« 宇宙戦艦ヤマト 2199 「太陽圏の死闘」長編PV | トップページ | iPhoneをコップなどに入れて音楽再生すると »

2012年6月30日 (土)

Android版Flash、Jelly Beanはサポートせず

ついでにAndroid版Flashそのものも8月15日に新規配布終了だそうです。

Engadget Japanese:Adobe Flash は Android 4.1 をサポートせず。Google Play Store での配布は8月15日に終了

インストールしても”予期せぬ動作”が発生するんだそうで。まるで昔のMacのエラーメッセージみたいな文言です。

PC用のFlashはこれまでどおり開発が進められるようですが、モバイルはHTML 5への移行が進められるようです。

そういえばWindows Phone 7用Flashもなくなったようですが、Windows Phone 8はどうなるんでしょうか?カーネルがNT系らしいですし、おそらくWindows 8用のFlashは出すんでしょうから、なんか出てもおかしくなさそうですが。

いずれにせよ、今の主力スマートフォンではFlashが使えないことになりそう。多くのFlash利用サイトも書き換えられるんじゃないでしょうか。

iPhone/iPad × HTML5アプリ制作

« 宇宙戦艦ヤマト 2199 「太陽圏の死闘」長編PV | トップページ | iPhoneをコップなどに入れて音楽再生すると »

Android」カテゴリの記事

コメント

Steven Sinofsky氏が「Windows 8のMetro用ブラウザーはできる限りHTML5のみとし、プラグインはサポートしない。現在のプラグインが提供する体験は、Metroスタイルのブラウジングと最新のHTML5ベースのWebに適さない」と説明していた通り、実際Metro版のIE10でFlashは利用できません。
Chrome for Android も非対応ですし、Firefox for Androidは強引な実装で安定性に疑問があるため、そのままではMSが承認するとは思えません。というわけで、WP8では非対応になると思われます。
Linux版も新規開発が終了(GoogleChromeは従来通り同梱)しましたし、この流れはもう止まらないのではないでしょうか。

こんにちは、passoさん。

Windows 8でもMetro版には実装しないとなるとちょっとWP8版は厳しいですね。やっぱりFlashそのものも消えゆく運命かもしれませんね。

今またスマホ向けのJavascriptプログラミングを勉強しようと思ってるんですが、だんだんそっちの方向になって行きそうですね。

Flash、どんどんなくなってきますね。
でも、なんかサイト側での対応が追いついてない気がします・・・

小型端末向きでも最新のものでもないのですが、Javaで驚愕したソフトといえば、これでした。
http://homepage2.nifty.com/m_kamada/java/x68000/
これを見て、もうブラウザさえあれば何でもできてしまうのかと思わされましたし、その後Googleはまさしくそれを実現しつつあるのも又感慨深いです。

こんにちは、ドラ焼きさん。

IT系サイトだとFlashでないところも増えましたが、一般サイトはまだまだですね。

置き換えるといってもそれなりに費用がかかるでしょうから、こういう不況下では対応できないところも多いでしょうね。

こんにちは、passoさん。

もう何でもありですね、JAVA。Chrome OSもアプリをWebアプリ中心にしてしまってるのもわかる気がします。

基本的にプラットフォーム依存がなくなるので、軽いアプリを配布する人やApple税を払いたくない人には最初からJavaで組んだ方がいいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/55085725

この記事へのトラックバック一覧です: Android版Flash、Jelly Beanはサポートせず:

« 宇宙戦艦ヤマト 2199 「太陽圏の死闘」長編PV | トップページ | iPhoneをコップなどに入れて音楽再生すると »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ