« HT1100とEeePC 1000H-XをBluetooth接続 | トップページ | Eee Keyboardお披露目 »

2009年6月 8日 (月)

戦艦大和のプラモデル

最近、クローゼットからこんなものを再発見しました。

Dsc01411

戦艦大和のプラモデルです。スケールは250分の1。

こいつが結構でかい!!

Dsc01412

大和って全長が263mだったそうなので、1052mm。箱はさらに100mmほど長い。

おかげで全部出すとこんな感じです。

Dsc01413

6畳の部屋半分を埋め尽くすくらいになります。

船体部分だけを仮組みさせてみるとこんな感じ。

Dsc01414

これ、以前結婚祝いと知り合いからもらったもの。これをみていただければ、なぜ未だに作らずにおいているかがよくわかりますね。作る場所、置く場所がありません

それにしても大和って、長さよりもとにかく幅が広い戦艦ですね。これは世界最大の46cm砲を搭載したためだそうです。普通の船と同じ長さ:幅比にしようとすると、全長が290mにもなり、作れるところがなかったそうです。

同型艦に武蔵、信濃(空母になってますが)がありますが、ひとつ残らず活躍しないまま終わってしまいましたね。

この「大艦巨砲主義」の代表のような大和を見ると、つくづく思うのが今のパソコン業界。

いや、Vistaが「大艦巨砲主義」だといいたいのではありません。時代が戦艦から空母による戦いに変わった節目に登場した大和と、今のパソコン市場が重なって見えるというだけです。

これまでは20万円もの値をつけて売れば儲かる業界でしたが、昨年あたりからネットブック登場、そして昨今もCULVノートの登場で10万円以下のPCが当たり前になりそうな情勢になり、翻弄されているメーカーもちらほら。

またOSやアプリも、多機能できらびやかな概観より、軽快に動作するものが望まれる時代。

10月にでるWindows 7は軽快になったと評判ですが、正直言うとXPより軽いものを作らないといけないご時勢なのに、「Vistaより軽くなった」と喜んでいる場合じゃないでしょう、と思うのですが。

60年以上も前に、2,740名もの命と引き換えに歴史的教訓を残した大和。時流を読めないことで起こる悲劇が、パソコン業界で繰り返されようとしている気がしてならないのは私だけでしょうか。

ところでこの大和、楽天市場では7,203円で売ってますね。場所と腕がある人はいかがですか?

« HT1100とEeePC 1000H-XをBluetooth接続 | トップページ | Eee Keyboardお披露目 »

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。更新されるのをいつも楽しみにしています。

うわぁ。同じやつ持ってます!
しかも,同じ状態ですw がんばって作ってみようかなーと思いました。

こんにちは、よう さん。
がんばって作ってみてください。私の場合、作るとうちの子供の猛攻撃にさらされそうなので、残念ながら作れそうにないですね。
子供のころ、このサイズの大和にあこがれたのですが・・・そう思うと、作りたいですね。

大和カッコイイですね~(^^)
しかも1/250ですか!
私はタミヤの1/350を製作した事がありますが
(しかも、大和+武蔵の2隻!)
空母 信濃も製作しましたよw

ちなみに、帝國海軍の艦船で一番好きなのは長門だったりします(笑


しかし、確かに大鑑巨砲主義と航空主兵との関係はPCでも同じ様な流れですね(^^;


特に、タワー型PCとノートPCのシェアは。。。(笑

こんにちは、のりゅーさん。
やはり1mというのはかなりでかいですね。がんばれば、Ionプラットフォームくらいのマザーなら内蔵できそうです。
世界初 Windows内蔵 大和、というねたもありかも(笑)
それにしても、私もAntecのケースを買った時点ですでに”大艦巨砲主義”まっしぐらですね。
長門は戦後、核実験の標的に使われたそうですが、2発の原爆を受けてようやく沈没したという話が残されています。
ちなみに私が好きだったのは駆逐艦 雪風だったりします。大和とともに出撃して、一発も弾が当たらなかったらしいですからね。恐るべき強運艦です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/45263578

この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦大和のプラモデル:

» フジミ模型とプラモデル通販 [フジミ模型deプラモデル通販]
プラモデル好きなあなた、「フジミ模型」ってもうチェックされましたか?わたしの周りで話題になっている、かなり優れものの模型制作会社です。フジミ模型のプラモデルはかなり精巧に出来ていて 玄人受けのするプラモデルが多くあります。特に「戦艦」シリーズは作る醍醐味に加え作った後の充実感は快感に近いものがあります。 また、静岡市には「フジミ模型」「タミヤ」などがありプラモデル好きにはたまらない地域です。 なかでも「フジミ模型」は小さい工場ながら自動車・航空機などのプラモデルも作っていてな...... [続きを読む]

« HT1100とEeePC 1000H-XをBluetooth接続 | トップページ | Eee Keyboardお披露目 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ