« Google Glass購入権の当選者発表 | トップページ | BIGLOBEから月額2980円〜の"ほぼスマホ"登場 »

2013年3月29日 (金)

「スマートフォンをめぐる無駄な論争はやめよう」

という呼びかけ的な記事を発見。私自身も思わずやってることもあるので、この記事は自戒の念もこめて紹介いたします。

「スマートフォンをめぐる「無駄な論争」はやめよう」:MSN産経ニュース

iOSにAndroid、Windows PhoneにBlackBerryなどなど、スマートフォン用OSにもいろいろありますが、自分の持っている端末の使い勝手の良さをアピールするあまり、他の陣営の端末を馬鹿にしたり侮辱したりしてはいないか?結局それこそがもっとも愚かな行為だといえるんじゃないか?という内容です。

あらゆる携帯電話が正解で、正しいと言えるだけの理由がある。どのプラットフォームも素晴らしい。」という言葉は、確かにその通りです。

スマートフォンに限らず、フィーチャーフォン(ガラケーとも呼ばれてますが)だって当てはまる話であって、スマホを使っていない人を指して時代遅れだとののしったりしてはいませんか?と言っておきながら心当たりのある私自身ではありますが

たまたま私はiPhoneと相性がいいのでこれを使っておりますが、Androidだっていいところは認めてるつもりですし、Windows Phoneだって未だにちょくちょく使っております。またExpansys.jpでNokia 520が入荷しましたなんてお知らせを見て心ときめかせておりますし、出来ればBlackBerryだって一度は所有してみたいと思ってます。

そんな私でも、思わず特定のスマホをののしったりしちゃいなかったかと。振り返ってみれば思い当たることはちらほらありますね。

スマホに限らず、コンピューターというものは使ってなんぼの道具にすぎません。その道具の良し悪しを決めているのは、性能の良し悪しでも使ってるOSの種類でもなく、その人の求める要求をこなせるかどうかなんです。

それが人によってはiPhoneだったり、Androidスマホだったり、BlackBerryだったりするわけです。

どれが正解ではなくどれも正解なんですね。忘れないようにしなくてはいけません、この言葉。

au Windows Phone 7 IS12T ブラック 新品未使用白ロム

« Google Glass購入権の当選者発表 | トップページ | BIGLOBEから月額2980円〜の"ほぼスマホ"登場 »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

Windows Phone」カテゴリの記事

コメント

富士通、シャープ、ソニー、京セラの四社しか生き残れないだろうなあ、パナとNECカシオは撤退待ったなしだろうなあ、と誰しもが感じていたところであの一連の報道。グローバル化の悪い面、最大公約数化による選択肢の消滅、がますます加速してますね。
とはいえ、ネイティブアプリから、OSに依存しないHTML5に移行しだすとiPhoneの優位性もなくなるので、この先どうなるか予想できません。ましてや、日本のように異常なくらいハイエンド志向の市場だと、販売台数を狙って安価でも中庸なスペックに落とせば、途端に売れなくなるでしょう。さすがに日本でも、2~3年後にはiPhoneのシェアも20%程度まで落ちているでしょうが、一方で代わりに他の海外メーカーが入り込んでいる未来も見えません。

トヨタが打ち出した、TNGA(毎度”TENGA”に見えてしまうのは私だけ?)という新施策でついに、グローバル調達に大転換したのは衝撃でした。なにしろ JIT を否定するわけですから、驚天動地ですね。
ここまで遅れたのは、海外進出で日本品質の維持に苦労してきたトヨタらしい慎重さですが、現状に合わせたという印象よりも、日本車の持つ絶対的な品質神話に陰りが出るという心配の方が大きく感じます。現にダイハツ車で、ハンコック製のへなちょこタイヤや(ビバンダム信者のせいでもありますが、あまりのひどさに速攻で履き替えました)、あからさまに安っぽい標準オーディオなんかを見てきてますから。

こんにちは、四式中戦車さん。

HTML5に期待してるものの一人ですが、最近はHTML5は成功できないんじゃないかと考え始めてます。というのも、"儲ける"というファクターがなさすぎるんですよね…

やっぱり主流はネイティブアプリかなあと感じてます。分配やアプリ内課金の仕組みも簡単ですから、しばらくはAppStoreやGoogle Playが幅を利かせるように感じます。

スマホのコモディティー化というのも言われ始めてますが、iPhoneにしてもAndroid端末にしてもそんなに高いものじゃない上に、それほど原価を下げられる製品でもないため、なかなか安いものが席巻するという未来も考えにくいですね。

今の状況を崩せる可能性があるとすれば、やっぱりXperiaかなあと。Xperia Cybershotなるものが控えてるようですが、名前からしてただものじゃないですよね。デジカメに関してはシェアを譲らない日本勢がそれを武器にスマホ市場に攻勢をかける、一見新しさがないように見えますが、カメラの出来次第ではいいとこ行くんじゃないかと感じてます。

Xperia Cybershot なんてのが出るのですか。
ギャラなんとかカメラみたいな沈胴式光学ズームをもつ、Androidコンデジでしょうか。
かつての Lumix Phone や Cybershot 携帯、EXLIM 携帯のような見た目だけコンデジ風では、さすがに苦しいでしょうし、かといってあまり大きなCMOSも積めないでしょうから、果たしてどう造りこんでくるのでしょう。

キセノンフラッシュと、三脚固定ができるアイディアがあって、まともなCMOS、明るいレンズや良く出来た画像処理エンジン、手ぶれ補正に、絞り、シャッタースピードのマニュアル調整までフルに積んで、防水防塵なら乗り換えてもいいかも(´・ω・`)

こんにちは、四式中戦車さん。

まだ噂レベルですが、ありえない話でもなさそうです。ソースはこちら。

http://ggsoku.com/2013/03/sony-xperia-walkman-cybershot/

他にもXperia Walkmanなんて名前も出てます。SONYの得意分野で真っ向勝負をかけるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57053679

この記事へのトラックバック一覧です: 「スマートフォンをめぐる無駄な論争はやめよう」:

« Google Glass購入権の当選者発表 | トップページ | BIGLOBEから月額2980円〜の"ほぼスマホ"登場 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ