« CES 2011でのタブレット・フィーバー | トップページ | ”Angry birds”を攻略中 »

2011年1月 8日 (土)

USB端子にご用心!

いつものようにメインPCの電源を入れて、iPod touchやiPadのバックアップでも取ろうと、iPod用ケーブルをUSB端子につないだのですが。

今日に限って、ケース前面のUSB端子ではなく、先日増設したUSBボードの端子につなぎました。

その直後のこと


あれ?


なんか臭いぞ・・・



てか、煙出てるし!!!

Img_1440

そうです、USBボードがあっけなく昇天しました!!!

コネクタの根元部分の黒い絶縁がところどころはがれて、銅色の配線が見えてます。

写真の一番右のコネクタのみなぜか生きてましたが・・・怖いのでボードごと廃棄することに。

それにしてもなぜ突然こんなことに??


原因はUSBコネクタの逆挿しでした。

Img_1442

本来はこの向きに挿さないといけませんが・・・

Img_1445

こういう向きに挿してしまいました。

するとボード側の白い爪部分が持ち上がり配線がコネクタ内側の金属部分と接触しショートしたようです。

Img_1439

ボードをはずした直後の写真です。

一番右側のコネクタの中だけ、なんだか浮き上がってますよね。

この白い爪部分が奥の方で折れて、浮き上がったようです。

このボード、よくOEM版Windows 7と抱き合わせで売られている980円の安物USB 2.0ボード

安物ゆえに、こういうところが脆いようです。

USB端子が足りなくなりつい買ってしまったものですが、まさかこんな落とし穴があるとは・・・

もっとも、高かろうが安かろうがUSBの逆挿しは危険ということには変わりありませんね。今回身にしみてよくわかりました。

HDDのコネクタを半挿ししてドライブを昇天させたことはありますが・・・あの時は煙までは出ませんでした。

この一件は一つ間違えれば火事になりかねません。

幸い他の機器類に影響なし。KTV-FSUSB2が一つささってましたが問題なし。

ただ煙が上がった瞬間、Windowsが再起動(というより強制リセット)しましたが・・・こちらも問題なく動いてます。

一番の問題は、まだ部屋がプラスチックのこげた臭いで臭いことくらいです。

これくらいの被害で済んでよかった。

USB端子にはご用心!

BUFFALO PCI Express x1用 USB3.0対応インターフェースボード IFC-PCIE2U3

« CES 2011でのタブレット・フィーバー | トップページ | ”Angry birds”を攻略中 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

安物ですね・・・

通常であれば5V系はUSBの供給能力の上限500mAを目安に
ヒューズが入っているはずなんですけど。。

多分、電源から直で5V系がつながっていて、ショートした瞬間に電源の供給能力を超えた電流が流れ込んで電圧低下でPCがリセットしたんだと思います。

おそろしや・・・

こんにちは、nakaさん。

普通はヒューズが入ってるんですか?まあ、そりゃそうですよね・・・

本体が逝ってしまわなくて、幸いでした。

OSと抱き合わせで売ってるようなものだったので、なんとなく不安は抱いてましたが、まさかこういう結末になるとは思いませんでした。あまりけちけちしちゃいかんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/50528525

この記事へのトラックバック一覧です: USB端子にご用心!:

« CES 2011でのタブレット・フィーバー | トップページ | ”Angry birds”を攻略中 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ