« TMPGEnc 4.0 Xpress体験版 | トップページ | EeePCでMovieStyle体験版使ってみた »

2010年1月30日 (土)

EeePCでTMPGEnc 4.0 Xpress体験版動かしてみた

TMPGEnc 4.0 Xpressを今度はEeePCで動かしてみました。

Pentium-Dual Core E6300で16分程度の動画エンコードに18分近くかかってるわけですから、Atom N270のEeePCでやって無事ですむはずはありませんが・・・

Tmpgeee01

早速問題が発生してます。このソフト、明らかに1024×768以上を要求してますね。このとおり、画面の下がやや隠れてしまいます。

カット編集の画面で「OK」が押せなくなる以外は、なんとかこのままでも動かせますが、できればスクロール表示になりますが1024×768表示にしておいたほうがいいでしょう。

エンコード条件は先の記事と同じ、Mpeg4 H.264の320×240。ネットブック相手に2パスエンコードさせました。

Tmpgeee02

なんか残り時間が3時間とかいってますが・・・元データは16分ですよ。

Tmpgeee03

実際にかかった時間は1時間20分。つまり、実時間の5倍強です。もし1時間の動画なら5~6時間かかるということになります。

ネットブックで動画エンコードなんてやるもんじゃありません。高速CPUのマシンを買いましょう!おしまい。

・・・というのが一般的なパソコン雑誌の論調

でも、もし週に一度程度録画したデータをエンコードするだけだったらこんな速度でも十分使えます、というのが私の意見です。

一晩あれば変換できてしまうんですからね。1時間待つのも、6時間待つのも、寝てる間にやらせればそんなに問題ありません。電気代だってネットブックなら知れてますし。

Pentium III 500MHzを使ってたころは、しょっちゅう一晩がかりでエンコしてました。

無論、頻繁に使う人にはネットブックでエンコードなんてお勧めできません。でもたまにしか使わない人が、わざわざ高いノートPCを買ったり、場所をとるデスクトップを選択するのは果たして賢い選択でしょうか?ということです。

エンコード用PCと持ち歩きようネットブックを買うなんて、私のようにパソコン購入が趣味でもない限りお勧めできません(笑)。たいていもてあまします。なによりも、お金がかかってしょうがない。

よくCULVなど、ネットブックの一段上のノートをお勧めする雑誌・ネット記事を読むと「ネットブックにわずか1万円加えるだけで格段の性能が手に入る」なんて書いてます。

が、今のご時世「1万円」は馬鹿にできません

1万円あればソフトが1本買えます。こうした記事も裏を返せば「パソコンソフト1本買うのをやめてでも高いPCを買ったほうがまし」といってるようなものです。

パソコン、OSはソフトを動かすための土台に過ぎません。良いに越したことはありませんが、そこにすべてをかけてしまっては、せっかく大金出して買ったのにガソリン代が出せなくて乗ってない車のようなもの。本末転倒です。

パソコンとOSはできるだけ安く買い、その分ソフトにかけるべきでしょう。

未だにソフトの不正コピーがなくならないのは、ハードにお金をかけすぎてる人が多いのが一因かもしれません。

ネットブックを一晩もつけっぱなしで大丈夫?と思われますが、EeePCを真夏に1週間つけっぱなしというのをやったことがあります(EeePC 1000H-Xでかいわれ大根栽培(収穫編)など参照)

コンピュータなんてつけっぱなしで使うもの、なんて極論を言う人もいますからね。ワークステーションやサーバーなんかは確かにつけっぱなしにしてます。

・・・だんだん本題から離れてしまいましたが、要するにネットブックだってのんびり構えればエンコードさせることは可能、ということ。これを許容できれば、なにも高いPCを選択しない手もありますよ、という話でした。

« TMPGEnc 4.0 Xpress体験版 | トップページ | EeePCでMovieStyle体験版使ってみた »

コメント

>せっかく大金出して買ったのにガソリン代が出せなくて乗ってない車

それなんてレク・・(略
こんにちは。私も、ARMプロセサのモバイルマシンを買ったつもりでEeePCを使っていますが、デスクトップでできる仕事がEeePCでもできる(?)というところが、もう尊敬します。

WinMobile機やハンドヘルド機ではエンコードの類をやらせようとも思いつきませんが、いざやってみるとプロセサよりメモリが足りなくて実行すら出来ないことが多いです。(デコードでも)

でも、EeePCなら時間は掛かっても「可能」なんですね。ソフトの最低解像度制限も、1024x768モードにしてやれば回避できるのも、考えられていると思いました。
ラジオをラインインで録音しながらmp3にエンコードする使い方をよくしていますが、こちらはまだまだ余裕がありました。

 パワーユーザーならネットブックを2台以上お持ちでしょうから、2番組ぐらいなら一晩でエンコードできますね(*゚▽゚)ノ

こんにちは、Akiraさん。

昔は今のネットブックよりひどい性能のマシンでエンコードしてましたからね。当時ならこれでも感動ものです。

まったくできないのならともかく、一晩あればエンコードできてしまうのなら、頻繁に使う人でなければありかと思います。

それよりはソフトにお金をかけるべきでしょうね。パソコン買ったものの、OSとおまけソフトしかなかった、ではあまりに寂しいですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EeePCでTMPGEnc 4.0 Xpress体験版動かしてみた:

« TMPGEnc 4.0 Xpress体験版 | トップページ | EeePCでMovieStyle体験版使ってみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ