« 東芝が4インチモバイル機器向け液晶発表 | トップページ | WiMAX内蔵でリーズナブルなネットブック”EeePC 1015PX” »

2011年5月20日 (金)

iPhone、AndroidとWi-Fiでつながるバッテリ駆動式のHDD

ありそうでなかった製品ですね。持ち歩き可能なNASといったところでしょうか。

GIZMODO Japan:iPhoneやAndroidからWi-Fiで接続できる画期的なポータブルHDD「GoFlex Satellite」が登場

7月からアメリカでSeagateから出るこの”GoFlex Satellite”は、リチウムポリマー電池と無線LANを搭載した500GB HDD。

500GBにしては200ドルという結構なお値段なHDDですが、特徴は専用アプリを介してAndroid、iPhoneと直接接続できること。

自宅のNASにつなげるアプリというのはありましたが、持ち歩きできるNASというのは確かになかった製品です。

強いて言えば、最近直接つなげられるようになったEye-Fi SDメモリカードが近い存在ですが、あれはSDメモリからiPhoneへデータを送るためのもの。逆はできませんし、容量が全然少ない。

いっそEye-FiのSDメモリからGoFlex Satelliteへもデータ転送できればいいのですが、どうなんでしょう?

バッテリは25時間待機、ビデオ再生で5時間使えるとのこと。ということは、HDD内の動画ファイルが視聴可能ってことですね。

あとは専用アプリの出来次第ですね・・・Buffalo NAS用のアプリは正直出来がいまいちで、ローカルネットワークで使っても遅くて、結局使う気になれません。

さくさく動いてくれれば、便利さこの上ないアイテムになりそうです。

Eye-Fi Mobile X2 8GB EFJ-MB-8G

« 東芝が4インチモバイル機器向け液晶発表 | トップページ | WiMAX内蔵でリーズナブルなネットブック”EeePC 1015PX” »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/51721676

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone、AndroidとWi-Fiでつながるバッテリ駆動式のHDD:

« 東芝が4インチモバイル機器向け液晶発表 | トップページ | WiMAX内蔵でリーズナブルなネットブック”EeePC 1015PX” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ