« Windows Phone 7のパネル色変更 | トップページ | iOS 5端末にてWindowsプリンタをAirPrintで利用する方法 »

2012年1月 5日 (木)

超伝導を用いた反重力カーレース

一見よくできた特殊効果かと思いきや、ガチで浮いてるそうです。

Naglly.com:超伝導を使って反重力レーシングゲーム「ワイプアウト」を再現(動画)

北陸先端科学技術大学院大学が、超伝導のピン止め効果の研究の一環で作ったそうですが、ワイプアウトというカーレースゲームシリーズっぽいデザインにしてるようです。

それにしても、下の路面の角度にかかわらずきれいに一定距離を保ったまま浮いてますねぇ。すごい。

超伝導体には液体窒素による冷却が必要なため、白い煙を出してますが、またこれがいい味出してます。

私が子供だった頃は、21世紀というのはこういう車ばかりが走っている時代になるはずだったんですが、全然飛んでませんね(笑)

なんとなく未来を感じさせる動画です。いずれ未来を感じさせない時代が来てくれることを願います。

トコトンやさしい超伝導の本 (B&Tシリーズ―今日からモノ知りシリーズ)

« Windows Phone 7のパネル色変更 | トップページ | iOS 5端末にてWindowsプリンタをAirPrintで利用する方法 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

浮いているのが面白いです! またリッジレーサーっぽい
BGMもナイスです。
ここの大学、たしかLinuxか何かのソフトのミラーサーバーも
公開していて面白い大学だと思います。

こんにちは、souさん。

大学の研究でもここまで遊び心があるものも珍しいですね。やはり研究たるもの夢を追わなくてはいけません。

確かUbuntuのミラーサーバーがあるんじゃなかったでしたっけ?ある意味夢のOSなので、いい組み合わせだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/53652268

この記事へのトラックバック一覧です: 超伝導を用いた反重力カーレース:

« Windows Phone 7のパネル色変更 | トップページ | iOS 5端末にてWindowsプリンタをAirPrintで利用する方法 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ