« 日本通信の”スマホ電話SIM”がnano SIMに対応 | トップページ | SDメモリが読み書きできる無線LANサーバー兼ルーター”MeoBank SD” »

2012年11月21日 (水)

オフラインでも使えるマップアプリ”MapFan+”

MapFanといえば、1.7GBほどのオフラインでも使えるマップアプリですが、このほど新型の”MapFan+”が出たそうです。

週アスPLUS:iPhone 5対応『Map Fan+』が無料アプリで登場したので比べてみた(昼用画面を追加)

AppStore - MapFan+

これまでのMapFanとの違いは、無料でオンライン地図、検索、音声付ナビというサービスが提供されること、有料版にてオフライン地図、渋滞情報、駐車場の空き情報などが得られるようになるとのこと。

ついでに、iPhone 5の解像度にも対応。縦長画面目一杯使えます。

無料版でも十分な機能がありますが、確かに有料版のほうがいいですね。

ただ、有料版は30日間450円、1年なら2,950円。それなりの値段です。

このアプリの登場にあわせて、従来のMapFanの販売は来年の5月まで、ナビ機能といったオンライン機能も2014年5月までで終了とのこと。

つまり、もうMapFanの方は更新されないってことですね・・・従来版のユーザーとしては寂しい限りです。

無料版でもAppleマップの代わりとしては十分そうです。気に入ったら有料版を使ってみるというのもいいかも。

線もOK!地図から実際の距離をチェック デジタルマップメーター◇AZ-101DG

« 日本通信の”スマホ電話SIM”がnano SIMに対応 | トップページ | SDメモリが読み書きできる無線LANサーバー兼ルーター”MeoBank SD” »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに見ています。
Mapfan+ですが11月26日までなら、オフライン地図のダウンロードが無料なので、今落とすのがお得になってますね。

こんにちは、日隠さん。

そういえば書き忘れてましたが、来週月曜日まで無料で体験できるんですよね。

とりあえず無料のオンライン地図を使ってみましたが、Appleマップよりはかなりいいですね。無料版だけでも結構使えるのには驚きです。

そういえばiOS版Googleマップも完成間近といううわさが出てますね。Appleに承認されれば年内にリリースされそうです。

アップルのマップは現状で Google のマップに対して機能は2年遅れ、信頼性は問題外という体たらくで、この段階でGoogle純正アプリが出ると余程のことがない限り、アップルのマップに戻ってもらうのは難しくなるでしょうね。今後鋭意バージョンアップしていくでしょうが、地図アプリで稼ぐのは Being Map 同様苦戦しそうではあります。
おかげで、これまで真面目に実績を重ねてきたメーカーが注目されるようになったのは、良かったかなぁとも思います。

シュ、シュヴィムワーゲンだと!(驚愕
http://ascii.jp/elem/000/000/744/744800/index-2.html
61式とシャーマンファイアフライ、パンターも追加でお願いします(ノルマンディーごっこ的に)。

こんにちは、??さん。

2年どころか初期のGoogleマップにも劣る状況ですから、自然とGoogleマップに期待がかかります。まあApple純正のマップアプリがだめになった分、サードパーティ製アプリが充実してきたというのはいいことなんでしょうが。

リンク先のフィギュア、私は自走砲チックなのが気になります。もちろんタンクも。ああいうデザインには目がありません。これで戦闘機も充実していれば・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/56156143

この記事へのトラックバック一覧です: オフラインでも使えるマップアプリ”MapFan+”:

« 日本通信の”スマホ電話SIM”がnano SIMに対応 | トップページ | SDメモリが読み書きできる無線LANサーバー兼ルーター”MeoBank SD” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ