« いよいよiPad 3登場となるか!? | トップページ | Windows Phone 7用YouTubeアプリ”YouTube Pro”はそれなりにすごい »

2012年2月 8日 (水)

海外のWindows Phone 7端末は日本語に対応しているか?

auからはIS12Tという端末が出ておりますが、ドコモなどで使いたい場合は海外版SIMフリー機を入手するしかありません。

電波法違反という障害はありますが、それ以外にも「日本語未対応」という落とし穴があるようです。

ななふぉ:まとめ: 海外の Windows Phone 端末は日本語に対応しているのか?

7.5から日本語も正式にサポートされましたが、端末によっては入ってないものもあるようです。

これは、キャリアやメーカー側で仕様を決められるようになってるためのようで、確かに外国では不必要な日本語はROM容量の制約から取っ払いたくなります。

iPhoneはどこで買っても日本語が必ず入っているため、海外版SIMフリー機がもてはやされているわけですが、Windows Phoneも同じとはいかないようです。

というわけで、もっとも安心なのは結局au版Windows Phone端末 IS12Tを買うということのようですが・・・ちょっとさみしい状況ですね。なんとかならないのか・・・

au Windows Phone 7 IS12T ブラック 新品未使用白ロム

« いよいよiPad 3登場となるか!? | トップページ | Windows Phone 7用YouTubeアプリ”YouTube Pro”はそれなりにすごい »

Windows Phone」カテゴリの記事

コメント

スレ違いの話題ですが、三菱とダイハツの欧州撤退報道のあまりのひどさに、呆れています。まるで、昨日今日決まったかのような、単純さにです。
三菱が生産から撤退するネッドカーは、そもそもボルボが手を引いた時点で終わっていたところを、ぎりぎり三菱の企業努力で踏ん張ってきただけであり、欧州金融危機は原因の一つではあっても、すべてではありません。ダイハツに至っては、トヨタ、スバルとの関係なしで語ることすらおかしい。英国工場は稼働率ガタ落ち、欧州市場で必要不可欠なディーゼルエンジンを、BMWから供給を受けるような体たらくの親会社の状況で、ダイハツが欧州で商売できるはずもない。つまり、2011年1月のダイハツのプレス発表すら読んでないのか、ということです。
どうも、電子産業と自動車産業を日本の輸出産業の両輪という割に、日本のマスコミ記者の知識水準の低さには、毎度閉口させられます。

こんにちは、passo さん。

最近日本のトップ判断は短絡的で、あまり先を考えた行動がありませんね。赤字になったからリストラする、古いタイプの端末ばかり出してくる、売れずに赤字、またリストラ…これじゃどんどん技術力が下がる一方です。

うちの会社も派遣の人が多いですが、せっかく育てても別の会社へ転職することが多く、ちっとも人が育たない。でも人は入れない。また派遣の人を入れる、これの繰り返しです。

人を頭数でしか考えてないから、こんないい加減な人材管理になってるんでしょうが、先のことを考えると思いやられます。長期的な視点で考えてほしいです、ほんとに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/53905740

この記事へのトラックバック一覧です: 海外のWindows Phone 7端末は日本語に対応しているか?:

« いよいよiPad 3登場となるか!? | トップページ | Windows Phone 7用YouTubeアプリ”YouTube Pro”はそれなりにすごい »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ