« ドコモがサムスンと共同で新OS”Tizan”搭載端末開発・発売か!? | トップページ | HTC HD2でWindows RT起動!? »

2012年12月31日 (月)

iPhone/iPod touchで使える放射線検知器”SCO-RDTX”

2012年最後のデジもの購入となりました。

20121230_13_28_29

iPhone/iPod touchで使える放射線検知器”SCO-RDTX”です。

クリスマス前後にAmazonで一時的に780円という価格で売られていたため、思わず買ってしまいました。

20121230_13_31_24

中身はこんな感じ。本体とケーブル、マニュアルや保証書などの紙類です。

旧ドッグコネクタを使っているため、そのままiPhone 5で使うことはできません。アダプタでOKなのかどうかも未定ですが。

このSCO-RDTXを使うためには”radTEST”というアプリが必要。

AppStore - radTEST

これを起動した状態で接続しないと”この装置の使用にはアプリが必要です”といった警告文が出てきます。

20121230_13_35_10

ところでこのアプリ、毎回同意を求めれますが・・・とりあえず”同意”しときます。

20121230_13_36_05

さて早速起動・・・すると突然0.3μSv/hほどまで数値が跳ね上がります。

愛知県ってたしか0.04μSv/hほどじゃなかったかと・・・

20121230_13_45_20

しばらくすると、大体0.02あたりで落ち着きました。起動直後は不安定のようです。

落ち着いたところで、早速テスト線源(ランタンのアトム・マントル)で試してみます。

20121230_13_45_49

この放射線検知器はフォトダイオードを使用しているため、検知できる放射線種はγ線とのこと。

アトムマントルは主にα崩壊をするトリウムが使われてますが、多少γ線も出しているものもあるようでこの通り値が跳ね上がります。

20121230_13_47_19

蓋を開けると、すごい値に跳ね上がります。

ただし、おそらくセシウムで校正しているであろうっぽいですが、なんとなくかなり過敏に反応するように作られてる感じがありますね。起動直後の不安定さもそのあたりにあるのかもしれません。値はあまり信憑性がありませんが、その代わりわずかな変化もとらえてくれそうです。

まだセシウムの影響が残る地域での使用はもちろんですが、昔の時計などには放射性物質が使われてたり、また家の床下に思わぬものが備蓄されてることもあるようなので、そういうものを探し出すにはなかなかいい検知器のようです。

SCOSCHE iPhone iPod Touch対応放射能カウンター エントリーモデル 黒 SCO-RDTX

« ドコモがサムスンと共同で新OS”Tizan”搭載端末開発・発売か!? | トップページ | HTC HD2でWindows RT起動!? »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/56426981

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone/iPod touchで使える放射線検知器”SCO-RDTX”:

« ドコモがサムスンと共同で新OS”Tizan”搭載端末開発・発売か!? | トップページ | HTC HD2でWindows RT起動!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ