« 来年度の進研ゼミ中学講座用に専用Androidタブレットが登場 | トップページ | iPad mini 16GBホワイトモデル予約! »

2012年10月26日 (金)

Expansys.jpでiPad mini、第4世代iPadの仮予約開始

今仮予約すると10ドル割引だそうです。

Expansys.jp:iPad & iPad mini

ExpansysではSIMロックフリー版のiPad mini、第4世代iPadの予約が開始されています。

もっとも、これまたドコモ系ではLTEが使えず、FOMAプラスエリアも効かず・・・というオチが待っているような気がしますが、しかし契約なしでGPS付きモデルが買えると思えばいいかもしれません。

ちょっと今までのと違うのは、nanoSIMカッターがおまけで付いてくることでしょうか。ここ日本でnanoSIMが用意されていないキャリアといえば当然・・・

お値段がいくらからスタートなのかがわかりませんね。ただ、SIMロックフリーiPadはiPhoneよりも比較的値段低めで、しばらくすると国内のキャリアで買う価格並にまで下がってきます。急いでほしいわけでなければ、しばらく様子見が吉かと。

iPad mini ケース カバー | ハードケース for The iPad mini クリア | IRUAL | IRMIN100-CLR

« 来年度の進研ゼミ中学講座用に専用Androidタブレットが登場 | トップページ | iPad mini 16GBホワイトモデル予約! »

iPad」カテゴリの記事

コメント

アップルストアだとWiFiモデル16G、32Gが「2週」、64Gが「11月2日にお届け」になってますが、どう違うのかよく分かりません。
クック氏が、Surfaceに軽く喧嘩を売ってましたが、MSの恐ろしさを最も骨身にしみている彼らにとっては、相当脅威に感じているのは間違いなさそうです。

北海道の事故を見て、ランクルの衝突案件をクリアさせる作業にご苦労されていると仰った話を思い出しました。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/photos/121026/dst12102613360007-p3.htm

写真を見る限り、名車トヨタ コースター/日野 リエッセⅡ GXショート(1992〜)に向かって、いすゞ ビッグホーン(1991〜2002)後期型ディーゼル ショートが対向車線をはみ出し、斜行しながらほぼフルラップ衝突していったように見えます。酷いことに、助手席など潰れて跡形もありません。
登場時期がほぼ同じで、衝突安全ボデーを喧伝する前の車という条件でこれだけ差が出るのは、当時のフルフレーム採用ヘビーデューティー車の脆さが露呈したように見えました。というより、ここは素直に、コースターすげぇというべきでしょうか。
旧車を改造し、お気楽に電気自動車を作っている素人たちに見せて、ぜひとも感想を聞いてみたい写真だと思います。

こんにちは、passoさん。

もともと安い機種がほしいという人に支持されてる感のiPad miniですから、64GBモデルが残ってるのは至極当然といえば当然かもしれません。

この事故の写真を見ましたが、コースターの方は車高が高いですからなんとかなってる感じですね。

昔の車って外板の板厚がかなり厚いせいか、一見すると今の車より丈夫な感じを受けることがあるようですが、それでもキャビンがいとも簡単に変形してしまうのでやっぱり今の方がずっと衝突安全性は高いです。

古い車を使った電気自動車の怖いところはまさにこの衝突安全性の低さで、いざ衝突された際にバッテリを積んでるキャビンが変形してしまうと、導電性の高い鉄板でつくられてるゆえに一体何が起こってしまうのか・・・想像しただけでも恐ろしいことになりそうです。

なお、HV車には救出作業に万全を期するために、バッテリにはセイフティプラグが付いており、それを抜くと漏電を防げるようになっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/55970596

この記事へのトラックバック一覧です: Expansys.jpでiPad mini、第4世代iPadの仮予約開始:

« 来年度の進研ゼミ中学講座用に専用Androidタブレットが登場 | トップページ | iPad mini 16GBホワイトモデル予約! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ