« b-mobileの月額980円イオンSIMが10月1日から150kbpsに速度アップ | トップページ | 週刊アスキー付録”パチパチまとめ板”のぱちぱちした写真まとめ »

2012年9月16日 (日)

ScanSnap S1300i+格安断裁機で”自炊”開始

おそらく私が通販で買った最大重量の品ではないかと。

120915_15_33_44

重さ17kgのこの物体。待ちに待った断裁機です。

120915_15_34_58

箱を開けると巨大な発泡スチロールに囲まれたその物体が姿を現します。

120915_15_37_55

箱の中身です。断裁機本体にハンドル、その他付属品です。

裁断する部分は透明のプラスチックカバーでほとんど覆われており、安全性に配慮した製品のようです。

120915_15_41_42

試運転です。

最初の犠牲者はこの週アス増刊号。

「付録を抜き取ったてめぇに用はねえぜ!ヒャッハー!!」

というわけではなく、読みたくてもなかなか読めないので、せっかくだから電子書籍化して読もうかと思った次第で。

120915_15_42_30

本をセットし、手前のハンドルを回して挟みこみます。

「下げ幅20(ふたじゅう)!おろ~せ~!!」

120915_15_43_23

「最終セーフティロック解除確認!!」

120915_15_43_40

「打ち~かた はじめーーーーーっ!!!!」

120915_15_43_53

ざくっ

120915_15_44_08

「弾着っ!固定ハンドルもど~せ~!」

最近ジパングとヤマト2199を見すぎたため、ついつい気合が入ってしまいます。

120915_15_44_45

掛け声とは裏腹に、カット量が少なすぎ。完全に切り離せませんでした。

120915_15_49_18

もう一度切ったら、今度は切りすぎました。

いらない書籍などであらかじめ練習をした方がよさそうです。

120915_16_02_31

早速、ScanSnap S1300iで取り込み開始。

一度にセットできる量は12枚ほどらしいので、一度にセットできません。

120915_16_03_33

ScanSnapの読み取りソフトを「継続読み取り」が出来るようにしておき、読みきってもすぐにPDF化しないようにしてから読み込むようにします。

読みきっては継ぎ足していき、最後まで読み込んだら「読み込み終了」のボタンを押すと、PDF化されます。

120915_16_13_14

ところで、このScanSnap S1300iを置いている場所が悪いため、読み取った紙がどんどん落下してえらことに。

120915_16_05_34

読み込んだ後は順番がぐしゃぐしゃ。もう二度と読み込めませんね。

120915_16_18_10

とりあえず、練習完了。いよいよ本番に。

120915_15_55_01

私が使っている本棚ですが、中にはこれまでかいためた書籍がぎっしりです。

120915_15_55_08

一見何事もない本棚のようですが、よく見ると仕切り板が本の重みで抜け始めてます。

こらあかん・・・本を減らさなきゃ・・・と思い立ったのが、今回の自炊セットを買うきっかけ。

120915_15_55_27

その処分対象No.1なのが、「再現日本史」という100冊シリーズの日本史の本。

40ページほどの本が百冊。自炊業者に頼むと、1冊105~210円でかかるので、ざっと1~2万円+業者へ本を送付する送料がかかります。

早速、断裁機にかけて自炊に取り掛かります。

ところでこの「再現日本史」という本、A4サイズよりやや大きめ。ちょっと多めに切らないと、このScanSnap S1300iで読み込めません。

120915_16_28_33

紙などを切って調整した結果、この断裁機の22cmの目盛り位置に添え木を置いてカットすると、このScanSnapで読み込めるぎりぎりのサイズになることが判明。

120915_16_31_13

この本自体は薄いので、いっぺんに10冊まとめて切り落とすことが可能。

ちょっと余裕を見て、5冊づつ切り落とすことに。

120915_16_56_27

週アスを読み込ませたときに、読み込んだ紙がばさばさ下に落ちるので、上の写真のように急遽”受け”を作成しました。

120915_17_21_09

これだと読み込んだページが下に落ちることはありません。ナイスアイデアです。

あとはひたすら紙を読み込ませるだけの簡単なお仕事です。

といっても、まれに2枚まとめて読み込むことがあるので、注意が必要です。

再現日本史は1冊あたり44ページ。2回に分けてセットしないといけません。

大体1冊読み込むのに3~4分かかりました。10冊あたり約40分。

今回がんばって30冊読み込ませました。約3時間。ちょっと大変ですが、このペースなら週末作業だけで2週間もあれば全部読み込めそうです。

この本はわりとページが厚めなためか、スムーズに読み込んでくれます。

薄い紙の文庫本も試してみましたが、紙が薄いほど読み込み時に吸い込みすぎてしまいます。あらかじめページ間に息を吹きかけて間に空気を入れるなどの、ちょっとしたコツが必要。

さて、これまで私は”非破壊自炊派”でしたが。

このScanSnap S1300iと断裁機を手に入れて、ついに”破壊派”になりました。

さて、がんばって残り70冊を読み込みますか。その後にもまだサイズがばらばらの100冊以上控えています。

富士通 ScanSnap S1300i FI-S1300A


★激安価格!業務用 プロ用 大型裁断機 ペーパーカッター 手動裁断器 断裁機 切断用品 A4 横A3対応Marathon02P05Sep12 【RCP1209mara】【マラソンsep12_東京】

« b-mobileの月額980円イオンSIMが10月1日から150kbpsに速度アップ | トップページ | 週刊アスキー付録”パチパチまとめ板”のぱちぱちした写真まとめ »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

読み込んだ紙が床に散乱している様子に思わず笑ってしまいました。
即席の紙受け、ナイスアイデアですね。

こんにちは、souさん。

たったこれだけの紙受けでかなり捗ります。土壇場で思いついたアイデアにしてはなかなかです。

早速今日も30冊ほどやろうかと思ってましたが、これからアンパンマンミュージアムにお出かけです。

こんにちは、arkoujiさん。

やはり自炊に裁断器は欠かせないみたいですねw

ちょっと気になったので質問なのですが新品のS1300iでもやはり重送は起きるのでしょうか?自分のfi4110OEX3ですと交換部品の調達とデバイスドライバーの都合でXP環境でないと使用できないので買い替えも検討していますので参考までにおしえていただけるとありがたいのですが・・・。

こんにちは、東の無責任男さん。

重走はまれに起こります。しかし本当にまれなので、あまり気にすることはないかもしれませんが。

いま100冊シリーズものを取り込んでますが、これが終わったあたりでS1300iでの使用感というのも記事にしてみようかと思っています。多少忍耐が必要ですが、百冊レベルのものならなんとか使える、といったところでしょうか。

こんにちは、arkoujiさん。

情報有り難うございます。自分のfi4110ではだいたい30枚づつ読み込んでいるのですが何故か最後の2枚だけ「必ず」重送になります。もう一度ローラー等の清掃をしてみて改善されないようなら買い換えてみます。

こんにちは、東の無責任男さん。

S1300iの場合、どうやら紙を2枚吸い込んで、そのうち一枚だけ送り込んでるような動作をしてるっぽいです。最後の2枚になると重走してしまうのはそんな仕様のせいかもしれません。

新品のS1300iですが、それでも時々2枚送ることがあるようです。やはり機械のやることですから、どうしてもある程度の失敗は覚悟した方がよさそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/55666322

この記事へのトラックバック一覧です: ScanSnap S1300i+格安断裁機で”自炊”開始:

« b-mobileの月額980円イオンSIMが10月1日から150kbpsに速度アップ | トップページ | 週刊アスキー付録”パチパチまとめ板”のぱちぱちした写真まとめ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ