« 自動追従機能の付いた手のひらサイズな空飛ぶカメラ”MeCam” | トップページ | Googleが今度はしゃべる靴を開発!? »

2013年3月11日 (月)

ジュースを飲んだあとのペットボトルを材料に利用!?という3Dプリンター

3Dプリンターは材料の調達がもっとも悩ましいようですが、この3Dプリンターならその悩みも解消できそうです。

GIZMODO Japan:ジュース飲んだ後の空きボトルを使える3Dプリンター

ジュースを飲み終わったペットボトルなどの樹脂容器(高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、ABS樹脂やナイロンなどの熱可塑性樹脂、ポリ塩化ビニルは不可)を材料として使える3Dプリンターが開発中らしいです。

お値段もそれほど高いものにはならないらしいですが、だとすると画期的ですね。

最近は3Dプリンターがらみの話題が多いですね。そろそろ個人でも手軽に3Dプリンターという時代が来そうです。

でも、プリンターってのは本体よりもインク代の方で稼ぐらしいですから、こういう方式の3Dプリンターはあまり大手メーカーは扱いたがらないかもしれませんね。

初心者Makersのための 3Dプリンター&周辺ツール活用ガイド

« 自動追従機能の付いた手のひらサイズな空飛ぶカメラ”MeCam” | トップページ | Googleが今度はしゃべる靴を開発!? »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/56920325

この記事へのトラックバック一覧です: ジュースを飲んだあとのペットボトルを材料に利用!?という3Dプリンター:

« 自動追従機能の付いた手のひらサイズな空飛ぶカメラ”MeCam” | トップページ | Googleが今度はしゃべる靴を開発!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ