« Windows 8が完成、RTM版を8月から提供開始 | トップページ | 幼児向けピアノ練習アプリ”ピアノガガ” »

2012年8月 3日 (金)

ドコモ回線利用のMVNOの新サービスが相次いで発表

昨日のb-mobileのイオンSIMがLTE端末対応、microSIMへの交換も可能にに引き続き、ドコモ回線のMVNO系通信会社が相次いでサービスを発表しています。

日本通信が昨日に引き続きサービスを発表。今度は通話込みプランです。

AndroWire:日本通信、音声通話SIMカード「スマホ電話SIM」発売 - 月額1,957円から

一方でTalking SIMが消滅したっぽいですが、こちらの方がかなりお得かもしれません。

音声は無料通話により3タイプ(S、M、L)、最安のサービスは月額1,290円。これにU200(上限200kbps)なら月額1,690円。2GB定額なら2,990円を追加。

つまり最安プランの組み合わせなら月額2,980円から。これで200kbps回線が使い放題、無料通話が1,365円分ついてきます。

AndroWire:ソネットの月額2,770円の通信サービス「So-net モバイル 3G」がLTE対応!!

AndroWire:Xi/FOMAを月額3,980円から利用可能! 通信サービス「BIGLOBE LTE」提供開始

Sonetの月額2,770円プランは、LTE対応端末でも使えるというだけで、上限14Mbpsという普通の3G回線プラン。

一方のBIGLOBEの方はLTE回線(下り上限75Mbps)が使えるプランで、時間制限(2:00~20:00)ありでよければ2,980円というプラン。時間制限なしなら4,980円のプランもあり。

ドコモからLTE対応端末が出てきて、従来の3G用SIMでは使えない端末が増えたためにLTE対応をしてきたようですが、同時にライバルも増えてきたため、いろいろなサービスを考え始めたようですね。

いずれnanoSIM搭載の新型のiPhoneが登場予定ですが、SIMフリーのnanoSIM iPhoneめがけてSIM交換サービスなんかも今後展開されるんでしょうね。

大手キャリアも、MVNO業者に負けない定額プランを出してくれるといいんですけど。これらサービスの登場がいい刺激になってくれることを願います。

BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PG

« Windows 8が完成、RTM版を8月から提供開始 | トップページ | 幼児向けピアノ練習アプリ”ピアノガガ” »

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/55337967

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ回線利用のMVNOの新サービスが相次いで発表:

« Windows 8が完成、RTM版を8月から提供開始 | トップページ | 幼児向けピアノ練習アプリ”ピアノガガ” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ