« iPadでXVL形式の3Dデータが閲覧できるアプリ”iXVL Viewer” | トップページ | ジョブス氏の功績 »

2011年10月 6日 (木)

(訃報)スティーブ・ジョブス氏 永眠

衝撃的なニュースが入ってきました・・・

GIGAZINE:【訃報】Appleの創業者でiPhoneやiPodを生み出したスティーブ・ジョブズ氏、死去

病気療養中だったスティーブ・ジョブス氏がすい臓がんのため亡くなりました。享年56歳。

Appleの創業者の一人でありながら、一時Appleを去り、再びAppleへ。

その後、iMac、iPod、iPhone、iPadというヒット商品を世に送り出し、コンピュータ、携帯電話市場に多大な影響を及ぼした氏の偉大さはいうまでもありません。

私も長いことWindowsユーザーですが、知らず知らず影響を受けてます。iPhoneなどはいうまでもなく、例えばPCに当たり前のようについてるマウスを量産品に使い、今では当たり前のGUI操作ができるようにしたのもAppleあってのことです。

タッチパネル機を端末の主流にまで押し上げたのがも、やはりジョブス氏の率いるAppleだったことは誰しも認めることでしょう。

この方がいなかったら、コンピュータの利用形態は今よりずっと遅れたものになってたんじゃないかと思えるほどの影響力を残したジョブス氏。ついにお別れの時が来てしまいました。

謹んでお悔やみ申し上げます。今まで本当にありがとうございました、と申し上げたいですね。

« iPadでXVL形式の3Dデータが閲覧できるアプリ”iXVL Viewer” | トップページ | ジョブス氏の功績 »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

先日、日経新聞にAppleに関する記事があり、AppleⅡを知る世代の空気感が良く表現されていました。当時AppleのStevenといえばウォズであって、ジョブズとは腕のいいセールスマン。下手をしたら、AppleⅡを駄目にし、Macから拡張の楽しみを奪った男、なんていう声が多かった、と。私も、まさにその一人だったわけです。
その後のAppleの経営者が駄目すぎて、Nextで経営者としてはボロボロだったジョブズが復帰した当初は、一部の信者以外は、期待する声も少なかったように記憶しています。
しかし、苦労は買ってでもしろと言いますが、その後の大逆転を見るにつけ、文字通りそれを体現した人物だと思いました。
どうせなら、孫さんより当時のSONYのスタッフに取材して欲しいですね。3.5FDDや初代PowerBookの開発の経緯、工場見学に来た時のジョブズの話など、聞きたい逸話がいっぱいあります。

PCや、ガジェットに関しては恩人であり、彼が居なければ恐らくX68000も世に出なかったでしょう。
謹んでお悔やみ申し上げます。

こんにちは、passoさん。

今のコンピューターやスマフォは、まさにジョブス氏なしには公はならなかったであろうと思われます。

私もジョブス氏がAppleに復帰したときは、まさかこれほどになろうとは思わなかったですね。

気が付けばiPod買って、iPhoneも買って、あれよあれよという間に私もどっぷりなAppleユーザーになってしまいました(1995年に買ったPowerBook 5300以来)。

21世紀を代表する人、この100年で最も影響力のある人物の一人であろうと思いますね。

passoさん
ペプシから乗り込んできたジョン・スカリーとかいう人物とは
ジョブズ氏は「そりが合わなかった」とか言われてますが、
ジョブズ氏に「見えていたモノ」があまりにも先走りし過ぎていた
ということだったのでは?と思います。
先ほどWikipediaでスティーブ・ウォズニアックの項を読んでまして
ジョブズ氏は「鼻が利き」「カリスマ」のつく「セールスマン」ではあったんだなぁと感じました。

さて私は若い頃「無いモノは創る」しかしょうがない環境でしたので
「ヴォズ」の方に共感を覚えます。

ところでX68Kをご存知であるなら
満開製作所創業者で今は亡き「祝一平」氏(旧ペンネーム「山本寛」…
おやっ?アニメ監督にも同じ名があったような…
そうそう「かんなぎ」や「フラクタル」ううむ。)
を御存知ではないですか?
昔々ソフトバンクが出版していた「Oh!mz」「Oh!X1」に
「皿までど~ぞ」とか「試験に出るX1」とかを書いていた人です。
決まり文句は「かかってきなさい」だったような。

こんにちは、enuteaさん。

ものづくりという点でいくと、実はiPod/iPhone/iPadなどは日本の技術で作られているという部分が多く、かなり日本の技術応用には貢献しているみたいです。iPhoneで30%以上が日本製だそうで。

最近の日本人は商品作りがすっかり下手になりましたね、企画がだめな日本、技術を使いたいApple、うまいことこの両者がリンクしてできた製品ともいえるでしょう。

満開製作所という名前は懐かしいですね。そのころはほとんどOh!Xを読まなくなってましたが、いつかはほしいX68kでしたからね。憧れの的でした。

こんにちは、enuteaさん

ジョブズがスカリーをスカウトする際に使ったとされる「砂糖水を売り続けるのか」という言葉は、あまりにも有名ですね。私にしてみれば、職業に貴賤無しが人生訓なので、噴飯物の発言ですが。
スカリー評は、経営手腕は手堅かったが、創造的な社風に合う人物では無かった、総括するとそんな感じでしょうか。

ヤマカン(京大卒でOrdetのあの方は、ヒロシではなく、ユタカですね)、もとい祝氏はもちろん存じています。誰の挑戦でも受ける、ストロングタイプで雷語な方ですが、晩年は満開製作所スタッフとの確執が激しかったと聞きます。スタッフを侮蔑する態度への不満が、当時の電脳倶楽部記事内、電脳天気でも度々恨み節のように書かれていました。
電脳倶楽部は全号持っていますし、別冊や、すてきな~等のCDメディアも一通り保存しています。イメージ化して、エミュレーションソフトで見られるようにもしています。私にとっては、貴重な財産です。

こんにちは、passoさん。

満開製作所でも確執なんてものがあったんですね。わりとオープンな雰囲気に感じてただけに意外です。

最初にX68000を見たのはパソコンサンデーという番組でしたが、あのおまけでついてたグラディウスがスムーズに動くのを見た時の衝撃は忘れられません。

X68k系列はどこかほかのPCとは一線を画してましたね。なにかユーザーがいろいろとツールをつくっては補完していくという感じのパソコンだったような記憶がありますが。そういう意味ではMacとも似てるところはあるのか?

そうなんですよ passo さん

ヤマカンことユタカ氏はネット上で「話題になる」監督さんのようで

それにしても
ジョブズ氏の話題からヤマカンの話に振っても
祝一平氏の話に振っても
ついてくると言うより話題をリードするという雰囲気のコメントばかり
う~む!私は誰の挑戦も受けないぞ!なぁんちゃって

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/52922385

この記事へのトラックバック一覧です: (訃報)スティーブ・ジョブス氏 永眠:

« iPadでXVL形式の3Dデータが閲覧できるアプリ”iXVL Viewer” | トップページ | ジョブス氏の功績 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ