« ASUSはやっぱり「アスース」だそうで | トップページ | ソニエリが2月13日にXperiaの新機種発表 »

2010年12月23日 (木)

次期iPad用ケースのデカ穴の正体

iPad 2ndのケース写真流出の記事で、SDメモリカードスロットやUSB端子用のための切り欠きかと思っていたあのでかい穴の正体は、スピーカー穴かもしれないとのことです。

Engadget:iPad 2 features a thinner bezel, flat back, and chunky wide-range speaker?

今のiPadより高音質なものがつくんでしょうか?

元ネタはMacお宝鑑定団Blog:大型スピーカーを搭載した「iPad (2nd generation)」は、2011年1月発売?のようです。

確かに、どう見てもSDメモリカードはささりそうにありませんね。

これを見る限りは、どう見てもスピーカー穴です。

そうなると、カメラがついて高解像度な液晶になること以外は、ほとんど今のiPadとおなじになるんでしょうかね・・・

背面のカメラはとても使いやすいとはいいがたい気がします。

液晶サイズは、どうやら現行とほとんど同じ。7インチにはならないんでしょうかね?

もっとも、iPadとiPad miniの2種類出るという可能性はないわけではありませんが。

1月、2月には何らかの動きがありそう。楽しみです。

Apple iPad Wi-Fiモデル 32GB MB293J/A

« ASUSはやっぱり「アスース」だそうで | トップページ | ソニエリが2月13日にXperiaの新機種発表 »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/50380805

この記事へのトラックバック一覧です: 次期iPad用ケースのデカ穴の正体:

« ASUSはやっぱり「アスース」だそうで | トップページ | ソニエリが2月13日にXperiaの新機種発表 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ