« Xperia 白ロム注文しちゃいました | トップページ | なんとなくこのハトがかわいい »

2011年5月 3日 (火)

iPad 2の分解写真

GIZMODOにiPad 2の分解手順が載ってます。

GIZMODO Japan:iPad 2でどこが変わった? 完全にバラバラにして徹底分解検証!

これを見てばらしてみようかなぁ・・・と思ってると、いきなり接着剤溶かすためヒートガンなるものが登場してます。

ばらすのはいいけど、戻すためには接着剤要るんでしょうね、きっと。

表のパネルさえはがしてしまえば、あとは比較的簡単。

110429ifixit9.jpg

といっても、リボンケーブルのような、油断してるとぶちっと切れてしまう部品があるので要注意です。

110429ifixit11.jpg

本体は大きいiPad 2ですが、頭脳部分(ロジックボード)はこれだけ。ほとんどが液晶・バッテリが占めてるんですね。

あとはA5プロセッサや東芝製SSDが出てきたり、スピーカー・カメラが驚くほど小さくて拍子抜けしたり。

初代iPadもそうですが、ただ大きくなっただけのiPod touchという感じです。

しかしたったそれだけの違いで、これほどの人気商品になるわけです。

ぶっちゃけ言ってしまうとAndroidの最新タブレット機より性能は低いです、iPad 2。

こっちのマシンの方が、CPU、メモリ量、解像度、カメラ性能、拡張性すべてが上回ってます。

PC Watch:レグザタブレット「AT300」を、いち早く試す

これに比べたら、iPad 2の方は分解写真を見る限りカメラやスピーカーなど細かいところは安い部品ばかりが目立ちます。

しかし、とてもじゃないがこのレグザ AT300がiPad 2に勝てる気がしない。

そう思ってしまうのは、やはりアプリなどコンテンツの力が大きいのでしょう。

総数では近々Androidアプリの方がiOSアプリを上回るといわれてますが、果たしてそれで”良質”なアプリが上回ったといえるのか?が問題になってくるでしょう。

Androidもタブレット機向けの良質なアプリが増えてくればiPadに対抗できるでしょうが、まだまだ先のようです。

PCでもそうですが、速いCPUを載せてるマシンが必ずしもいいわけではない、それより安さ・使い勝手・コンテンツの3本柱をそろえることが大事な時代に突入した感じですね。


日曜大工やフィルム・シート剥がし等に アタッチメント付属、強力ホットガン 1800W超強力ヒートガン

« Xperia 白ロム注文しちゃいました | トップページ | なんとなくこのハトがかわいい »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/51555937

この記事へのトラックバック一覧です: iPad 2の分解写真:

« Xperia 白ロム注文しちゃいました | トップページ | なんとなくこのハトがかわいい »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ