« 激安で遠隔操作可能なIPカメラ”IPC100” | トップページ | 元素が楽しく(?)理解できるアプリ”元素図鑑” »

2013年1月14日 (月)

デジタル一眼レフカメラの上にビデオカメラ載せるための部品作ってみた

要するに、下の写真のようにデジ一のフラッシュ取り付け部にビデオカメラなどを固定できるものを作ってみました。

20130112_13_13_10

前々からほしいなあと思っていたのですが、世の中に需要がないのか、ありそうでない。

というわけで、自分で作ってみた次第です。

部品、工具はほぼすべて100円均一で購入したものばかりを使用。

20130112_12_01_46

使ったのはこの二つ。ダイソーで売ってたカメラの三脚と

20130112_13_21_16

適度な硬さ・厚さのプラ板がなくて、このコンセントカバーがちょうどよさそうだったので、これを使いました。

20130112_12_09_18

まずはコンセントカバーを一部切り取ります。

切断に使ったのは百均で買ったのこぎり。

20130112_12_13_36

これを一眼レフカメラのフラッシュ取り付け部についているダミー板の大きさに合わせてカッターなどで切っていきます。

20130112_12_23_00

で、両端を上のようにカッターで削り、カメラ上の金具にはまるようにします。

20130112_12_23_18

こんな感じにぴたっとはまるようになればOK。

20130112_12_47_17

このプラ板に、今度は穴を開けます。使用したのはこれまた百均で買ったドリル。

20130112_12_48_12

先ほどの百均三脚を、百均のこぎりで切り刻んで取り出したねじを当てます。

ねじを当てて、これまた百均のダイヤモンド棒やすりで削っては挿入、貫通するまで削っていきます。

20130112_13_06_52

こんな感じにすぽっとはまるまで削っていきます。ここまでくるのに何度やすりで削ってははめてみたことか・・・かなり大変な作業です。

さらっと書きましたが、この形に落ち着くのにいろいろと試行錯誤してます。

20130112_17_35_22

早速この部品を一眼レフの上にはめ込み

20130112_13_13_23

ビデオカメラをつけてみました。思ったより、がっちり付いてくれます。

上の写真のようにビデオカメラのおしりが邪魔で、デジタル一眼レフのファインダーがのぞきにくいのが難点。

20130112_13_17_22

Nikon D3000には最大望遠レンズ、ビデオカメラには大容量バッテリつけてみました。

なんかかっちょいい。

20130112_13_13_57

ただ、大容量バッテリ取り付け時は、ファインダーがのぞけなくなります。標準バッテリが限界です。

一眼レフカメラの上にビデオカメラを載せて一体どうするつもりだといわれそうですが。

子供の運動会のときに、カメラとビデオを両方持っていって撮影してたんですが、当然一人一台、二人ががりです。

ところが、上の子の運動会の日が下の子の生まれた翌日だったときがありまして、このときは一人でカメラ撮影。

さすがに、一眼レフは置いていきました。動画はいいんですが、写真の方はいまいち。

ビデオカメラの写真機能って、コンデジよりもいいレンズ・センサー使ってるような気がしますが、なぜかぼやけた感じなんですよね・・・

また、運動会の撮影ポイントというところは人が多すぎで、一人で写真と動画撮影をせざるを得ないことも。

これさえ使えば一人でカメラもビデオも撮影できます

私の持ってるNikon D3000は動画撮影機能がないため、静止画と動画を撮影するためにD3200あたりに乗り換えようとも思いましたが、写真はやっぱり一眼レフ、動画はビデオカメラの方がきれいなため、やっぱり両方使いたいところ。

三脚も共用できるため、場所もとりません。

ただし一人で2台のカメラですから、ビデオの方は倍率固定で回しっぱなしにしてカメラ撮影するしかありませんが。

それにしても、こういうのって需要ないんですかね・・・カメラの2段重ねというのは確かに普通やりませんが、カメラの代わりにスマホホルダーもつけられますし。

20130112_17_46_59

案外便利だと思ってる人は、いるように思いますが。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK ボディ ブラック

« 激安で遠隔操作可能なIPカメラ”IPC100” | トップページ | 元素が楽しく(?)理解できるアプリ”元素図鑑” »

デジタル一眼レフ」カテゴリの記事

コメント

http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_515703&feature=iv&src_vid=QTQAIQKWsjs&v=tEUcaQMeQho

↑エツミ ボールヘッドシュー

でも自作できるものなんですね。

こんにちは、シロツグさん。

情報ありがとうございます。ボールヘッドシューって名前で売ってたんですね。もうちょっとちゃんと調べてみれば良かったですね。

調整もできるので、私の自作品よりは使い勝手良さそうですね。早速買っておこうかと思います。

エツミのボールヘッドだとお使いの用途じゃ重量過多です。この製品は固定ネジのノブが中空プラスチック製なので、大きいバッテリーパックつけるとお辞儀しますし重心が上がるのでホールドが至難です。

一応既製品として、あるにはあるんですが、
http://www.signonline.co.jp/online/detail/1-10036000-11203004640010.html
強い衝撃がかかった時にある程度壊れやすくないと、カメラ本体にダメージがありますのでこの記事の設計はとてもよいとおもいます。

こんにちは、とおりすがりさん。

わざわざ教えていただき、ありがとうございます。実は既にE6116というのを買ってしまいまして、早速記事を書こうとしているところです。

教えていただいたものだと、かなり重心が低く取れそうですね。ちょっと動きの激しい場合はこちらの方がよさそうですね。

私の想定しているシチュエーションとしては、運動会で三脚を使って望遠で撮影するというのが主なものです。それほど大きくカメラを動かすことはないはずなので、ボールヘッドでもいけそうかなぁと思っております。

それにしても、こういう商品があることを知らずに作ってしまいました・・・もうちょっとちゃんと調べればよかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/56523536

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼レフカメラの上にビデオカメラ載せるための部品作ってみた:

« 激安で遠隔操作可能なIPカメラ”IPC100” | トップページ | 元素が楽しく(?)理解できるアプリ”元素図鑑” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ