« Android版格安ノート型端末”EPC”が日本でも発売 | トップページ | 秀吉公再び!?今度は冷凍光線な「秀吉かっちーん」 »

2011年5月11日 (水)

高橋名人のiPhone

高橋名人といえば、30代の人にはぴんと来る16連射の人です。

その高橋名人が持っているiPhoneのことが出ていました。

iPhone iPad Wire:ウチから出てるゲームアプリは全部入ってますよ!─ ハドソン・高橋名人

なんと、iPhoneにiPad 2、GALAXY Tab、IS03とかなり多彩なスマートフォン使いでいらっしゃるそうです。

キャリアもSoftBank、b-mobile(iPad 2で利用、輸入版のSIMフリー機?)、ドコモ、auとすべてばらばら。なんとも贅沢な環境です。

高橋名人といえば、1985~90年ごろに16連射で名を馳せたまさにゲームの名人

その頃になんとMacintosh SEを所有ショルダーバッグに入れて持ち歩いてたとのこと。

今でいえば17インチフルスペックノートを持ち歩くようなもの。いや、それ以上か!?

そのiPhone画面キャプチャが載せられていますが、いたって普通(?)。ただ”ハドソンのゲームは全部入ってます”といっているだけに、Huゲームというフォルダが2つ見えます。

未だにハドソンの社員(役職は”名人”!)というのにもびっくり。以前から死亡説や退社説がよく流れてましたからね。

高橋名人というと、私の中では”スターソルジャー”のイメージが強いですね。

スターソルジャーとは、こんなゲームです。

いまどきの弾幕系シューティングから見ると何ともしょぼい感じですが、当時はこれが大ヒット。

私も友人宅でジョイボール(連射機能の付いたジョイスティック)でトライしましたが、全然へたくそでせいぜい3~4面程度でおしまい。

ああ、こんなの見てるとまたファミコンをやりたくなりますね。

公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間 (ファミ通ブックス)

« Android版格安ノート型端末”EPC”が日本でも発売 | トップページ | 秀吉公再び!?今度は冷凍光線な「秀吉かっちーん」 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

あぁ懐かしい。忠実屋(現在はダイエー傘下)へ買いに行きましたよスターソルジャー。
ショットが5方向にパワーアップすると、BGMが明るい曲調に変わるのが印象的です。

実はスターフォースの方を最初に買っていて、グラフィックが似てるなと思ったら、「スーパー・スターフォース」としてリリースすべくハドソンが開発していたが、スターフォース版権元のテクモが開発していたソフトと商標が衝突してしまい「スターソルジャー」となった模様。(wikipediaより)

ゼビウスと並んで縦スクロールが流行った時代ですね。ファミコンがウチに来て、最初に買ったソフトがスターフォースでした。(スーパーマリオではなく)

こんにちは、Akiraさん。

スターフォースもありましたね。スピード感があってゼビウスよりこっちのほうが好きでした。

高橋名人全盛の頃にファミコン持ってましたが、結局あまりたいしてゲームやる事なくX1に移ってしまいました。といっても、X1でゲーム三昧でしたが。

ファミコンを買った時に最初に買ったゲームはドルアーガの塔でした。その後、X1で大戦略、ザナドゥ、信長の野望とシミュレーション、RPGにはしっていきました。高橋名人とは随分違う方向にいっちゃいました。

私もファミコンと同時に買った(買ってもらった)ゲームはドルアーガの塔でした。

その後スーパーマリオが流行ってる中、おもちゃ屋で悩み絞り込みスーパーマリオとの2択の末に自分の小遣いで最初に買ったソフトは、チャレンジャー(何故か)

家ではチャレンジャーは未だクソゲーの代名詞です。

こんにちは、kさん。

チャレンジャー懐かしいですね。私の中では、バンゲリングベイ、スペランカー、B Wingsと並ぶ愛すべきクソゲーの一つです。

人気ソフトの劣化コピーや、隠れキャラしか話題がない本当のクソゲー(有名人とのタイアップ商品に多かったですが)に比べれば、まさにチャレンジャーな外しっぷりが素敵でした。

今はあまりワクワクするゲームがないですね。当時は8ビットのデフォルメキャラに感情移入するほどの魅力を持ったキャラもいたのに、ずっと進んだ現在ではなかなかそういうゲームキャラがいません。単に歳をとっただけかもしれませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/51630969

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋名人のiPhone:

« Android版格安ノート型端末”EPC”が日本でも発売 | トップページ | 秀吉公再び!?今度は冷凍光線な「秀吉かっちーん」 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ