« SONY Tablet向けAndroid 4.0提供が延期に | トップページ | iOS 5.1のiPhone 4対応のGevey Ultra 5.1の発売キャンセル »

2012年4月28日 (土)

ドコモ版iPhoneはまだ無理!?

なんともがっかりする発言というか、なんというか・・・

ITmedia D+ mobile:ドコモ版iPhone「現状だと厳しい」――山田社長が明言

もっとも、この発言を真に受けてもしょうがないのかもしれません。

もしAppleと交渉を進めているのであれば、むしろ悟られないためにあえてこういう言い方をしてるのかもしれません。

なにせ”現状は”と但し書きがついてます。

Androidを中心にやっていくそうですが、”スマートフォンの半分くらいはAndroidで行きたい”といってます。

ということは残りの半分はいったいなんなのでしょうね?と突っ込みたくなりますが。

そういえば、ドコモの社長は6月に変わるそうな。

今度の社長からは、変な独自サービスにこだわらない人になってほしいと願いたいですね。

iPhone4S ホワイト (白) SIMフリー 32GB 海外正規品 SIM UNLOCKED free

« SONY Tablet向けAndroid 4.0提供が延期に | トップページ | iOS 5.1のiPhone 4対応のGevey Ultra 5.1の発売キャンセル »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

既に、別記事で私の感想を書いてますが、補足を一つ。
>”スマートフォンの半分くらいはAndroidで行きたい”
元記事が誤解を招く間違った書き方をしています。正確には、
「通信事業者としてはネットワークに付加価値を付けたい。一方、アップル自体が垂直統合モデルで、我々のモデルと相対している。またたとえばAndroid向けのdマーケットはドコモの直営店で、iPhoneではなかなかできないだろう。スマートフォンの半分以上は、Androidで自由に(ドコモの方針が反映)できるようにしたいというのが大前提になる。報道で伝えられているように、iPhoneを取り扱うとボリュームコミットメント(一定数以上の販売の約束)が要求されるはず。そこでドコモの販売数の半分以上をiPhoneにしろ、と言われるとドコモの基本戦略に合致しない。現状では(iPhoneの導入は)厳しい。(アップルと交渉しているのか? という問いに対して)相手のあることですからコメントできません」
と語っています。つまり、いわゆる日本向けのローカライズをされていないグローバルモデルの”Next”シリーズも半分以下に含まれているわけです。ただ、山田社長と韓国メーカーとの関係に関しては巷間色々言われていますので、次期社長がどういった判断を下すかは不透明です。

様々な報道を見て感じるのは、正確性の低い記事が多いことですね。impresswatchと日経は知識に基づいた正確な記事が多いので、必ず目を通すようにしています。

こんにちは、passoさん。

別に半分弱をAndroid以外にする、というニュアンスではないですね。確かに不正確でした。

ただAppleも今後そこまでボリュームコミットメントを求めないかもしれませんね。CEOが変わって、Samsungと和解しようといってるような会社になっちゃいましたし。

でもiPhoneを売ってしまった場合、果たしてAndroidを半分以上にできるかどうか・・・Verizonがそうですが、結果的にiPhoneが半分くらいになってしまうかもしれません。

これは私の思いですが、ドコモが独自コンテンツにこだわるのはわからんでもないですが、ドコモ回線でiPhoneを使いたい人は多いですから、そのユーザーの声にこたえるのも通信会社の責務じゃないかと。携帯電話用の電波帯域を少数の会社で独占している以上、会社の思惑だけで商品を絞り込むのはどうかと思います。

NTTグループが、日本政府や自治体、大企業の通信の命運を握っているのは、承知の通りです。一例を挙げれば、海自の通常業務の通信は、総務省が割り当てを拒否しているせいで、民間の通信、はっきり言ってNTTの回線を使っています。医者が帯同しない船内で医療業務を行う場合も、この回線頼みなわけです。
そんな重要な日本のインフラを担う会社が、アップル1社の端末の売上に左右されることは、道義的にも許されないのです。ソフトバンクは、企業として生き残るために選んだ手段ですが、NTTの場合はそのくらいのスケールで判断しないと、国益に関わるのです。大仰に聞こえますが、NTTグループの経営者なら、当然そのことを念頭に置いて、交渉しているはずです。私は、外国企業に対して、そこまで譲歩する必要はないと考えているので、現経営陣の判断を尊重しています。

真意がどうであれ、辛抱強くdocomoからの発売を信じていた方々が、
あの記事によって踏ん切りをつけていくのでは、と思います。

最低限の通話に関しては、震災当時、制限をかけられ使えず。
ウィルコムが見直される状況です。

自衛隊がNTT頼みというのは、知りませんでした。

それでも、他社に比べてメリットが感じられない。。。

こんにちは、シロツグさん。

まあ仮にドコモからiPhoneが出るにせよ、ドコモ本体から買うより白ロムや若干高めのSIMフリー機を購入して格安のb-mobileやIIJmioあたりで運用するというのが最も賢い選択肢なのかもしれませんね。

この調子では、ドコモ版iPhoneには何を付けられるかわかりませんし。

最近ドコモから欲しい機種が全く出てきませんね。そろそろ私もauあたりに乗り換えようかと冗談抜きに考えてるところです。実は最近発表されたHTCの端末が気になってたりするんですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/54574077

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ版iPhoneはまだ無理!?:

« SONY Tablet向けAndroid 4.0提供が延期に | トップページ | iOS 5.1のiPhone 4対応のGevey Ultra 5.1の発売キャンセル »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ