« 「塩化ナトリウム」の恐怖 | トップページ | クロネコヤマト公式アプリ使ってみた »

2012年1月28日 (土)

フレッツひかりと公衆無線LAN、3G回線契約を一本化できる”b-mobile FMC””

b-mobileの日本通信から、考えようによってはややこしいサービスが出てきました。

日本通信:b-mobile FMC

2月1日からNTT東日本で”b-mobile FMC”というサービスの申し込みが開始されるそうです。

これは光回線、公衆無線LAN、3G回線を一括で使えるモバイルWi-Fiルータが渡されて、家ではフレッツ光、お店では公衆無線LAN、外では3G回線とどこでも使えるというサービス。

ただし注意が必要なのは、この3G回線というのがいわゆる「イオンの980円SIM」とおなじ100kbpsだということ。

光の数十Mbpsからいきなり100kbpsというギャップに悩まされそうですが、それ以上になやましいのは「おうちでおかーさんがインターネッツ使おうとしたらおとーさんがもってっちゃった」場合はどうなるのか?ということ。

もしかしたら別の無線LANルータを挿せば同時利用できるものなのかもしれませんが、なにせプロバイダが1つです。そんなことやっていいのかどうか?

契約上は排他利用と考えた方がよさそうです。

まあほとんど自宅でしかネットをやらないという人なら、非常用に持ち出せるWi-Fiルータがついたサービスと考えれば便利なサービスかと。

外の利用が多くて、かつ100kbpsでも十分な人なら、フレッツ光とイオンSIMを別々に契約した方がスリムかもしれません。

でもこのサービスはちょっと期待。

なにせb-mobileのバックにNTT東日本がつきます。

ということは、b-mobileの回線速度が遅すぎた場合、NTT東日本が日本通信を介して苦情をいうことになるのかも?

まあ実際にはNTT東日本が日本通信に文句を言うんでしょうが、ドコモに対して改善要望を出しやすくなるのはたしかです。

そうなるとb-mobile全体で通信低下が起こりにくくなるんじゃないか・・・とイオンSIMを使う私は”漁夫の利”を得ようかと思ってるわけなのですが、果たしてそううまくいくのか?

ここまで考えると、なぜNTT東日本とドコモが直接提携してこういう商品を作らないのか?というもう一つのややこしい事情が見えてきます。

実際、KDDIはauひかりに入ってるとauの通信料値下げをやっています。NTTとドコモの組み合わせなら最強間違いなし。

が、そこには”法律の壁”があるようですね・・・詳しくは知りませんが、そういう話を聞いたことがあります。

ところで余談ですが、私のイオンSIMはベストエフォート100kbpsなサービスなんですが・・・

なぜか普通に100kbpsを超えることがあります。

でもクレジットの請求見たら985円(980円+ユニバーサル料)なんですよね・・・最初の一ヶ月だけ特別な設定なのか!?

もしかして、手違いで100kbps契約なのに400kbps設定になっちゃってるのかしらん?

でも場所によっては60程度しか出ないし、やはり100kbpsのままなのか・・・

聞いてみようかとも思ったのですが、なんとなく”寝た子を起こす”状況になりそうなので、とりあえず来月まで様子見です。

史上最強カラー図解 プロが教える通信のすべてがわかる本

« 「塩化ナトリウム」の恐怖 | トップページ | クロネコヤマト公式アプリ使ってみた »

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

記事だけですといまいちサービス内容がわからなかったのですが、この説明で理解できました。

結局、イオンSIMよりも高いじゃん!

こんにちは、Gさん。

強いてメリットを挙げるなら、設定が簡単で、契約がシンプルだってことでしょうか。

フレッツ光だけではネットはつかえず、プロバイダが必要です。それが3G回線付きで2000円行かないというのは安いかもしれません。niftyなら2000円かかったはず。

今後低速回線サービスが流行るかもしれません。モデルケースとしてこのサービスは注目です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/53841862

この記事へのトラックバック一覧です: フレッツひかりと公衆無線LAN、3G回線契約を一本化できる”b-mobile FMC””:

« 「塩化ナトリウム」の恐怖 | トップページ | クロネコヤマト公式アプリ使ってみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ