« iPhone 4ホワイトモデルも4月28日発売 | トップページ | 秀吉公自らUFOと戦うゲーム”秀吉どーん” »

2011年4月28日 (木)

5,000円のAndroid機”EPC”

香港で、キーボード付Androidパソコンがなんと5,000円で売られてるそうです。

その名も”EPC”・・・えっ?イーピーシー??

http://www.gizmodo.jp/2011/04/5000android_22.html

110425epc3.jpg

Android 2.2搭載、CPUはVIA8650 800MHz、メモリ256MB、2GBフラッシュ、7インチ液晶。無線のみならず、有線LANにも対応。

しかしAndroidなのにタッチパネルではありません。ここは微妙なところ。

NECもキーボード付Android PCを出してますが、こちらはタッチパネルこそないものの約5,000円という破格の安さが特徴。

110425epc6.jpg

箱絵は白なのに、なぜかシルバーなマシンが登場。しかしこのツートンカラーもいいですね。

電源を入れてから20秒ほどで使えるそうです。内蔵ストレージも2GBとは、まるで初期のころのEeePCを見ているようですね。

動画もあります。

お世辞にも速いとは言い難い速度ですが、思ったよりちゃんと動いています。

しかしAndroidって本来タッチパネル前提なOSなはずなので、スマートブックとして使うのはちょっと辛そう。

とはいえ、ちょっとこのマシン欲しいですよね。ポケットマネーでしれっと買えてしまうこの激安っぷりには感動ものです。

ASUS Eee PC 1001PXD-BLACK 10.1型ワイドTFTカラー液晶 ネットブック ブラック EPC1001PXD-BK

« iPhone 4ホワイトモデルも4月28日発売 | トップページ | 秀吉公自らUFOと戦うゲーム”秀吉どーん” »

Android」カテゴリの記事

コメント

Dynabook AZはやっぱり、タッチパネルのほうが良かったかもしれませんね。
購入してその日のうちに、
IS01のほうが使いやすい、とコレクションコーナーに置いたまま、
どこへも持ち出さなくなりました。

EPCのAndroid版も出回っていたんですね。
いつのまにか、プロセッサもパワーアップしていますし、これは見かけたら買ってしまうかも。

こんにちは、atushiさん。

コレクションコーナー行きとは勿体無い…ぜひ私に(笑)

タッチパネルなしのAndroidは触ったことはありませんが、SDKで使うエミュレータみたいにマウスポインタで使うってことですよね。確かに使いにくそう…

このEPC、値段の安さだけが取り柄ですね。

こんにちは、haseosanさん。

私の場合、箱絵の白モデルが希望です。まるでEeePC 701みたいでいいですよね。

PCショップのUSBメモリ叩き売りコーナーにおいてあってもおかしくない値段です。油断してると山積みされてそうでこわいですよね。

案外動くんですね…。
もっと、使えないもんかと思いましたが…。
これで、マーケットとFlashが使えたら、割と使えたりして。
IS01、公式に2.2にしてほしかった~。

こんにちは、ドラ焼きさん。

まあ思ったより使えるというレベルで、おそらくMarketは非対応でしょうから、やっぱり使いにくい端末でしょう。

IS01も、どこかのソニエリ端末のように「後継機作ってたら2.3への上げ方がわかっちゃった」的な展開があるといいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/51509699

この記事へのトラックバック一覧です: 5,000円のAndroid機”EPC”:

« iPhone 4ホワイトモデルも4月28日発売 | トップページ | 秀吉公自らUFOと戦うゲーム”秀吉どーん” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ