« iOSとAndroidとWindows Phoneが融合したら・・・ | トップページ | 本日iPhone 5会社デビュー!でLTE圏内!? »

2012年11月12日 (月)

SONYがスマートフォンシェア第3位に

Xperiaがじわじわと成長しているようです。

ガジェット速報:ソニーがまさかの快挙!スマホ世界シェア第3位に浮上 ―2012Q3出荷台数で

どちらかというと、SONYが成長したことよりHTCのシェアが低下しているため、というのが主要因のようですが、とはいえ前年度比40%の成長はかなり大きいですね。

デザインやコンテンツにおいては独自の進化をしてますから、そこで他社との差別化が図れて成長につながってるのかもしれません。

かつてのSONY復活のためには、やはりPS Storeを何とかしてもらわないと・・・一応SONY信者な私の切実な願いです。

Sony LT22i Xperia P 海外SIMフリー版 シルバー

« iOSとAndroidとWindows Phoneが融合したら・・・ | トップページ | 本日iPhone 5会社デビュー!でLTE圏内!? »

Android」カテゴリの記事

コメント

エリクソンを切って開発部隊を東京に戻したことにより、製品投入のスピードが加速したことと、日本での販売が大きく伸びたことが効いているのではないでしょうか。
今後はインテル次第とはいえ(三星は自社生産分だけでは全て賄えない)、TMSCの供給能力に総生産台数は制限されるため、市場に投入できる台数が頭打ちなのは変わらないでしょうし、ヒットモデルを一発出せば簡単にシェアは伸ばせるんですよね。
この業界は、ノキアやモトローラのようにトップであってもいつ凋落してもおかしくない厳しい競争環境なので、正確に10年後を予想できる人は誰もいないでしょう。
もし半島で有事が勃発すれば、また以前のようにボンクラ経営者がアップルを支配したら、といった可能性を誰も否定できない以上、アナリストの予想というのものは所詮想像の域を脱しませんからね。

こんにちは、passoさん。

まだまだ不安定ですね、スマホ市場。Androidはまだまだハード先行のため、ハイスペックな機種を出したものが上位を席巻するという状態ですが、そろそろソフトでの差がつき始めるかもしれません。

Kindle Fireも一応Androidながら、Google Playの動くAndroid端末とは一線を画していられるのはその膨大な書籍データのおかげですね。

アナリストの予測があまり芳しくないのは、このソフトの影響力を軽視しているからかも知れません。iPadも彼らの予測では去年あたりにシェアを奪還されてなきゃいけないのに、そうはなっていない。一方でKindle Fireのような低スペックな端末がむしろiPadの市場を奪っている。こればっかりはスペックでは語れないですね。

こういう話を聞くと、またSONYの端末を何か買ってみようかと思ってしまいますね。そろそろAndroidウォークマンにでも手を出してもいいかもしれません。

Walkman F、いいですよ。音質に関しては賛否両論のようですが。
さすがに画面サイズが小さいので本格的にアプリやWebを利用するのは厳しいですが、手に馴染むサイズなのでなかなか愛着が持てます。電源ボタンの押しにくさとWi-Fi感度がイマイチなのは不満点ですが…

ソニーのモバイル機器には、PlayStation Mobileやnasneとの連携で攻めて欲しいですね。
スマートテレビだ何だと言う前に、nasneのような録画機器からモバイル機器向けにビットレート落とした録画データをWi-Fi経由でサクッと転送して出先で見られるようにして欲しいもんですが、現状ソニーのnasneですらこの手の機能はXperia Tabletにしか対応していないそうで…

最近ホンダの N-BOX やN-ONE が大ヒットしているのを見ると、考えさせられます。
徹底的に地方住まいの日本人好みにデザインを振りつつ、MINI のようなカスタマイズの楽しさも提案するという手法は、ホンダがこれまで苦手にしていた売り方だったはず。
気がつけば、北米とアジア専用モデルばかりになったホンダが、日本の生産現場を残すために採った戦略が外注の縮小と、ファッション化だったのが興味深いです。あの実用主義の権化だった VW ですら Up! のデザインでスマートフォンを参考にしたと公言するくらい世界的な流れではあるのですが、枯れた業界が進む方向というのは、ハードではなくソフトであるのはこういった事例でよく分かります。

Android Walkman は第一義に音楽を聞くという目的がないならば、お勧めできません。日常的に音楽を聞く習慣のない場合は、無用の長物になりますから、やめたほうがいいです。

こんにちは、匿名さん。

SONYって何気にいろいろ持ってるんですよね。すべて一台でまかなえる端末とか売り出したらすごいんですが。

nasneは気になる製品ですよね。テレビ見てたら買ってたかもしれません。

こんにちは、passoさん。

N-BOXがあれだけ売れる理由、角ばった形というのがあるかもしれません。軽というと女性ターゲットの丸っこい車にしたがりますが、実は女性も男勝りな車を欲しがってるように思えます。タントにワゴンR、そしてN-BOXと、どれ見てもカクカクで売れてる車ばかりです。

Android Walkmanのいいところは、カメラなしってところですね。うちの会社にはぴったりな仕様です。メディアプレーヤーとしても申し分ないし、ソニタブ買わなかったら間違いなくこっちを買っておりました。

MSに支払うライセンス料も同程度と言われていたので、これは相場なんでしょうか。
http://ascii.jp/elem/000/000/742/742827/

日帝より米帝様のほうが、遥かにアジアの経済植民地からの搾取に手慣れているというか、はっきり言ってエグいです。
三★電子はこれに加えて、クアルコムや日本企業にもライセンス料を支払っていることを考えると、特許技術で武装することは企業防衛上重要ですね。

こんにちは、passoさん。

特許使用料より大きなものを失ってる会社も多いので、油断はできませんが、しかしやはり特許は大事ですね。

HTCにももうちょっと頑張って欲しいですね。ここのWindows Phone機なら買ってもいいかなあとおもってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/56088161

この記事へのトラックバック一覧です: SONYがスマートフォンシェア第3位に:

« iOSとAndroidとWindows Phoneが融合したら・・・ | トップページ | 本日iPhone 5会社デビュー!でLTE圏内!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ