« 80年代MacのようなiPhoneのホーム画面 | トップページ | IIJから月々945円の3G回線プラン登場 »

2012年2月16日 (木)

小型電気自動車COMSてのがありまして

自分のところのものを宣伝するのはあまり好きではないのですが。

でも、なかなかの可能性を秘めたものではあるため、あえて宣伝。

http://www.toyota-body.co.jp/tms2011/

1人乗りの電気自動車”COMS”です。

今年の夏ごろ発売だそうで。

Cameraroll021120121711

実はパンフレットを持ってるんですが。

Cameraroll021120121715

ど真ん中のかっこ悪いマーク以外は、悪くありません。

Cameraroll021120121714

運転には四輪免許が必要ですが、扱いは原付なため、なんと車検がないそうです。

おかげでドアもなくスカスカですが、ビニール製の幌がつけられるため、雨風くらいはしのげるようです。

Cameraroll021120121716

まあまあのトランクスペースですが、これでも狭いという方には。

Cameraroll021120121718

こんな大型トランク版もあります。

まあ、先代がこんなのでしたから、これに比べればずいぶんとデザイン性は上がってます。

偶然なのか、この間のモーターショーではこの手の小型電気自動車のコンセプトカーがいくつか出てたそうです。欧州メーカーが熱心なようですね。

たまたま製品化を打ち出してたのは、このCOMSだけだったようで。

Cameraroll021120121719

スペックはこんな感じ。

家庭用コンセントに挿せば5時間で充電完了。最高速度は60km/h、50km走れるそうな。

しかし電池は鉛蓄電池のため、小さい割にはかなり重い。

お値段も、安い軽自動車並みになるそうです。

もうちょっと安くできればいいんですが・・・それよりも気になるのは走行距離。

50kmとはいうものの、坂道が多かったりすると実際にはかなり縮まるのではないか?という不安があります。

そのソリューションになるのかどうかわかりませんが、発電機をつけちゃってる人がいるようです(先代COMSですが)

EV (電気自動車) のページ:「コムスのハイブリッド化」

内部配線につながなくても、ホンダが出してるカセットボンベを使った発電機を一つ積んでおくと、いざというときには便利かもしれませんね。走行しながら充電はできないでしょうが、駐車場などで30分~1時間充電してやれば少しは走れます。

私自身購入を検討してみたのですが、一人乗り、50kmという走行距離、夏はいいが冬の寒さは幌程度で防げるのか?などなど、いろいろ考えてしまいます。幸い屋外にコンセントはあるんですが。

会社まで12kmなのですが、帰りは上り坂(高低差は60m)だらけなので、はたして往復できるまで電池が持つのかどうか。

なんか、これに乗ったらクールな印象になるような、そんな用途があるといいんですけどねぇ・・・

割り切った車と考えれば商品性はありなんですけど、もうちょっとスマートな提案ができそうな車に感じるんですが・・・なんか面白そうな使い道を考えております。

HONDA防音型インバーター発電機 900VA(交流/直流)

« 80年代MacのようなiPhoneのホーム画面 | トップページ | IIJから月々945円の3G回線プラン登場 »

その他」カテゴリの記事

コメント

自転車やバイクを常用する実感からいえば、きちんと着込めば、スピードは抑える、30分以内という条件内であれば、通勤程度なら寒さはしのげますね。車でも乗りこんで10分程度は寒いですから。でも出来れば、リーフのように、シートヒーターとステアリングヒーターは欲しいところです。

日産も横浜で、ルノーの二人乗りEVの実証実験をやってましたが、あちらは軽自動車登録でした。
マンション、アパート暮らしだと、充電の問題が立ちはだかりますが、100V充電なので、持ち家なら導入の敷居は低そうです。
先代モデルの、フォークリフトあたりで見たことのあるようなパーツが散見されたデザインから、ダイハツのショーカー?と見紛うくらい格段にスタイリッシュになったのは、スーパー・カーとしての訴求ポイントとしてプラスです。ていうか、はっきり言って欲しいです。
ちなみに、初代モデルのスペックを確認しようと思ったら、HPから全削除されていたのにはガックリ。

なんといっても、社内で利用者を募って、タダで乗ってもらうのが一番の広告手段でしょうが、観光地のレンタサイクルのような利用形態も、良いかもしれません。

175ps/4500rpm、42.8kgm/2000rpmなんていう化け物エンジンを積んだディーゼルCX-5に、258万円からというあり得ない価格をつけてきた、マツダは本気ですね。普通は7~800万円クラスの車に載るスペックですから。

こんにちは、passoさん。

社内では警備員の移動手段としてたくさん使われています、COMS。確かに一人であちこち移動するのには便利です。

ただ、せっかくの小型電気自動車。普通の移動手段として終わらせるのはなんとももったいない気がしています。

デザインもせっかくそれなりによくなったのだから、もうひとつクールな活用法があるといいんですが。いろいろと考え中です。

いやぁ~♪原付出力のEVで
後付ハイブリッド自動車を作成する!

本当に居るなんて♪
「人柱」覚悟で臨むには、EVの価格が高くて
怖過ぎ(笑)

だけど、こんな実例が出てきてるんですから
こういう小型エンジン発電機で
EVの遠距離走行を実現するのも
「ハイブリッド化モジュール」+「発電機」として
市販EVの「オプション」の位置付けで
良いんじゃないんですかね~♪

こんにちは、enuteaさん。

ハイブリッド化すると原付きとして通らなくなるという落ちが待ってるかも知れません。あまり詳しくはわかりませんが、何かと規制が大好きなこの国のやることですから。

オプションで発電機をつけるくらいなら認めてくれそうですが。しかし総額が高くなりそうです。

車両の推進用原動機は、本来のモーターだけでなければ、「原付枠ミニカー」の姿じゃなくなりますからね。
電気自動車としては回生ブレーキ等は既に付いてなければ困ります。
プリウスやインサイトなどのようなエンジンの出力をモータ出力で補助し合算した出力で車体を推進すると言うのでは「原付枠」をオーバーしちゃいますから。
だから、走行中のバッテリー充電による走行距離の延長が目的ですのでそこらへんが外せないところです。
まあ充電は「鉛電池」なら「浮動充電」の状態で
使う事になるんでしょうね。
ニッケル・カドミウムやニッケル水素なら
メモリ効果があるので充・放電を繰り返す方法
をどう制御するのか結構難問だと思います。

浮動充電で行うにしても充電用のレギュレータ
とかはどうなるんでしょうかね?

まそのへんもあるので後付オプションの
走行距離延長(あるいは「お急ぎ時」」)用
超低騒音発電機が売られると買いたくなります。

こんにちは、enuteaさん。

原付枠の制約がどれくらいあるかわかりませんが、発電機くらいみとめてほしいところですね。

そういえばプリウスなどの主なハイブリッド車はニッケル水素使ってるそうでが、メモリ効果はどうしてるんでしょうかね...気になります。

夏に発売らしいですが、果たしてどれほど売れることやら。発電機は必須な気もします。

はじめまして^^) 12年型comsオーナーです。

8月初旬に納車され早1ヶ月が過ぎたので少しレポートさせて戴きます。

発売一カ月で全国で750台程度が納車された実績からいえば、市場ではあまり人気が無かったと言う事でしょうね。
ただ、実走してみた感じではなかなか良いEV車だと思います。

気になる航続距離ですが、満充電で50kmを越えまだ余裕が有ります。
いまは充電切れが怖いので限度3目盛を残して充電を心掛けていますので、帰宅した時にコンセントに差し込んでいます。

加速も軽自動並みですがスムーズですし、車速も70km/hは越えられる余裕があるので信号待ちの発進でもストレスなく車列に乗れています。
ただちょっとブレーキの効きが悪いので(ドラム式)、慣れるまでは注意が必要かと・・

普段はプリウスHVに乗っているのですが、Comsを購入した理由の一つとして、”非常電源”としても使えるという事に着目したからです。
現在市販のスマホ用電源と12V→100Vの変圧器を取り付けています。

難をいえば(想定内ですが)、ドアが無いのでガレージに入れて置いても車内が埃だらけになる事でしょうか(笑)。

いまその問題を解決すべくオリジナルのドアを製作中です。
だってオプションのキャンパスドアが余りにデザインセンスがないので・・・(苦笑)

こんにちは、toyoda401さん。

実は納車が750台というのは生産能力で決まってるそうで、なにせ年間3000台しか想定してなかったため、5ヶ月待ちになってるそうな。10月以降は倍近い生産台数になるとのこと。

あのキャンパスドアのセンスのなさは本当にそのとおりで(笑)。もうちょっと何とかならなかったのかと思いますね。ルノーのTWIZY程度のドア(?)の隙間を埋める程度になればまだましだったかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/53957023

この記事へのトラックバック一覧です: 小型電気自動車COMSてのがありまして:

« 80年代MacのようなiPhoneのホーム画面 | トップページ | IIJから月々945円の3G回線プラン登場 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ