« 今年中に"Xperia Cybershot"と"Xperia Walkman"発売か!? | トップページ | ” オートミーS 小型自動ロボットクリーナー ”が到着! »

2013年3月31日 (日)

宇宙戦艦ヤマト2199 第5章のPV公開

第5章からはかなり急展開がありそうです。

まずは上の動画をご覧ください。4月13日から公開の宇宙戦艦ヤマト2199 第5章のPVですが。

こりゃどうみても内乱(しかもヤマト、ガミラスそれぞれで)発生とか、オリジナルでもあった惑星に降り立つシーン(ちょっと違う話になってるっぽいですが)や、ドメル将軍とのど派手な戦闘シーンなどなど、期待を裏切らない展開が待っていそうです。

テレビ放映も一週間後に迫ってます。どんどん派手になっていく演出ですが、第6、7章も楽しみです。

(追記)

冒頭9分も公開されてました。

宇宙戦艦ヤマト2199 5 [Blu-ray]

« 今年中に"Xperia Cybershot"と"Xperia Walkman"発売か!? | トップページ | ” オートミーS 小型自動ロボットクリーナー ”が到着! »

書籍・DVD」カテゴリの記事

コメント

に、二式大艇ではダメですか(震え声)

US-2とP-1はアジアの友好国に売るべきですね(謝罪と賠償をry)

マギ第1期は終了し、いよいよ来週からですね
でもシンドバッド王から古代進、小野D変わんねえじゃねえか(ゲス顔)
ていうか、青エク→AGE→マギ→ヤマト→マギ2期と、日5は小野D枠だったか…

こんにちは、テクニカルも立派な兵器さん。

日本の飛行艇の技術力はかなりのものだと聞いたことがあります。海に囲まれた国ですから、そういうものが発達したようですが。

映画やBD/DVDで先行してるヤマトですが、エンディングがテレビ版オリジナルのようです。早速予約録画しておきました。できればこのままDVD版は先行してて欲しいですね。

映画館で先行公開はあっても、最終話(9月29日?)はテレビ放映がBD/DVDの発売より若干先行すると思いますよ。営業的に考えても、BD/DVDを先に発売する理由を見つける方が難しいですから。だからといって、作品の価値を棄損するものでもないですし、なにも問題はないでしょう。

それに、バンダイチャンネルやDアニメストアへの展開、イベント(購入者限定の応募券封入を、テレビで告知プロモーションが出来る)開催といった展開もやりやすくなります。腐ってもテレビの利用価値は、まだまだ高いということですね。

こんにちは、??さん。

今のペースだと7巻がでるのが11月ごろですから、テレビでは終わってる頃ですね。でも私はきっと買ってしまうんでしょうが。

テレビ放映でさらにファンが増えてくれるといいんですが、5巻の冒頭9分を見るととても子供に見せられる内容ではないですね。

アニメの自転車二人乗りシーンや、ゾンビの軽いグロシーンが規制される愛知県版()の例は全国的にみて異常としても、最近制作者側の過剰な自己規制が多いのは確かですね。
パチンコや賭博、サラ金、射幸心をあおるソーシャルゲームのCMの方が、はるかに子供に対し害悪だと考えている私には、この程度の内容で子供に見せられないとは思いませんが(一昔前によく言われた”ゲーム脳”も科学的に否定されてますしね)、BPOに寄せられる意見などを見て、いろんな捉え方があるもんだなあとは感じています。

こういった問題は、自分が子供の頃に見聞きしたものが、今現在の自分にどういう影響を与えたかを自分なりに検証すれば、自ずと結論が出るものと信じています。
災害や事件事故、違法薬物、いじめ、ネグレクト…現実社会の方がもっと残酷ですからね。

こんにちは、??さん。

愛知県ってそんな規制が多かったとは知りませんでした。まあそれはともかく。

”子供に見せられる内容ではない”と書いてしまいましたが、私が感じてるというより、その手の団体が食ってかからないかという心配があるという意味です。

戦争の残虐シーンといえば、はだしのゲンの原爆投下の瞬間にかなうものはないと思ってますから(私はちょっとだけトラウマです)、この程度の表現はたいしたことはないんでしょうね。でもなにかと揚げ足を取りたがる集団というものはいるもので。

にたような事例で言葉もよく規制の対象になりますが、私は正直”言葉狩り”になってるだけのような気がしてどうかなぁと思ってます。言葉が差別を生むのではなく、差別が存在して言葉のイメージを形作ってるだけに過ぎない。いくら乞○をホーム○スと言い換えたところで差別的なものが消滅するわけではないのに、なぜか言葉を消したがる人も多いですね。

なんだか愚痴っぽくなってしまいました、すいません。

あー、確かに愛知県のアニメ聖地の少なさは異常ですからね。
ぱっと思い浮かぶのは、「うさぎドロップ」と「電波女と青春男」ぐらい。
規制の厳しさでも悪評高いですし、教育熱心な土地柄のせいか、なんか謎ですね。

若年人口が多いことだけが取り柄の滋賀県ですら、「けいおん!」「中二病でも恋したい」「ちはやふる」がありますし、時代劇や2時間ドラマでもしょっちゅうロケに使われています。
日本の基礎を作った三河大名に、現代では世界に冠たるトヨタに三菱、NGK、INAXと錚々たる企業が並ぶのに、いまいち文化面で印象が薄いのが不思議です。
うーん、東海市生まれの自分としては、少々寂しい思いがしますね。

はだしのゲン、火垂るの墓は、子供なら十分トラウマになりますよ。
プリキュアの”おしりパンチ”や、妖精がお尻から魔法アイテムを出す行為が、BPOに苦情申し立てされたこともありました(笑)。基地外クレイマーは、相手にしないことが一番ですね。

こんにちは、四式中戦車さん。

何ででしょうね?愛知県のこの状況。尾張大納言こと徳川宗春様の頃ならむしろご禁制も御構い無しという風潮だったというのに、その反動でしょうか?

例のピカチュウの事件のように実害があったのならともかく、そうでなきゃある程度スルーしなきゃいけないですね。

「最終巻である第7巻の一般発売を、9月25日から10月25日に延期した。延期の理由を同社は「最終巻としてふさわしい更なるクオリティアップを目指すため」と説明している」
「8月24日~9月6日に予定している劇場での上映は予定通り実施する」
「劇場での上映を予定通り実施しつつ、BD/DVDの発売が延期する理由について、公式サイトでは「Blu-ray Disc&DVDの製造に必要な日数を勘案した結果、やむなく発売スケジュールの変更を行う」としている」

バレバレの嘘ですね。
放映、上映に間に合わず納得いかないまま納品したシーンや、色の塗りミス・作画ミス、規制でカット或いは修正したテイクなどを追加、リテイクするのがBD制作で、そういった作業やおまけ映像の追加が間に合わなかったりするのがよくある発売延期の理由です。しかし、上映版との違いがほとんどなかった今作既発巻のことを考えると不自然な話です。

これは、世界陸上の放送スケジュールが確定し、TV最終話の放送が当初予定していた9月29日から22日に繰り上がったのが理由じゃないかと推測します。ネット上への流出はこれまでもバンダイビジュアルが厳しく対処していますが、それでも放送日前に流出させるのは不可能で、それに対処するには最も有効な手段だからです。

放送日前に流出させるのは不可能で、それに対処するには最も有効な手段だからです
                       ↓
放送日前の流出を食い止めることは不可能で、それに対処するには発売延期が最も有効な手段だからです


訂正します

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/57073840

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2199 第5章のPV公開:

« 今年中に"Xperia Cybershot"と"Xperia Walkman"発売か!? | トップページ | ” オートミーS 小型自動ロボットクリーナー ”が到着! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ