« 週刊アスキーのおまけ | トップページ | イーモバイルからXperia mini登場か!? »

2011年9月15日 (木)

Xperia PlayにVitaプリペイドプラン

東京ゲームショウ前のプレスカンファレンスで、SCEJがVitaの紹介をしてました。

Engadget Japanese:速報:SCEJプレスカンファレンス、Vita の3Gはプリペイド20時間・128Kbpsで980円から

このVita、以前の発表通りWi-Fi版24,980円、3G版29,980円

ソフトは26種類リリース予定(100種類が開発中とのこと)で、PSPのUMDソフトを持ってる人向けに特別な施策があるなどいろいろ発表があった模様ですが、気になる3G版のプランも発表されてました。

それは、普通の定額データ通信プラン以外にプリペイドプランがあるということ。

980円で128kbps/20時間使えるものと、4,980円で128kbps/100時間(14Mbpsなら3時間)という2種類があるそうです。

イオン向けb-mobile SIMのような金額が出てますが、速度が大してかわらず20時間という制限もあるため、もしb-mobile SIMが使えるならそちらの方がいいように見えます。

もっとも会社の昼休みのみ使うのであれば、20時間分なら1か月は持ちますね。

時を同じくして、なんといきなりXperia PLAYがドコモから出ることが発表されてました。

Engadget Japanese:ドコモ、Xperia PLAY SO-01D 発表。ゲーム5本が同梱、10-11月発売

ご存じスライドするとコントローラーが現れるバリバリのお遊び向けなAndroid端末。こちらは10月から11月にかけて登場する模様。

海外では発表済みの機種のためさして驚きはありませんが、ようやく日本でもPSゲームの遊べるAndroid端末の登場です。

キラーソフトが出てくれば、かなり大化けする端末かもしれません。

それにしてもここ最近はSONYが熱い!ですね。Tabletも出ますし。

ボーナスの使い道に悩む人が増えるかもしれませんね。

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS

« 週刊アスキーのおまけ | トップページ | イーモバイルからXperia mini登場か!? »

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

ちょっとプリペイドプランは微妙ですね。
でも、先着50万台に付属するプリペイド100hはちょっと魅力です。
発売日当日に買うなら3G版が良さそうですね。

こんにちは、haseosanさん。

もしVitaでb-mobile SIMが使えるならいいですね。SIMロックは関係ないし、あとは接続設定が変えられるかどうかだけですね。

そうなると、イオンあたりが980円SIMと抱き合わせ販売を始めるかも。イオン大高店のように携帯売り場とゲーム売り場が隣同士だとやりかねませんね。

プリペイドはいいと思います。
PSPにも学生層は多いと思いますし。
ですけど、20時間は少し少ないかも!?

こんにちは、ドラ焼きさん。

20時間というと、平日1時間使ってちょうど1か月ですね。

契約・使用できるなら、b-mobileがいいですね。お手軽さがかなり違います。発売されてみないと何とも言えませんが、なんとか使えるようにならないかなと思いますね。

iPodの成功の要因として、クレカなしで使えるiTunesカードの存在は大きかったですから、プリペイドは当然必要ですね。バッテリーの消費を考えると、常時通信しっぱなしとは思えませんので、実際はもう少し長く使えるかもしれません。
ソフトのダウンロード販売で万が一、SIMとの紐付けがされているとちょっと面倒かも。

しかし、わざわざPS-StoreをAndroid対応にしてまで発売してくるとは驚きました。ついでに禁断のサターン専用ソフトの移植まで踏み込めば、おっさんユーザーも取り込めるんじゃないでしょうか。

こんにちは、passoさん。

Appleの成功をある意味忠実に追っかけてるのは唯一SONYだけですね。他はiPad/iPhoneより性能が高い事を売りにしてますが、コンテンツでも勝負しようと考えてるのはSONY系だけですから(あとGALAPAGOSも…あれは微妙か)。

AppleにないコンテンツはまさにPSですね。こんなコンテンツが提供出来るのもSONYならではです。そのうち冗談抜きに任◯堂までPS Suitに参加してくる時代になるかもしれません。

京都のあの会社は、期待できない理由がいっぱいあるんです。
バーチャルコンソールだけでも手一杯のため、リソースが足りない。
家庭用ゲーム機黄金時代が、64とGCという黒歴史であったため、ソフトがない。
かといって、ポータブル機のソフトは解像度が低すぎて、最新のスマートフォンでは魅力が引き出せない。
アタッチ率(ゲーム機の起動回数及び時間)が他社製品に比べて異常に低い(管理人様も実感されていると思いますが)。ということは、コアなファンが少ないため簡単に大コケする。
サードパーティのヒット作品がほぼ無い。そのため、製作も自社で背負い込まなければならない。

とまぁ、いい要素が無いんですよね。

こんにちは、passoさん。

もしPS Suitに参入するとして、Wiiのソフトを移植するということも考えられますが、あのコントローラーやボードをどうするかですね。

そう考えると、マリオくらいしかなさそうですね。なぜか世界で愛されてる(?)キャラのようなので。

また任○堂も暗黒時代に再突入しそうな勢いですね。そうなるとPSのライバルはMS社になるのか?といったところでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/52731226

この記事へのトラックバック一覧です: Xperia PlayにVitaプリペイドプラン:

« 週刊アスキーのおまけ | トップページ | イーモバイルからXperia mini登場か!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ