« EeePC 1215T 12月に国内発売 | トップページ | 新型iPadに5つの新機能 »

2010年11月27日 (土)

SoftBankでiPad 3G+Wi-Fi版が実質無料に(ただし2年縛り)

iPadの3G+Wi-Fiモデルですが、16GBモデルでは月月割りが適用されると実質ただになるそうです。

GIZMODO Japan:【速報】3Gモデルが実質タダに! ソフトバンク12月3日より「iPad for everybody」キャンペーンを開始!

12月3日、つまり来週の土曜日から開始です。

本体価格が若干安くなり、16GBモデルで58,320円。24回分割で月々2,430円。これに月月割りが2,430円なので端末代は実質0円。

毎月4,725円で使い放題ということのようです。

一方でiPad Wi-Fiモデルの分割払いは消滅する模様。

iPadの販売数も落ち込み始めたのがきっかけかもしれませんが、もしかすると”iOS 4.2”が直接の引き金かもしれません。

というのも、iOS 4.2には日本の技適マークがついてくるからです。

ということは、これまでは違法とされていた海外のSIMロックフリー iPadを使うことが、iOS 4.2を入れれば合法化されてしまうということに

ちなみにexpansys.jpでSIMロックフリーのiPad 3G+Wi-Fi 16GBの値段は62,143円。送料はおそらく2,000円か。

expansys.jp:iPad 3G+Wi-Fi 16GB

これに日本通信のb-microSIMあたりをつけてしまえば、低価格な3G iPadの出来上がり。速度は遅いが、エリアは広く、値段も安め。

SIMロックフリーのiPhone 4がかなり高価なことを考えると、おなじSIMロックフリーでこの価格はかなり魅力的。SoftBankのプリペイド版iPadは61,800円ですから、ほとんど差がありません。

これじゃ、SIMロックだから安価というSoftBankの主張が覆されかねませんよね。

今回の値下げは、これが背景にあるのかもしれません。

私はWi-Fi版 iPad+モバイルWi-Fiな組み合わせですが、もし3G版を買うなら・・・やっぱりexpansys.jpにしてしまうかもしれません。

なにせ本家のアメリカでもSIMロックフリーなのに、なぜか日本だけSIMロックというのは納得がいきません。ただそれだけの理由です。

とはいえ、SoftBankの今回の措置で3G版iPadがお求め安くなったのは事実。選択肢としてはありですね。

(追記)

書き忘れてましたが、これ12月3日から来年2月28日限定だそうです。

ということは、いよいよ・・・2月までに新型登場か!?

« EeePC 1215T 12月に国内発売 | トップページ | 新型iPadに5つの新機能 »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/50139553

この記事へのトラックバック一覧です: SoftBankでiPad 3G+Wi-Fi版が実質無料に(ただし2年縛り):

« EeePC 1215T 12月に国内発売 | トップページ | 新型iPadに5つの新機能 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ