« Apple、iPad mini、第4世代iPadなどを正式発表 | トップページ | ScanSnap S1300iに40枚の紙を挿入する方法 »

2012年10月24日 (水)

AmazonのKindle正式発表!!

今日は一体どうしちまったのか・・・iPad miniだけでなく、Amazon Kindleシリーズの日本上陸までもが正式発表されました。

Engadget Japanese:アマゾンKindle国内発表。Kindle Paperwhite 8480円、Kindle Fire HD 1万5800円、Kindle Fire 1万2800円

発売されるのは、Kindle Paperwhite、Kindle Fire HD、Kindle Fireの3機種

Kindle Paperwhiteはもっともベーシックな電子インク使用のリーダー。お値段はWi-Fi版は8,480円。3G版もあり、こちらは12,800円でなんと無料で3G回線が利用できます。

6インチ白黒液晶(バックライト付き)、ストレージ容量は2GB(内1.25GBのみ使用可能、無料のネットワークストレージあり)、4時間充電で8週間使用可能、重さは213g(Wi-Fi版)、222g(3G版)。コミックのような容量の大きな書籍でない限り、3Gで落とせるそうです。

発売は11月19日。Amazonで予約受付中です。

Webブラウザは体験版が付いてるとのことですが・・・ということは、何らかの有料アプリがあるんでしょうか?3G版なら無料でモバイル環境を手に入れることができるんでしょうかね?

Kindle Fire HDは最近発売された最上位Kindle。電子書籍閲覧だけでなく、アプリにも対応(Amazonが提供)。

16GB版は15,800円、32GBは19,800円。Google Nexus 7並の価格です。

7インチ 1280×800ディスプレイ搭載で、デュアルアンテナ、デュアルバンドWi-Fi搭載。前面にHDカメラも装備。

Kindle Fireは8GBストレージのみで、お値段12,800円。HDの前世代のFireです。カメラは非搭載。

7インチ液晶なのはHDと同じですが、解像度は1024×768。iPad miniと同じです。

Kindle Fire HD、Kindle Fireはともに12月19日発売です。いずれのKindleも既に予約開始。

日本語書籍は5万点(コミック含む)、洋書は140万点のKindleストアは10月25日開始。って明日じゃん。

Engadget Japanese:アマゾン Kindle ストアは国内10月25日開店。コミックや日本語書籍5万点、洋書140万冊

端末もまだないのにどうやって読むんだろう・・・と思っていたら、iOSアプリでもKindle書籍用アプリってありますよね。

AppStore - Kindle – Read Books, Magazines & More – Over 1 Million eBooks & Newspapers

これで明日から日本語書籍を読むことができるんでしょうか?一応対応言語に”日本語”と書かれていますが・・・

先に発売されるiPad miniでKindleストアの書籍購入・・・なんてことができちゃうんでしょうかね?なんだか妙な気がします。

この2ヶ月あまりの間にGoogle Nexus 7、iPad mini、Kindle Fireという3大7インチタブレットが一同に介することになります。

個人的には全部買ってしまいたいところですが、さすがに使いこなせないので、まずはiPad miniでしょうか。

Marware 【Kindle Paperwhite専用ケースカバー】 EcoVue エコビュー ブラック KGEV21

« Apple、iPad mini、第4世代iPadなどを正式発表 | トップページ | ScanSnap S1300iに40枚の紙を挿入する方法 »

Android」カテゴリの記事

コメント

Amazonのサイトを開いたら、「親愛なるお客様へ」なんて出たので、すぐに察しましたが、妙なタイミングだなぁと私も思いました。

無料3Gは、米国AT&T、国内はドコモの回線だったはずですが、制限も含め従来通りでしょうね。ちなみにブラウザーは初代モデルから使えましたが、日本語フォントがお粗末だったので、まず使っている人は皆無でしょう。

海外版ではすでに、日本語を選べば完璧な日本仕様になっていたので登場は時間の問題と言われていましたが、対応フォーマットがEPUBだけのKindleで5万冊という数字は、今のところ微妙です。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/20121017_566088.html

もう一つ気になるのが、TIのOMAPを採用している点。東芝のRTタブレット開発が頓挫した原因だと思われるTIの撤退話でしたが、それでも採用しているということは、やっぱりあの噂は本当なんでしょう。
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/20121022_567644.html

さて、次は WindowsPhone 8 の正式発表と新 Nexus シリーズ発表です。

USA版Kindle所有のSULです。

>Webブラウザは体験版
ですが、恐らく"experimental" のことだと思います。
私のKindleにもブラウザがあるのですが、要は「保証しませんよ」というβ版みたいなものかと。

ちなみにUSA版KindleでもブラウザでYahooとかは普通に見れましたよ。
ただ、タッチモデルでなかったのと、検索を英語でやるというコツが必要でしたが(笑)

今回の発表は待ちに待っていた!という部分もあるのですが残念な点もいくつかあるのでブログに書こうかと思っています。

追伸)iPad miniの購入レポート楽しみに待ってます(^^)/

Nexus7にKindleFireにiPadminiと来ましたか…
国内発売は未定でサイズも違うとはいえSurfaceももうすぐ発売ですし
僕は一体どれを買えばいいんでしょうか?

NexusとKindleは同じAndroid端末で両方共Kindleアプリが動くということで
どちらを選べば良いのか良くわかりませんね。
KindleはGoogleplayが動くかサイトに書いてないですし
単純にスペックだけ見ればNexusの方が性能が高そうですけど…

こんにちは、passoさん。

微妙な数ですが、どこかの楽なんとかのところの書籍リーダーは書籍数が不正に増やされてると駄目出しを食らったそうです。実態以上に誇張されてなけれないいと思われます。

いよいよ新Nexus 7とRTですね。RTの方は期待外れな声が出てるようですが・・・まあ楽しみに待つことにします。

こんにちは、SULさん。

そこそこは使えるんですね、ブラウザ。無料の3G目当てに買うことも(過度の期待は禁物ですが)できるわけですね。

iPad miniは買います!今夜あたり予約します。なんとか発売日に届いて欲しいですね。

こんにちは、もみじさん。

Android系のタブレットってたしかにスマホ版の引き伸ばしでかっこ悪いんですよね。iPad miniならちゃんとしたiPadアプリが使えるので、個人的にはお勧めです。

しかしKindle FireもNexus7も安いですね。思わず買っちゃ得る値段です。

☓ 対応フォーマットがEPUBだけのKindle
○ 対応フォーマットにEPUBがないKindle

訂正します。

>無料の3G目当てに買う
確か、通信速度は64kbps か128kbps 程度で、一部機種では通信量が月50Mbytesに制限が掛けられている他、Kindle PaperwhiteではAmazonでの検索、購入書籍のダウンロード、Wikipedia以外の通信は基本的に許可されていないとの情報さえあります。あくまでAmazonが儲けるための”尖兵”に過ぎないので、購入にあたっては充分に調べることが肝要で、甘い考えは持たないほうが良さそうです。

こんにちは、passoさん。

速度が遅いのはなんとなく効いてましたが、通信量にも制限があるんですね。そりゃそうでしょうね。

まあ、普通にAmazonの書籍を買って読むことを第一に考えて買わないといけない端末ですよね、やっぱり。

ただ、ちょっと調べものをしたいときに、Wikiをのぞく程度のブラウザ機能はありそうですね。せいぜいやれてその程度と考えたほうがいいんでしょう。

さて、次は WindowsPhone 8 の正式発表と新 Nexus シリーズ発表です。

と張り切って書いたものの、残念なことにGoogleのイベントの方は台風接近によって延期になったそうです。まぁ北米大陸の東西で同日(米国時間29日)にイベントというのは、取材する側としても頭が痛かったでしょうから、結果オーライともいえるかも。
都内で午前にドコモ、午後からSBの発表会というのも大顰蹙でしたが、それどころじゃないですしね。

今年は台風さんも日本には遠慮してくれていますが(ニッコリ)、米国も台風で大きな被害が出なければいいのですが。

こんにちは、passoさん。

今度のハリケーンはカテゴリー1ですが大きすぎて通過するまでに時間がかかるとか。長時間風雨にさらされるので、場所によっては被害が心配されてるようで。

ただ正式発表はされたようですね。Nexus 10、4の発表、Nexus 7の32GB版と事前情報通り。10の16GBは36800円とのこと。日本では7の32GB版は24800円で、16GB版は据え置きとされたようです。

相変わらずスペック厨な人たちがiPadに勝つる!と息巻いてますが、タブレットに最適化されたアプリを揃えない限り勝算がないと思われます。すごい解像度ですが、アプリによっては文字が小さすぎたりしないかと心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/55963151

この記事へのトラックバック一覧です: AmazonのKindle正式発表!!:

« Apple、iPad mini、第4世代iPadなどを正式発表 | トップページ | ScanSnap S1300iに40枚の紙を挿入する方法 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ