« iPad miniも登場か? | トップページ | 日本の大学生の卒論が米国物理学会誌に »

2011年2月 5日 (土)

エプソンがモノクロインクジェットプリンター発表

そういえば、インクジェットのモノクロプリンターなんて長いこと見たことがありませんね。

PC Watch:エプソン、15年ぶりのモノクロインクジェットプリンタ

インクジェットの売りの一つは、お手軽にカラー印刷ができることです。

その利点をあっさりと捨てたこの”PX-K100”。一体エプソンに何があったのでしょうか・・・

このプリンター最大の売りは、ずばり”ランニングコストの安さ”。

カラーインクジェットプリンタの1/10という、驚異的な低コストです。

お値段は14,980円。250枚の紙を収めるトレイ、両面印刷も可能など、安い割にはなかなかの高機能です。

そういえば、うちの会社でも最近はモノクロ印刷を推奨しています。

私は度が過ぎたカラー印刷の抑制には反対なのですが(モノクロで出したがゆえにわかりにくくなることで起こる誤解や見落としによる見えない損失があると感じてるので)、一方でこういう割り切り商品はいいですね。

文字しかない文書をカラープリンタで出すのは、インク・トナーは消費してなくてもプリンタの寿命を縮めているのは確実ですので、いっそモノクロと用途を分けた方がいいに決まってます。

私も会社で、モノクロで出そうとしていた文書が、出てきたらカラーだったこともまれにあります。

うちの部署のプリンターはかなり酷使されているため、時々紙詰まりを起こしてます。

プリンターが分かれていれば、こういうミスや消耗による劣化はある程度減らせそうです。

私が最初に買ったプリンターはBJ-10vというCANONのモノクロプリンター。買ったのは確か1993年ごろ、Windows 3.1が出る直前ぐらいでした。

どこかのPCショップでたたき売りしてまして、なけなしのお金で買った覚えがあります。このころから安物買い大好き人間でしたね。

しかし当時は文書を自宅で印刷できるというだけで感動したものです。

このプリンターの発表を聞いて、ついついその頃を思い出してしまいました。

はたして売れるのでしょうか。さすがに私は買わないでしょうが、なぜだか応援したくなりますねぇ。

EPSON インクジェットプリンター PX-K100

« iPad miniも登場か? | トップページ | 日本の大学生の卒論が米国物理学会誌に »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

この手の商品結構売れるのでは。
おしえてgooのプリンターのカテゴリー見ていると黒だけ刷れますかと言う質問の多いこと。
大概モノクロレーザーにしてくださいとレス返されてますが。

こんにちは、星屑倶楽部さん。

モノクロレーザーは初期投資とトナー代がバカにならないですから、まさにモノクロを求める人にとってはいい商品ですね。

こういう割り切った商品が日本メーカーの苦手な分野ですから、こういう商品が出ること自体びっくりですね。

なんにせよ、エプソンの思い切った決断が吉と出ることをお祈りします。

モノクロインクだけのインクジェットプリンター、私も10年以上前に使っていました。(当時はCRT一体型のPC-9801CSとキャノンのものでした。10vではない据え置き型でした)

私は昨年末に家電店の特売で買い求めたキャノンのPixus iP2700を使っていますが、廉価版だけにタンクはヘッド内蔵型で小さく、独立インク式の倍以上の価格です。さすがに黒インクだけは独立ですが…

エプソンがモノクロプリンターを再開すると言う事で、私も期待したい所です。
因みに、エプソンダイレクトでは予約受付中の様です。どうやら「ビジネスインクジェット」の中にあるみたいです。

----------------------------------------

そうそう、私が運営しているBLOGで非常事態が発生しました。しかも、私が一番恐れている事が…。
昨年秋に他人のサイト2件で暴言を吐きまくるあの凶悪出品者が再び暴れ回る様になりました。
今度は「Miraジーノ」と名乗っています。(以前は「ah」と名乗った)しかも、私の本名を暴露して中傷されました。まるで私が全て悪い事をしているかの様なもので。取引で得た個人情報を悪用すると言う事で、非常に許し難いものです。

それを知ったのは暴言を書き込まれたBLOGの管理者からのメールです。念の為にと言う事でIPアドレスも添えられていました。
その連絡を受けて急遽出入り禁止にしてやりました。調査の結果、固定IPの様子ですので、出入り禁止処分には好都合です。

アクセス解析を調べると、自転車関連の工作で情報集めしていた様です。その際に私のBLOGに当たり、侵入したのでしょう。その記事は自転車を買い足した時のものです。

ついでに言うと、メールにあったIPアドレスで新事実が判明しました。何と、当初神奈川県在住だと思われた凶悪出品者は東京都でした。IPひろばで検索して判明したものです。確かに奴が扱う品の商品ページに記載されている発送地域は神奈川です。そして、住所は何故か郵便局の私書箱。それが神奈川県のものだったのです。

奴が扱う品は全て秋葉原でしか入手出来なさそうなものばかりなので、東京在住者であれば簡単でしょう。単なる転売屋ですが…。
やはりネットオークションにおける私書箱取引は危険極まりませんね。
しかも、私書箱は出品者自身の氏名と住所を隠蔽する目的である事は明白になりました。
あの凶悪出品者は罪の意識が無いのでしょう。

本当にやばくて仕事に支障が出そう…。このコメントを書いている時は既に胃がむかむかしている状態です。

こんにちは、Mira-Quoreさん。

私はCANONばかり使ってます。一度エプソンを買ったのですが、インクヘッドが目詰まりして使えなくなったため、インクヘッド交換可能なCANONを選択してしまいます。

それにしてもまだ例の出品者に振り回されてるんですか。なかなかえらいことになってますね。

もう放置しておくしかないですね。気にはなりますが、時が解決してくれるのを待つしかありません。難しいですが、気にしないようにするしかないですね。

先日書いたコメントでの追加情報を…。(前回のものと一部重複します)

この前奴が書いてくれた暴言は私がそのBLOGへのコメントを投稿するのを悪い事だと思わせる様な内容です。しかも、奴の行動がそのBLOGのコメント受付停止に至った原因であるにも拘らず、その責任を全て私に押し付けると言うとんでもない考えが現れています。
思わず「特定のBLOGにコメントして悪いんだが?ヤフオクと関係無い所で偉そうな態度取るなじゃ!!」なんて怒鳴りたくなります。

実際の所、オークションで落札者から悪い評価を付けられた際、奴は何かと言い訳で貫く位の事ですから…。私以外の落札者で問題点を指摘した人達は相当やばい思いをしたのでしょう。

それにしても転売屋の癖にオークションとは無関係のサイトに乱入しては私からのコメントに対して中傷すると言う考えが未だに分かりません。

http://rating9.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=quequekyorochan&filter=-1
このURLが奴の悪評価です。一覧の最初に出ているものが私のものですが、この前IDを削除したので何も出ません。
しかし、その後は奴が言い訳した為に落札者が批判する内容があります。
奴が都外郵便局の私書箱を使っているのを理解に苦しむ言い訳で逃げる言動もあったりします。
因みに私の場合も同様のもので、様々な問題点を指摘したにも関わらず訳の分からない言い訳をされた挙句に誹謗中傷もやりやがる訳です。他の人達にも中傷する様な内容もあるみたいですが…。

先日の暴言もあの時運営していたLED研究所のリンク集を引き続き悪用しているのは確実でしょう。おまけに取引で得た個人情報も悪用ですから、最悪な人間です。

今の所、他のサイトには被害は無い様ですが、今後もアクセス解析の確認やサイトを実際に見る等で監視の目を光らせています。

実は中傷コメントを書き込まれたBLOGの管理者からIPアドレスは受けており、奴が利用している接続業者も判明しています。
よって、私のBLOGで初めてアクセス規制を掛けたのは奴のIPアドレスです。
IPひろばでの調査の結果固定IP(代表的なものはNTTの回線)の可能性が高いのですが、念の為に特定のホスト名での規制も行っています。

万一奴が再び何処かのサイトで私の実名を挙げて中傷する様な言動をするのであれば最低でも奴が利用している接続業者に通報する事にしています。
奴に対して強制解約されれば悪質な転売とサイト荒らしは二度と出来まいと言う事で…。(15年以上も同じ接続業者を利用しているらしいが…。)

前回のコメントの時からは奴が暴走している痕跡は無い様ですが、リンク集を悪用された事から油断は禁物と言う事で毎日の監視活動は欠かせませんね。

こんにちは、Mira-Cuoreさん。

その転売屋とは、Mira-Quoreさんの実名をさらしているわけですから、すでに個人情報保護法違反になりますよね。

例えばこちらのブログに該当するコメントがくれば、同じく@niftyなどに通報することになるだけでしょう。

なので、あまり気になさらずとも大丈夫ですよ。今のところへんなコメントは(ないわけではないですが)来てませんし。

また電子工作ブログ、のぞきにまいります。楽しみにしてますね。

[また動きがあったので追記]
先日の転売屋による個人情報を悪用した暴言ですが、昨日トラブルのきっかけとなったYahoo!に知らせてみました。
と言うのもYahoo!JAPANの利用規約にはオークションの取引で得た個人情報を取引以外の目的で使うのを禁ずるものがあります。それに因んで通報した訳ですが、Yahoo!の対応は消極的であり、たらい回しの対応でした。
又、あの暴言は私の本名を挙げて特定のBLOGへのコメントを悪い事と思わせる様なものですが、住所等は記載しない事から名誉毀損等の犯罪には該当しないらしいと言う情報も得ました。

そこで、BLOG管理者からの連絡に記載されていたIPアドレスを基にしてIPひろばで検索した結果、奴が利用している接続業者も判明したと言う事で先程接続業者に連絡しました。又、投稿を受けたBLOGの管理者にも連絡を行いました。突然では申し訳ないですからね…。

そういえば、Yahoo!にはオークショントラブルについて昨日のものも含めて3度も通報しましたが、全て対応は生温いものばかり。恐らく初回は転売屋が奴が得意とする「言い訳」で貫き通したのでしょう。

一応私のBLOGには管理者からの連絡にあった奴のIPアドレスを基にアクセス拒否の対応を実施しましたが、奴が侵入を試みて拒否された事で他のサイトに暴言をぶちまける可能性も捨て切れませんからね。
Yahoo!が嫌がるのなら接続業者の対応には期待したい所です。

こんにちは、Mira-Quoreさん。

確かにヤフオクで知りえた個人情報を不正に使ってはいけないというのは当然といえば当然です。困ったものですよね。

しかしYahooができることもせいぜい登録抹消することくらいでしょうし、仮に抹消したとしてもまた別IDででてくるでしょうからね、きりがありません。

IPアドレスが明確なら、アクセス拒否はやりやすいでしょうから、接続業者側での対応は取りやすいでしょうね。まずはそこに期待するしかありません。

@niftyだと、一度スパム扱いされるとかなり強固にはじかれるようなので安心ですよね。そういえば以前Mira-Quoreさんのコメントも自動ではじかれてましたが、そういう手違いはあるので注意は必要ですが、ある意味強固な証拠ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/50775995

この記事へのトラックバック一覧です: エプソンがモノクロインクジェットプリンター発表:

« iPad miniも登場か? | トップページ | 日本の大学生の卒論が米国物理学会誌に »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ