« QRS-UT100セットアップ続き | トップページ | La Fonera購入の動機 »

2009年5月 3日 (日)

QRS-UT100Bセットアップ続き2(RecTest設定)

QRS-UT100Bセットアップ(TS抜き)QRS-UT100セットアップ続きと続いたこのシリーズ(?)ですが、ちょっと展開がありました。

昨日の記事では予約録画時にチャンネル切り替えがうまくいかない、と書きましたが、なぜかうまくいくようになりました。

理由は・・・実はよくわかっていません。

何をしたかというと、

(1) TVRockの視聴、録画ソフトを「RecTest.exe」にした

(2) 「TVTest」のフォルダに「EpgDataCap2.dll」を入れた

これは、RecTestの設定で呼び出すようにしています。設定は後述。

(3) DVD再生用にWinDVD 8をインストールした

このとき「Visual C 2005ランタイム」もインストールされました

(4) ついでにffdshowの最新版をダウンロード&インストール

(5) するとなぜかTVTestが「Directshowが~」というようなエラーメッセージを出して画面が表示できなくなったので、TVTestの設定で、デコーダを「デフォルト」(なぜか空になっていた)にした

・・・という感じで進めたらなぜかチャンネルの切り替えも、予約録画もうまくいくようになりました(まだ不具合がありますが・・・これはまた後述)。

特に(3)(4)はTVRockのためにやったわけではないのですが、結果的にこの後(5)のような事態になったので、何か意味があったのかもしれません。

最初の記事で紹介したCCCPというデコーダは入れないほうがよかったのかもしれませんね。DVD再生ソフトがあれば、そちらを使ったほうがいいということなのかも知れません。

今回、録画用ソフトをRecTestに変えましたが、当然これを使うには設定が必要です。

まずRecTest側の設定。

RecTestをただ立ち上げただけでは受信できません。エラーが出ます。

そこで、最初の起動後に設定を行います。

Rectest01

左端あたりで右クリックすると、こんなメニューが出ます。この中の「設定」を選びます。

いくつかタグが出てきますが、いじったのはこの2つ。

Rectest02

まず「一般」で、ドライバは上のとおり「BonDriver_HDP2.dll」を選択。カードリーダーは「なし(スクランブル解除しない)」とします。ほかはデフォルトのままです。

Rectest03

続いて「EPG」。必要かどうかはわかりませんが、ここで「EpgDataCap2.dll」としておくといいらしいです。元々はmakkyさんからのコメントからの情報で、いろいろたどってみると、番組情報取得時にEpgDataCap.dllのままではうまくいかない、とのことらしいので、ここを変えました。

とりあえず、番組情報の取得や録画はうまくいくようになりました。

しかし、未解決の問題もあります。

2ヶ国語など多重音声の番組を録画すると、録画データの音声が出ないというものです。

これはRecTestに録画ソフトを変えたら、再生すらできなくなりました。

困ったものですが、なぜかRecTestで録画した(再生できない)データを「Movie to Portable」に放り込んだら変換を始めました。プレビューを見る限り、データは入っているようです。

これでうまくいけば、再生ソフトの問題で片付くかもしれませんが・・・ちょっと不可解ですね。

この状態で、もうしばらくテストをして見ます。

それでもこの2日でだいぶ進展しました。”背水の陣”で望むため、今まで使っていたBUFFALOのDT-H30/U2を明日中古やに売ってきます。

こちらではQRS-UT100Bは7,980円。まだメーカーは生産中止してませんね。絶賛発売中です。

« QRS-UT100セットアップ続き | トップページ | La Fonera購入の動機 »

QRS-UT100B」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
設定がかなり進んだみたいで、良かったですね。
設定が上手くいかないと、かなりのストレスになりますが、視聴録画が成功した時の喜びは、その分大きくなったりもします。
二ヶ国語放送の再生不具合の件ですが、まだ二ヶ国語放送を録画してないので、もしかしたら私も同じ不具合があるのかもしれません。
再生は、Playerを変えると良くなり時もあるみたいですね。
ちなみに私は、最初デフォルトでGOM Playerを使ってたのですが、映像と音声がずれてしまい、コマーシャル時には全ての音声が出なくなる不具合に遭遇しました。
ネットであれこれ調べると、地デジのTSファイルは、Media Player Classic英語版を使うといいみたいで、実際使ってみると、先の不具合が解消し、Media Player Classic自体の動作もとても軽くて、とてもいい感じになりました。

こんにちは、makkyさん。
Media Player Classic試しましたが、音は出ませんでした。
ただ、makkyさんの「TSファイルは・・・」という言葉が解決の糸口になりました。多重放送で音を出させるのに成功しました。
結論から言うと、音声はちゃんと録画されているようで、ただTSファイル取り扱いの問題のようですね。おっしゃるとおり、Player側に問題がありました。
夕べ、これを通常のPlayerでも再生できるようにするアプリを見つけました。
また詳細は記事をアップします。

お久しぶりです。
arkoujiさんがお使いのQRS-UT100B…ではなくKEIANのKTV-FSUSB2をIYH!しました。無事TS抜きもできたようです。これからこの記事を見て予約録画に挑戦してみます。うまくいったら報告させていただきます。

こんにちは、Tzさん。

おお、手に入れちゃったんですね。私も先ほど注文しました。ちょうど記事を書いたところです。

またレビューなどお願いします。私も入手し次第、がんばって使ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/44883721

この記事へのトラックバック一覧です: QRS-UT100Bセットアップ続き2(RecTest設定):

« QRS-UT100セットアップ続き | トップページ | La Fonera購入の動機 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ