« SONY Tablet Sのアップデート案内 | トップページ | SONY Tablet S 16GB買っちまったよお! »

2011年9月17日 (土)

スマホが”金属探知機”に

Android端末についている磁気センサーを利用した金属探知アプリなんてものがあるそうです。

Android端末に磁気センサーなんてついてるのか?と思ったら、そういえば「コンパス」がついてますね。

週アスPLUS:【Androidアプリ】お宝探しに一役買う!?「金属探知器」

私はこういうネタ大好き。さっそく遊んでみました。

Img_0085

起動すると、早速数字が出てきます。表示単位はμT(マイクロテスラ)。

地球上には地磁気がありますが、それが大体40~50μT前後だそうです。

金属に近づけるとこいつが跳ね上がるというのですが・・・

まずは金属製の脚を持つイスから。

Img_0087

ありゃりゃ?下がってしまいました。

Img_0088

室内干し用物干しざおでもこの通り。

まあ、金属回りでは磁場が変化するという意味では一応探知してるんでしょうが。

で、いろいろやってわかったことは。

Img_0098

初代Xperiaの場合、頭の方を金属に近づけると値が下がり。

Img_0097

下の方では上がる。

これは端末内のセンサーの位置で変わると思われます。

コツをつかんだところで、いろいろ探ってみました。

Img_0084

Img_0089

PCケースは高い値を示します。

ちょっとびっくりしたのはお掃除ロボットに近づけた時

Img_0090

いきなり高い値です。

なんとなくひらめいたのは電磁波を出してるやつに近づけると値がでかくなるんじゃないか?ということ。

考えたら磁気センサーですから、電磁波の検知も可能かも。

と思って、携帯電話に近づけたらビンゴ!

Img_0092

これはすごい。振り切れそうなほど高い値を記録

iPhoneもフライトモードだとこの通りですが。

Img_0094

フライトモードを解除する(電波を出した状態にする)と高い値を示します。

Img_0093

携帯電話を失くしたときには便利な機能かもしれません。

もっとも、かなり近づけないとここまで高くなりませんが。

ところで、iPhoneにも同様のアプリがありました。

iTunesプレビュー:Metal Detector™ Lite

無料版を使いましたが、有料版(85円)もあるようです。

こちらでも同様にテスト。

Img_0116

Xperiaと同じようなところを計ると、値が大きめに出る傾向があります。センサーの感度がいいんでしょうか?

ところでこのAntecのケース、値が高くなるところがみょうに限られてることに気づきまして。

Img_0117

こういうところでは値がやたら低い

そこでふと思い当たったことは。

Img_0132

このPCケース、前扉を閉めるために磁石がついてます

考えたら磁気センサーですから、電磁波うんぬんより磁石により反応するのでは?

Img_0136

液晶ディスプレイのスピーカーに近づけるとこのとおり1000以上の値が。

上の写真でも、PCケースもファンの付いてるあたりとかでかいモーターが入ってるであろうお掃除ロボットにも反応してましたね。

当たり前ですが、磁石の影響が大きそうです。妙にでかい値が出るときは、まず磁石がないかを疑ってみることが肝心のようです。

ところでiPhone版の金属探知アプリ”Metal Detector Lite”の情報画面はこんな風になってますが。

110915_10_01_03

まるで”セシウム的な何か”が測れる印象のマークが登場。

しかし当然ですが放射線は測定できません

Img_0114

このとおりアトムマントルに近づけて検証してみましたがまったく無反応です。お間違いのないように。

金属探知機工作キット

« SONY Tablet Sのアップデート案内 | トップページ | SONY Tablet S 16GB買っちまったよお! »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/52733557

この記事へのトラックバック一覧です: スマホが”金属探知機”に:

« SONY Tablet Sのアップデート案内 | トップページ | SONY Tablet S 16GB買っちまったよお! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ