« Windows 8 Previewer版のアップデート開始 | トップページ | Wi-Fiを赤の他人が借りに来たらどうするか? »

2011年9月19日 (月)

SONY Tablet Sの標準機能を使ってみた

昨日が発売日で、思わずゲットしてしまったSONY Tablet S。

今のところ入れたアプリはAngry BirdsとDropboxのみです。

元々持ってる機能も多彩ですから、試してみました。

Android 2.2以降にあって、iOS機にはないもの。それはFlash対応ブラウザ

本当にちゃんとつかえるのか?試してみました。

私がFlash使用サイトとしてパッと思いつくのはマクドナルドなんですが。

Img_0249

上がSONY Tablet S、下がiPad。確かにFlashの部分がちゃんと表示されてます。

一瞬”Flashをダウンロードしてください”というアイコンがちらっと見えるんですが、すぐに表示されました。

そこはグラフィックにはめっぽう強くてデュアルコアなTegra2だけのことはあります。

Img_0251

ラグーナ蒲郡のサイトには端っこにFlashを使った動画モジュールが埋め込まれてますが、これも問題なく動作。

下のiPadでは真っ白で表示すらされてません。

しかしiPhone、iPadが普及したおかげか、Flashを使ったサイトも一時期よりずいぶん減った気がします。とはいえ、まだまだたくさんあるので使えるに越したことはありませんね

わざわざFlash対応サイトを見るためにパソコンを起動する必要はなくなりそうです。

ブラウザの読み込み速度もややSONY Tablet Sの方が速い!しゅるしゅる表示される感じです。

が、このブログのコメントを書こうとしたらいきなり落ちました。安定性は大丈夫なのか?

つづいてマップアプリ。

Img_0252

このSONY Tablet、Wi-Fi版ながらGPSを備えています。

が、Wi-Fiの位置情報すらなかなか入りません。こんな表示が出てきます。

同じWi-Fi版のiPadですらわりと早くWi-Fiの位置情報で結構正確なところを突いてくるんですけどね。

しばらくすると捕捉しましたが、GPSがついてるわりには遅いですね。

もっとも、外に出ればGPSの良さが出るはず。室内で使ってるのが悪いんですけどね。

Img_0258

まだ電子書籍ストアは始まってませんが、とりあえず2つほど書籍が入ってました。

Img_0259

ちょっと電子書籍を体感。

Img_0260

・・・といっても、英語だらけでしかも挿絵がない。いまいち未来を感じません

iPadのBookReaderのような視覚効果もほとんどありません。まあ電子書籍は見た目より中身が勝負ですから。

いかんなぁ・・・さっきからあまりほめてないぞ・・・

ということで、SONYらしさ爆発(?)のリモコン機能を試すことに。

ちなみに我が家のテレビもSONYのBRAVIA。きっと相性はいいはず!

Img_0253

操作機器の種類を聞かれたので、”SONY製のテレビ”と答えておきました。

Img_0254

その後”リモコン動作テスト”を選ぶと、画面にこんな操作パネルが出てきます。

Img_0256

たしかに操作できます。

ただし我が家にはこれで操作できる機器はテレビしかありません。これなら普通にリモコンを使った方がましかも。

ブルーレイレコーダーだのプレーヤーだのがあればもっと生かせるんでしょうが。

どうせなら、プログラマブルリモコンになってくれるとうれしいですけどね。

例えば、我が家ではテレビ放送、DVD、パソコンの3つの入力を切り替えて使ってます。

それぞれで音量設定を変えないと、大きすぎたり小さすぎたりします。

ボタン一発で入力と音量をあらかじめ設定した値に変えてくれるものであればうれしいんですけどね。

あるいは、時間が来たらスイッチを入れてくれるとかいう機能でもうれしいかも。まあそれくらいならテレビ側で予約試聴すればいいんですが。

そういえば、標準でTwitterやFacebookを見るためのアプリがついてました。

Twitterアカウントを打ち込んで使ってみましたが。

Img_0262

専用アプリというわりにはハッシュタグなどの表示がありません。普通のTwitterクライアントを使った方がましですね。

おそらく連絡帳などと連動してるのかもしれません。顧客や友人・知人情報をしこたま入れる人にとっては便利かもしれません。

なんだかいまいちな機能が多かったですね。とはいえ、電子書籍はまだこれから提供開始、PS Suitも始まればもうちょっと盛り上がるかもしれません。

おっとカメラの存在を忘れるところだった

昨日撮ってて紹介し忘れたので、ここで載せておきます。

まずはインカメラ(30万画素)。写真を表示したiPadを撮ってます。

Img_20110917_190808

・・・暗いところだというせいもありますがノイズが多いですね。発色もいまいち

Img_20110917_190746

ところがアウトカメラはさすが高性能な510万画素

初代Xperiaよりも発色がよく、ノイズが少ない感じです。さすがはSONY、進化してますね。

これならブログ用カメラとして使ってもよさそうなレベル。画像編集アプリなんかも入れてみようかな。

独自のコンテンツが始まるまでは普通のAndroid端末ですが、十分楽しめそうです。

ソニー タブレット WiFi Sシリーズ メモリ16GB SGPT111JP/S

« Windows 8 Previewer版のアップデート開始 | トップページ | Wi-Fiを赤の他人が借りに来たらどうするか? »

Android」カテゴリの記事

コメント

安易にFlashに頼るサイトが少なくなることは良いことでは?

負荷(CPUにも回線にも)ですし無くてもなんとかなるなのなら、無い方で頑張ってほしいです。

こんにちは、Dさん。

Flashのサイトもずいぶん減りましたね。あまり変な効果をつけられるよりシンプルさにこだわって欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/52765144

この記事へのトラックバック一覧です: SONY Tablet Sの標準機能を使ってみた:

« Windows 8 Previewer版のアップデート開始 | トップページ | Wi-Fiを赤の他人が借りに来たらどうするか? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ