« Windows Home Server 2011はクライアントOSとして使えるか? | トップページ | Xperia rayがドコモから登場 »

2011年8月10日 (水)

パスワード付ZIPファイルを解凍できるアプリ”iUnarchive Lite”

iOS機でDocuments To Goでパスワード付Excelファイルを開けるという記事は書いたことがありますが、パスワード付のZIPファイルを開くことはできるのか!?

これができるアプリがあるようです。

週アスPLUS:パス付き圧縮ファイルを開けるiPhoneアプリに惚れた!

さっそくダウンロードして試してみた。

iTunesプレビュー:iUnarchive Lite

とりあえず、メールにてパスワード付ファイルを2つほど送っておきました。

110809_21_07_35

一つはただのPowerPoint形式のファイル、もう一つはパスワードの付いたExcelファイルです。

ZIPファイルをタップすると何で開くかを聞いてきます。

110809_21_08_08

すかさず”iUnarchive Lite”を選択しますが・・・

110809_21_08_44

開きません・・・

他のアプリから開くことはできないようで、このiUnarchive Liteから直接開いてやるしかないようです。

下の”Add Cloud or Mail Service”でDropboxを登録しておき、”メール”アプリで一旦ZIPファイルをDropboxに送付、そのファイルをiUnarchive Liteで呼び出すという回りくどい方法で開いてみました。

110809_21_09_05

ちなみに、Gmailを直接登録することも可能です。

110809_21_09_30

ファイルをタップすると解凍するかどうかを聞いてきます。

110809_21_09_57

パスワード付なら、この通りパスワードを聞いてきます。

110809_21_10_28

で、この通りPowerPointが開きます。

が、レイアウトが崩れるのはしょうがないとして、日本語のファイル名がロシア語っぽくなるのはいかがなものか?

しかしパスワード付の圧縮ファイルを開くことができるのは大したものです。

110809_21_10_55

しかし、このとおりパスワード付Excelは開けません

Documents To Goへ直接送ることもできません。

もしメールの添付ファイルでパスワードロックをかけたExcelファイルを送ってもらうなら、圧縮ファイルかExcelかのどちらか一方のみにパスワードをかけてもらうしかありません。

それにしてもパソコンなら当たり前の解凍ソフトですが、iOSには案外Windowsでありがちなアプリがなかったりします。

もう45万本のアプリ数に達したようですが、この手の解凍アプリはそれほど多くないようです。

パスワード付Excelファイルを開けるのもDocuments To Goしか知りませんね。他にも出てるかもしれませんが、圧倒的に少ない。

やはりOffice文書や圧縮ファイルをiOS機に送るというのはあまりやらないのかも。iPhone使ってるときくらい仕事させるなよ!ってことですかね・・・

ファイルの圧縮・解凍事典

« Windows Home Server 2011はクライアントOSとして使えるか? | トップページ | Xperia rayがドコモから登場 »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/52434821

この記事へのトラックバック一覧です: パスワード付ZIPファイルを解凍できるアプリ”iUnarchive Lite”:

« Windows Home Server 2011はクライアントOSとして使えるか? | トップページ | Xperia rayがドコモから登場 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ