« AmazonがAppstore開設 | トップページ | GarageBandはやっぱりすごい »

2011年3月24日 (木)

iPad版Keynoteでグループ化する方法

昨日は昼ごろから風邪の病状が出始め、早退して寝込んでました。

かなりへろへろでしたが、そんな中でも進めてます、iPad導入計画。

来週、ついに部長相手にプレゼンの機会を得ることができました。

で、Keynoteでプレゼン資料を作っているのですが、一つ困ったことが。

それは、PowerPointでいうところの”グループ化”ができない、ということ。

アニメーション効果を付けるときや配置を換えたいときに、各オブジェクトがばらばらだと何かと扱いづらい。

ところがググってみると、今のバージョンのKeynoteはグループ化ができるそうです。

やり方は

Img_1555

グループ化したいオブジェクトをタップします。

Img_1556

その指をつけたまま、同じグループに入れたいオブジェクトをタップ。

二つ選択された状態で、どちらか一方のオブジェクトをぽんっとタップ。

Img_1557

すると”カット”、”コピー”などとともに”グループ”というのが出てきます。

これをタップすると、この選んだ2つのオブジェクトがグループ化されます。

テキストボックスやKeynote標準の図形(線や矢印など)はこれでグループ化できます。

が、写真データのようなKeynote非標準のオブジェクトはグループ化できませんでした。

若干制約はあるものの、これで幾分か便利になります。

とまあ、こんな調子でプレゼン資料を作成してます。本番は月曜日。

今のところ、PowerPointやExcelで作った資料をKeynoteやNumbersに読み込ませて使ってます。

が、図をたくさん張り付けたExcelファイルをNumbersに取り込むとかなり重いことが判明。

こういう場合、PDF化するとかなりサクサク動きました。GoodReaderがかなり大活躍です。

さて、どうなることやら・・・

JUST PDF 2 [作成・編集・データ変換] 通常版

« AmazonがAppstore開設 | トップページ | GarageBandはやっぱりすごい »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/51207683

この記事へのトラックバック一覧です: iPad版Keynoteでグループ化する方法:

« AmazonがAppstore開設 | トップページ | GarageBandはやっぱりすごい »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ