« 格安な反射望遠鏡を購入 | トップページ | ASUSの読みは世界共通で”エイスース”へ »

2012年9月28日 (金)

iOS 6でストリートビューを表示する方法

SafariからもGoogleマップのストリートビューを利用可能にの記事で書きましたが、あと2週間ほどでSafariでもストリートビューが使えるという話。

だったんですが、既に使う方法がありました

ガジェット通信:iOS 6でもGoogleマップとストリートビューを使いたい人に裏技登場 これでアップル製マップとおさらば?

こちらではSafariでGoogleマップを呼び出したときに、下のバーを消す方法とストリートビューを表示する方法が書かれています。

いずれも、リンク先のページに書かれたスクリプトをiOS 6の端末でコピーし、Safariのアドレス欄へペースト、呼び出したサイトを”ホーム画面に追加”します。

20120928_19_09_49

こんな感じのアイコンができたら成功。

まず普通にGoogleマップのリンク(https://maps.google.co.jp/)をSafariで読み込んだ場合。

20120928_19_10_40

これがリンク先の方法では、こうなります。

20120928_19_10_06

下のバーがなくなり、かなりすっきりします。

ストリートビューを出す方のアイコンをタップすると、出てくる画面はこんな感じに。

20120928_19_11_06

左上に人型のアイコンがあるので、これを指でストリートビューを見たいところへドラッグすると・・・

20120928_19_11_24

こんな感じに、ストリートビューが表示されます。

20120928_19_11_43

しばらくはこれで乗り切れそうです。

先の記事でも書いたとおり、近々ストリートビューがSafariでも正式対応するそうですし、うわさではやっぱりGoogleマップアプリを製作中だとか。

Appleマップもいずれ完成度はよくなるでしょうが、きっとストリートビューは付かないでしょうから、Googleマップもやっぱりほしいところ。早く出してほしいですね。

street Jack (ストリートジャック) 2012年 11月号 [雑誌]

« 格安な反射望遠鏡を購入 | トップページ | ASUSの読みは世界共通で”エイスース”へ »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/55765641

この記事へのトラックバック一覧です: iOS 6でストリートビューを表示する方法:

« 格安な反射望遠鏡を購入 | トップページ | ASUSの読みは世界共通で”エイスース”へ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ