« TMPEGEnc Autoring Works 4試行中 | トップページ | 新型マザーボード組み込み »

2009年4月17日 (金)

新マザーボード購入

さて、今の私の自作PCはASUSのP5VDC-MXというマザーボードを使っています。

その上、サブマシンはASUSのEeePC 1000H-XというASUS絶対王政が続いておりました。

まさに「ASUSにあらずんばPCにあらず」という、平清盛も思わず秋葉原でASUSのマザーを買わずにはおられないくらいの権勢を誇っておりましたが・・・

今日思わず買ったマザーボードはこれ。

Dsc01305

チップセットのヒートシンクに怪しく光る「GIGABYTE」の文字が!!

そうです、GIGABYTEのマザーを買ってしまいました

本当はASUSのP5KPL-CMを買いに行ったのですが・・・思わず安さに負けてしまいました。お値段5,980円。刈谷にあるグッドウィルで買いました。

GIGABYTEのGA-G31M-ES2Lというマザーです。Micro-ATXです。

ちなみにその横にある青いプチプチにくるまれている物体はSeagate製 1TB HDD ST31000333AS。こちらは8,280円。

CPUなどは買っておりません。今のPentium-DualCoreを使いまわします。

それにしても、なぜわざわざマザーボードだけを買い換えたのか?と疑問に思われる方は多いかと思われます。

実は前々から今のマザーボードを引っぺがしたくてしょうがなかったからです。

理由は、今のマザーボード、なぜかPCIバスが使えないんです。

PCI Express X16ではありません。ごく普通のPCIバスです。

理由はわかりませんが、とにかく挿すボード挿すボード、まるで認識しません。

P5VDC-MXというのはちょっと変わったマザーで、DDRとDDR2メモリの両方が使えるというのが売りです。AGPも使えます。

でもその代償がPCIバスだったというわけです。VIA製のチップセットなんてつけているからだめだったんでしょうか。

前回のマザーボードはMSIでしたが、こちらはIntel製チップセットにもかかわらずB's Recorder Goldが動かないなど、光学ドライブ系のソフトがほとんど動かないというトラブルを抱えておりました。おかげで二度とMSIなんて買わねー!!という誓いをたてる羽目になりました。

2代続けてはずれを引いていたわけです。

しかしPCIバスなんてなんに使うんだ、と思われるかもしれませんが、実はアナログキャプチャーボードとIEEE1394ボードが使いたいんです。おかげでVHSテープのDVD化も出来ず、DVカメラのキャプチャも出来ず・・・

本当は次こそAMDにしたかったんですが、今回のマザー購入で、次はCore2Duoを買うことになりそうです。

マザーを変えるとXPは起動しなくなるので、これを機会にOSの再インストールをすることになります。ならばHDDも買ってしまえというわけで買ったのが1TB HDDです。

こちらも本当は32GB SSDを買おうと思っていたんですが、売り切れていました。

XP以降、上書きインストールが効かなくなったので、OSの再インストールをするとドライブをまっさらにされます。なので、OS専用のドライブというのをそろそろ作りたいと思っていたんですが、残念ですね。せっかくなんで、1TBをチョイスしてみました。

これだけの容量ともなると、いざ故障したときのダメージが計り知れません。

なので、今のメインの640GB HDDをバックアップにまわします。サブの320GB HDDは予備役に後退します。

それにしても、今年はVAIO type Pといい、GIGABYTEといい・・・ASUS製品をまったく買っておりません。まずいですね。看板に偽りありです。

でも今回のマザー交換で、PCI Expressも使えるようになったのは大きいですね。いずれグラフィックボードではASUS製をチョイスしますか。

« TMPEGEnc Autoring Works 4試行中 | トップページ | 新型マザーボード組み込み »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

おっ!マザーボード更新ですね!
GIGABYTE、以前使っていた記憶です。
おかげさまでP5KPL-CM、無事使えております。
格安で今風の性能が手に入り満足しております。
助かりました。

しっかし、1TBとはすごい!。
動画編集の趣味のある方は大容量が必要なんですね。
私は160GBの中に50GBのパーテーションを切ってWinXpを入れています。笑

こんにちは、アンビンバンコさん。
私もGIGABYTEは一度使ったことがあります。特にトラブルなく動いてくれたのですが、青い基板にあちこちにロゴがあるデザインが安っぽく感じて、あまり好きになれませんでした。
しかし、青い基板も珍しくなくなり、GIGABYTEだけ浮いているデザインでもなくなってきました。なので、抵抗がなくなりましたね。
この1TB HDD、「500GBプラッタのST○○○HDD」と書かれた紙の横にあったのをとったのですが、帰ってみてみると333GBプラッタでした。周りより500円ほど高かったのですが、よく見ないで買ってしまいました。ああいう売り方はいけませんね・・・

おはようございます。

 新しいマザーボードは気持ちいいですね。
私も以前,Pen3-800MHzと一緒に購入したボードを使用した際,オーバークロック動作になっていたことがありました。CPUは適正CLKでしたがチップセットに負担が掛かって,頻繁にブルースクリーンが出てました.結局Pen3用の世代に買い直し,その後6年使いました.

 PCI-Eのビデオカードが増設できるということで、楽しみが増えますね^^.
ビデオキャプチャなら別にサウンドボードも必要なのではないでしょうか? オンボードは大抵マイクInですけれども,感度が高すぎてS/N比が取れないので,ラインInが付いているオーディオデバイスがあると便利です。

こんにちは、Akiraさん。
新しいマザーですが、なにせCPUもHDDも変わっていないので、あまり実感がありません。
が、今朝IEEE1394ボードとキャプチャボードをつけてみましたが、あっさりと認識。
キャプチャボードの音は確かめておりませんが、必要ならサウンドボードをさして見ます・・・といいたいところですが、この2枚でPCIの空きがなくなりました(涙)
Micro-ATXのつらいところですね。まあ、そんなに頻繁に使うボードではないので、そのときだけIEEE1394ボードをサウンドボードに付け替えるという技もありですね。
問題は、PCI-Eビデオカード&Core2Duo買いたい病にかかりそうなこと。困ったものですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/44701402

この記事へのトラックバック一覧です: 新マザーボード購入:

« TMPEGEnc Autoring Works 4試行中 | トップページ | 新型マザーボード組み込み »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ