« Atomプロセッサ搭載2足歩行ロボット | トップページ | NetWalker PC-Z1でVNCビューア »

2009年10月 6日 (火)

CEATEC JAPANで工人舎 PA展示 など

CEATEC JAPANなるイベントがやっているらしいです。

そこに工人舎が気になるミニPCを出しているそうです。

PC Watch:工人舎が約400gのコンバーチブルUMPCを展示

10月3日にPMを出したばっかりだというのに、またまた小型PCを出してくるみたいです。

Atom Z520 (1.33GHz)、メモリ512MB、32GB SSD、Windows XP搭載、4.8インチタッチパネル液晶(1024×600)、重量は約400gとほぼNetWalker PC-Z1並み。

なんだかPMと差別化が難しいんじゃないかと思いきや、液晶は回転式、ワンセグも搭載と、機能的にはPMより上のようです。

これだけ盛りだくさんだと、価格が気になるところですね。

来年あたりはネットブックより小型のPCがはやるんでしょうか?この勢いにのって、NetWalker PC-Z1も売れてくれるといいんですけど。

ところで、SONYもVAIO Xを展示しているそうですが・・・

PC Watch:ソニーが薄型モバイルノート「VAIO X」を展示

ただスペックに関しては未だ不明。じらさなくてもいいのに、なかなか本性を現しません。

でも果たしてVAIO Xははやるんでしょうか?どう見ても値段高そうだし、VAIO type Pのように一発芸で終わってしまわないといいんですが。

ところで、この本文とはあまり関係ありませんが・・・

http://akiba.kakaku.com/hobby/0909/25/230000.php

最近、上のリンク先や店頭などでWindows 7予約のポスターなどに出てくる「窓辺ななみ」なるキャラクター・・・

なんか口がアンバランスに見えてしまうのは気のせいでしょうか?しかもどの辺が”自作パソコン応援キャラクター”なのか・・・

すいません、独り言でした。

« Atomプロセッサ搭載2足歩行ロボット | トップページ | NetWalker PC-Z1でVNCビューア »

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

コメント

この記事を見たとき正直、愕然としました。SSD32G、回転式液晶、ポインティングデバイス搭載、標準サイズのUSB端子と、PMでの不満点をすべて解消してるのですから…。PMをベースに拡張しているようですので、そのままプラス3万円位だろうと思われますが、無茶苦茶くやしいです。
VAIO XはSONYらしい製品で、価格もSONYプライスならば15万円程度からスタートじゃないでしょうか。噂通りのAtomマシンならばはっきり言って、初動のみの一発屋で終わる可能性大ですね。
7つながりで、あの水樹奈々さんを起用してしまうところが、広告代理店ぽくて馬鹿馬鹿しいですが、プリキュアの髪留めをつけた(桃色がありませんが、誰が見ても想起するはず)「窓辺ななみ」なんてキャラまで創るとは。思いっきり購入対象ユーザー絞っちゃってますよね。どうせやるなら、痛PC作成キットとしてデカールでもつければ良かったのに。

こんにちは、passoさん。

この商品も売れそうな予感ですね。でも各ネットブックメーカーも追従してきそうな気がします。PMをしばらく使いつつ、安くてもう少し使いやすい機種が出るまで様子見かもしれませんね。

それより、シャープのNetWalker PC-Z1に追従するものが出てくるかどうかが微妙ですね。こちらは不発に終わりそうですが、なにかキラーソフトが出るとか、値段が2万円以下になるとかがあればブレイクするかもしれません。

この窓辺ななみ、最初「窓際ななめ」に見えてしまい、ずいぶんとブラックユーモアに走ったなあと感心していたのですが、よく見たらあまりに普通だったので憮然としてしまいました(笑)

しかしMS社も金をかけているわりにしょぼいキャラクタを承認したものです。もう少し広告代理店に文句を言わなかったんですかね。それとも、想像力が及ばなかったのか・・・

こんばんは。
本日、CEATEC JAPAN2009へ見学に行ってきました。

電気電子デバイス関連がメインでしたが、家電ブースにも行ってみました。どこも薄型テレビばかりで、去年ほど驚きはありません。

VAIO Xは見つけられずに帰ってきましたが、工人舎のPMは触ってきました。造りは非常に良いのですが、ドットピッチが狭すぎて苦しいです。

全体的に出展社数が減っており、通路が広くて歩きやすかったです。内容的には昨年の展示と変わりなく、交通費をかけて見学に行くほどのことでもありませんでした。出張報告書は・・・去年のCEATEC JAPAN2008の報告書を若干修正して提出です(爆。

こんにちは、Akiraさん。

うらやましいですね、CEATEC JAPANのようなイベント、私も一度は行きたいですね。私の場合、出張といえばLS-DYNAユーザー会というマイナー(?)なものや、名古屋モーターショーなどあまりコンピュータとかかわりのないイベントが多いです。

やはり不況の影響で出展社数が減少しているようですね。来年はまた盛り上がってくれるといいですが・・・

ところで、VAIO Xの仕様が判明しましたね。早速記事に加工化と思っているところですが、上のコメントでpassoさんもご指摘のとおり、やはりAtomでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/46415069

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC JAPANで工人舎 PA展示 など:

« Atomプロセッサ搭載2足歩行ロボット | トップページ | NetWalker PC-Z1でVNCビューア »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ