20130405_19_57_23

3号についてくるケーブルがないとサーボモーターは組めません。こちらは保留。

20130405_20_02_00

5号で組めるのはこの土台の左半分だけです。

この土台、実は本体にはなんら関係ない部品。ただ頭が組めた時点でとりあえずテストボードを使って首を動かすためのディスプレイ台です。

20130405_20_02_09

本当はここまで出来るんですが・・・3号が届くまでのお楽しみ。

20130405_20_05_10

現状でも左半分だけならそれなりに形になってきました。

今度の日曜あたりに2号まとめて届く(6、7号)んじゃないかと。ただし3号がくるまで中途半端な状態は続きそうです。

その3号入ったいいつ来るのか・・・と思ってデアゴスティーニのマイページにログインしてみるとなんと6月上旬になりそうとのこと。

かなりかかりそうですね・・・首の部分が動くのはしばらくおあずけとなりそう。

まだまだ始まったばかりの週刊ロビ製作記。

ロボザックのとき(2007年1~12月)は、他の人の製作記ブログを見ながら作ってましたが、まさか今度は自分が製作記をつづることになろうとは・・・そもそもあのころはブログを書こうと考えてもいなかったですね。自分自身もずいぶんと変わりました。

今後も淡々と書き綴っていく予定です。70号まで、残りあと66冊分。

ロボットの天才 (空想科学文庫)

« iPhone 5Sのプロトタイプ写真流出!? | トップページ | どんな夢を見ているかを解析できる技術が確立 »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57112512

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく週刊ロビ2号到着:

« iPhone 5Sのプロトタイプ写真流出!? | トップページ | どんな夢を見ているかを解析できる技術が確立 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ