« EeePC 1000H-Xでかいわれ大根栽培(収穫編) | トップページ | IONプラットフォームEee Top ET2002T »

2009年8月18日 (火)

EeePC 1005HA発売

EeePC Seashellシリーズで唯一国内発売が取り残されていたEeePC 1005HAが8月21日に発売になるそうです。

Engadget Japanese:Eee PC Sheashell に10.2時間駆動の1005HA、国内限定色シルバーも

リンク先のタイトルで「Seashell」のつづりが間違ってますね。

Seashellシリーズといいつつも、重く分厚いモデルの1005HA。が、その代わりに10.2時間という駆動時間を誇ります。

重くなったといってもたかだか1.27kg。うちのEeePC 1000H-Xよりちょっと軽いです。これで10時間持つならいうことなしですね。

厚いことで、1008あたりでは2つになっていたUSB端子も3つに、VGA端子も変なアダプタを介さず直接つけられます。

ASUS EeePCシリーズの売りは、なんといってもバッテリ駆動時間の長さと静粛性。そういう意味ではこのモデル、EeePCらしいですね。

お値段は47,800円。9月には国内限定のシルバーも出るそうですが・・・別に白と黒で選べるなら文句はないですね。

EeePC 1000H-Xがありながらいうのもなんですが・・・ちょっと、いやかなりほしいですね、この1005HA。バッテリ駆動10時間というのがうらやましい。

これをSSDに換装してしまえばいうことなしですね。公称値ではなく、実働で10時間くらいいきそうです。

« EeePC 1000H-Xでかいわれ大根栽培(収穫編) | トップページ | IONプラットフォームEee Top ET2002T »

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、arkoujiさん。
ASUSはネットブックの正常進化、つまり着実に改善を図っていっている点で好感が持てます。MSIやacerは結局オイシイところだけつまみ食いで、ここにきてオーバーサイズ(ネットブックに対して)に手を出して中途半端な感じがしています。
世界的には王道ネットブックのASUS、 日本国内では独自テイストのSONYしか残らないような気がしています。(日本国内ではTOSHIBAが王道な気もしますが、どうもacerのようなネットブック市場つまみ食いな感じがします・・・。)

こんにちは。
EeePC 1005HA、バッテリー駆動10.2時間は魅力ですね。1008HAのバッテリー強
化版でしょうか?
私は1008HAを、(1)液晶がグレアタイプ、(2)本体に内蔵され取り外せないバッテ
リー、(3)SSD化が大変そう という理由で候補から外しました。指紋が付きやすそ
うなのも気になりました。

それにしても、ASUSはどんどん出してきますね。

こんにちは、souさん。
Acer、MSIも決して悪いわけではないですが、なにか中途半端ですね。
ネットブックがこれだけ普及した理由のひとつは、安いのに安さが感じられない、ということもあると思います。
これはEeePCのバッテリ駆動時間や静粛性ゆえだと思うのですが・・・Acerは本当に「安かろう悪かろう」に見えてしまいます。
といいつつも、AcerのAspireoneは本当に安いので、ファンが多いですね。私の周りでも買った人は多いです。使ってしまえばちゃんとしたPCなので、もちろん決して悪いことはないですね。
それにしても、とくにMSIはだんだん大きくなっていきますね。大丈夫かしらん。

こんにちは、mura74さん。
ASUSも一時期ラインナップを減らすと宣言したのに、いつのまにか元通りですね。ユーザーとしてはうれしい限りですが・・・
この1005、バッテリ駆動時間が売りですね。その分1002より1万円近く高いですが・・・
それにしても、だんだんとネットブックの主力が10インチに移ってきていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/45966289

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 1005HA発売:

« EeePC 1000H-Xでかいわれ大根栽培(収穫編) | トップページ | IONプラットフォームEee Top ET2002T »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ