« 日本通信のスマホ電話SIMにLTE版が登場 | トップページ | 脳波で好みの曲を選曲してくれるヘッドフォン"mico" »

2013年3月22日 (金)

Raspberry PiにAndroid

インストールできるそうですが、あまり実用的ではなさそうです。

Linuxとかをつついてみるブログ:Raspberry pi(ラズベリーパイ)を使ってみる - androidの起動(ただしもっさり) -

うちでもやってみようかと思ったんですが、上の記事を読んでやめました。

もっさりしてるからというよりは、HDMI端子付モニターが必要というところでひっかかってしまったんですが。

うちでこれを試すためにはHDMI mini端子対応のケーブルを買ってきて、いちいちリビングのテレビを使わないといけません。

動画を見てもらうとよくわかりますが、マウスの動きもかくかくしてます。動かしたところでとても実用的とは思えません。

やはりクロック数が700MHz程度のシングルコアARMチップですから、Android 1.6あたりがちょうどいいんでしょうね。

とはいえ、今後最適化されてくるかもしれません。そうなればAndroidプログラムのデバッグ環境として使えるかも。

でもやっぱりRaspberry Piは普通にDebianなどを動かすのが一番かも。Androidは専用ハードに任せるのが一番のようです。

Android 4.0 HDMIスマートスティック GEANEE ADH-41

« 日本通信のスマホ電話SIMにLTE版が登場 | トップページ | 脳波で好みの曲を選曲してくれるヘッドフォン"mico" »

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/56958732

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry PiにAndroid:

« 日本通信のスマホ電話SIMにLTE版が登場 | トップページ | 脳波で好みの曲を選曲してくれるヘッドフォン"mico" »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ