« SONYのデジタルフォトフレームDPF-D720 | トップページ | Light Tab、IDEOSでb-mobile Fairチャージ割引サービス、月々1,878円相当に »

2011年6月 9日 (木)

SONY vs 任天堂の行方は!?

ちょっとジャンルの違うゲーム機同士の発表でしたが、両者とも”気合充分”でしたね。

Engadget Japanese:NGPの正式名は" PlayStation Vita" (ヴィータ)。WiFi 2万4980円・3G 2万9980円。

Engadget Japanese:動画:任天堂 Wii U 本体 & コントローラ実機ギャラリー

任天堂のWii後継(Project Cafe改めWii U)はちょっと事前情報と違うものが登場した感じですが・・・それ以上にNGP改めPlayStation Vitaの方は驚きの価格、なんと3DSとほぼ同じ値段24,980円で登場とは予想しませんでした。

ちょっと疲れ目な私には一瞬”Vista”という不吉な名前に見えてしまったこのPSP後継機ですが、衝撃の価格がこの予感を吹き飛ばしてくれそう。

対する(?)Wii Uもまるで6インチモニタの携帯ゲーム機のようなコントローラーを引っさげて登場です。

タッチパネル液晶搭載なおそらくゲーム機標準装備としては最大級と思われるコントローラーをつけたことで、テレビとこの液晶の2画面のモード(おっきなDSっぽい使い方)、液晶のみのモードを備えるようです。

さすがに単体で動作することはかなわぬ模様。

DSのゲームも動きます(キリッ!)というのをちょっと期待してたのですが、残念。

こうなると、いずれ登場する対抗馬のPS4が楽しみですね。携帯機でさえ4コアなら、16コアで登場くらいのインパクトが欲しいところです。

おっと、MS社のXboxというのもありましたね。

Engadget Japanese:動画:Kinectガジェット集 Kinect Fun Labs公開、ハッカー作品の投票も実施

こういってはなんですが、最近はすっかりKinectだのみな感がありますね。確かにMS社にしては独創的なハードです。この思いっきりのよさをWindowsでも出せていたら・・・

しかし最後にハードウェアの良し悪しを決めるのはソフトです。

タッチパネル付コントローラー、4コアCPU、3次元センサー、いずれもこれらをうまく利用するソフトが出て初めて真価を発揮します。

どれもまだまだ未知数ですね。型破りなキラーソフトを叩き出すのは果たしてどのハードなのか?ゲーム業界も騒がしくなりそうです。

Xbox 360 Kinect センサー

« SONYのデジタルフォトフレームDPF-D720 | トップページ | Light Tab、IDEOSでb-mobile Fairチャージ割引サービス、月々1,878円相当に »

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

今回の戦いはソニーが勝ちそうですね。ただ単純に性能アップしただけですがUMD廃止で駆動時間は伸びるし、家庭用機クラスが動くというのはすごく魅力的ですね。後はセキュリティー対策をどうするか…
Wii Uはパッと見斬新ですけどタブレットに毛が生えたようにしか見えないし後1年ちょっともすればTegra3に見かけの性能は越されてしまうかもですし。他社でもやろうと思えば簡単にマネ出来るインターフェイスなのが痛いですね。デモ映像も実機じゃなかったらしいですし。FPSをするならこれ以上の物は無いと思いますが…
後3DSは夏までにソフトを充実させないと終わりますね。

こんばんは。

巷では”ヴィータ一文も出せない”というネタが流行っていますが、私は予約してでも欲しいと感じました。何というか、iPhone4を予約して買った時のようなワクワク感がありますね。

iPhoneやiPadとは中身が殆ど同じなのですがUMDが廃止されましたね。私の場合はPSPのソフトもAmazonで予約して買うだけなので、買い方がダウンロード販売と変わりません^^;
UMDを何枚も持って出なくて済むのも良いと思いましたし、ゲーム機に特化した操作系も好感が持てます。(iPhoneはやりづらいので)

僕も一瞬vistaかと思いました。
その後、PS 2ゲーム「花と太陽と雨と」の中で出てきたサッカー選手の話、La vita continua(それでも人生は続く)のvitaかと、ずいぶん遠回りな思い出し方をしました。

ゲーム業界は高価なカスタムチップから汎用プロセッサにシフトしてきているのでPS 4はまだかなり先なんじゃないかと思います。
PS VitaはPS 3の1/4程度のグラフィック能力だそうで。(PS 2の2倍ぐらい)
最近はPS EyeやKinectでハードウェアの延命を図っている部分もありますし、SONYはしばらくPS 3とPS Vitaの連携に力を入れるんじゃないでしょうかね。

こんにちは、もみじさん。

今度ばかりは性能がものをいいそうですね。また任天堂の冬の時代到来か?

3DSもソフト次第ですね。案外すごいのが出るかもしれないし、こればかりは何とも分かりません。PSPもまさかここにきてモンハンでブームが起こるとは予想してませんでしたから。

しかし、裸眼3Dが決め手になることはちょっとなさそうな雰囲気ですね。

こんにちは、Akiraさん。

PS Vitaの3G版が気になりますね。キャリアももちろんながら、どんなサービスが展開されるのかが見ものです。

個人情報がもれなく漏れる(??)というのだけは勘弁ですが。

しかし最後に勝敗を決めるのはやはりソフト。しかし今回はなかなかSONYも周到に準備していそうな雰囲気ですから、どうでしょうね。

こんにちは、haseosanさん。

古くはト○タの超不人気車に使われた名前だったりするので、MS社がVistaを出したときは失敗を予感したものです(的中でしたが)。

危うく、SONYも同じ轍を踏むのかと思いました。ちょっとびっくりです。

PS3もようやく上向いてきた感じですから、しばらくはそのまま販売が継続しそうですね。とはいえ、PS4の開発がほのめかされたりと、裏では細々と動いてるみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/51891527

この記事へのトラックバック一覧です: SONY vs 任天堂の行方は!?:

« SONYのデジタルフォトフレームDPF-D720 | トップページ | Light Tab、IDEOSでb-mobile Fairチャージ割引サービス、月々1,878円相当に »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ