« Googleマップ頼りに歩いてたら えらいところに | トップページ | カップヌードル40周年記念 ガンプラ付ヌードル »

2011年9月23日 (金)

ところでSONY Tabletは売れたのか!?

そろそろ一週間たつので、SONY Tabletはどれくらい売れたのか気になるところ。

こういうのを見てると発売直後だというのに売れなかったのでは・・・と心配になるところですが。

ハムスター速報:Sony Tablet販売初日が酷すぎて葬式会場に

数字で見ると、悪くはなさそうです。

BCNランキング:Androidタブレットの本命登場? Sony Tablet Sシリーズ Wi-Fiモデルの発売1週目の売れ行き

SONY Talbet S 32GBが堂々の一位!

喜んではいけません。何せ王者iPadは色別・容量別です。

合計するとどうなるのか?

Apple 47.6%、SONY 21.4%、Acer 11.1% となるそうです。

もう半年近くたつiPad 2に対して、発売直後ですら肉薄できないという点でまだまだApple圧勝な状態ですが、まだSONY TabletはS、Pの3Gモデルが発売されてない状態。

しかもコンテンツはこれから。まだ伸びる余地は残しています。

それでこの数字ならば健闘した方では?

Acerの落ち込みが大きいですね。発売直後の月は20.8%だったそうです。

SONY Tablet Sが今後伸びるかどうかはコンテンツにかかっています。

残念ながらAcerには強力な独自コンテンツがありません。Android Marketにのみ頼ってる状態。

iPad 2の成功をハード性能で見ている輩もいますが、はっきり言って性能だけならAndroidタブレットの方が上です。

簡単に言えばガンダムとジオングくらいの差はあるんじゃないかと。

しかし勝負を決めるのはアムロとシャアの能力差(つまり中身のコンテンツの差)です。

ニュータイプなコンテンツがなければアムロ(Apple)は倒せないんです。

ガンダム風にたとえてみましたが、こんなところでしょうか?

今のところ、SONY Tablet Sのコンテンツ能力は、例えるならランバ・ラル並でしょうか?

ニュータイプと呼ばれるほど強くはないが、なぜか部下に信頼される存在といったところ。

信頼されてるがゆえの、出だしの好調さですね。

SONYさん、その信頼にこたえられるだけのコンテンツの提供をお願いします!

ところでうちのSONY Tablet Sはというと。

Dsc_7061

画面が広いのになぜか3画面にアイコンが散らばってたので、ひとまとめにしてみました。

あまり使わないアイコンはカット、標準・設定系アプリは下の2列、上にはダウンロードアプリ系で固めてみました。

使い方になれるため、なるべくこいつを使うようにしています。ブログのコメントもSONY Tabletから書いております。だんだん慣れてきましたね。

慣れると、ブラウザの反応の良さなどいいところが見えてきます。

ときどきブラウザが落ちますが、これはiPad/iPod touchも同じ。頻度もいい勝負か?

今はタブレットを生かせるアプリで面白そうなのがないか探しています。

ソニー タブレット WiFi Sシリーズ メモリ32GB SGPT112JP/S

« Googleマップ頼りに歩いてたら えらいところに | トップページ | カップヌードル40周年記念 ガンプラ付ヌードル »

Android」カテゴリの記事

コメント

ソニーのタブレットは世間的には知名度がまだまだ低いみたいですね。
VAIO Pでは宣伝にかなり力を入れていましたけれど、1,500万台市場のPCと、200万台市場のタブレットではかけられる広告費に違いが出てくるんでしょうね。
PS Suiteを公開してからが本気でしょうか。

エイデンで実機にさわってきましたけれど、持ちやすさなどは予想以上でした。いいですね。
専用充電器もいちいちケーブルを挿さなくても充電できるなど好印象でした。

こんにちは、haseosan さん。

機能や性能は申し分なし、後は散々書いてますが"コンテンツ"ですね。

さすがにiOS ばかりで飽きてきたところなので、ちょうどいい端末です。よくとなりの芝生は青く見えると言いますけど、となりの芝生ごとの買ってしまった感じです。

基本機能もまだ使いきれてるとは言いがたいので、これからじっくり楽しんでみようかと思ってます。

発売直後と言っても先発組と大差ない性能ですしね
マ・クベの裏切りにあわねば信頼をぶきに健闘しそうですが…

こんにちは、kさん。

だんだんネットブック時代の様相を呈して来てますが、高性能機はどこもTegra2ですからね。

ただネットブックの時と異なるのは、コンテンツを重視する傾向がうかがえるということです。シャープでも一応GALAPAGOSなんてものを作ってますし。

マ・クベ大佐風にいえば「ユーザー様に提供したコンテンツで、SONYはあと10年は戦える!」ってほどになって欲しいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/52806198

この記事へのトラックバック一覧です: ところでSONY Tabletは売れたのか!?:

« Googleマップ頼りに歩いてたら えらいところに | トップページ | カップヌードル40周年記念 ガンプラ付ヌードル »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ