« 痛ネットブック作成キット発売 | トップページ | Ubuntuリモートマシン構築2 »

2009年7月21日 (火)

アポロ月面着陸40周年

7月20日はアポロ11号が月面に着陸してちょうど40周年になります。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/090718/amr0907181024004-n1.htmにあるように、月着陸船の残骸が撮影されたりしてますが・・・

まあ、月着陸陰謀論を唱える人にとってはこれも「陰謀」で片付けるんでしょうが・・・まあそういうおばかは放っておいて。

アポロがその後人類にもたらしたものにはいろいろあるそうで、たとえば集積回路。重量制限の厳しい宇宙船にいかにして大型のコンピューターを載せるかを苦心した結果、考え出されたそうです。

宇宙船というとハイテクの塊に感じますが、意外に使われている技術はローテクなものも多いですね。

スペースシャトルのコンピュータは80年代当時のままらしいです。

またNASA公認の時計といえば、オメガのスピードマスタープロフェッショナル。ブランド品の時計を扱う店ならかならずありますが、大体値段は25万円前後ですね。

このスピードマスター プロフェッショナルはなんと手巻き式です。自動巻きではないんですね。

というか、NASAが公認しているのはぜんまい式時計ということになります。

でも理由はあって、宇宙空間って日のあたり方でマイナス何十度からプラス200度くらい変化する過酷な環境。電池式では持たないそうです。

しかもできるだけ簡素な装置のほうが故障しにくいということで、手巻き式が採用されているとのこと。

ぜんまい式でかなりの精度を要求されたようですが、これに答えられたのが唯一このスピードマスターだけのようです。

今でもNASA公認時計なんだそうで。船外活動時はこれをつけているようですね。

私にとってはロレッ○スはあまり価値が感じられません。やはりオメガ、これ最強です。とりあえずスピードマスターのプロじゃない(自動巻き)のを持っています。

ほかにも、NASAの月着陸といえばはずせない一品がこれ。

ゼロハリバートンのアタッシュケースです。

なにせ月の石を持ち帰るのに使ったというので有名なかばんです。頑丈さが売りで、ネットブック用ケースには最高ですね。ただ、値段がネットブック並以上しますが・・・これも何とか手に入れたい一品ですね。たまに楽天市場で安いのがぽんっとでてくるので、時々チェックしています。

なんだかアポロにかこつけて物欲丸出しですが・・・まあ小学生のころにアポロに関する本などを見て、いつかは宇宙に!と思っていた世代ですから、それがかなわぬゆえにアポロ関連グッズ(?)を手に入れることで紛らわしているという感じですね。

私が生まれた1971年はまだアポロ計画が続いていました。最後の月面着陸は1972年12月。かろうじて”アポロ世代”です。

個人的な願望は、また人類の月面着陸がなされること、火星探査が行われること、日本も有人宇宙船を建造すること、が果たされてほしいなあということですね。

« 痛ネットブック作成キット発売 | トップページ | Ubuntuリモートマシン構築2 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/45691313

この記事へのトラックバック一覧です: アポロ月面着陸40周年:

« 痛ネットブック作成キット発売 | トップページ | Ubuntuリモートマシン構築2 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ