« AcerからNVIDIA Ionプラットフォーム採用ネットトップ登場など | トップページ | EeePC 4G-Xの旅立ち »

2009年4月 8日 (水)

EeePC 1000H-XでWine (Wine HQで情報収集)

さて、昨日はOffice 2000を入れたものの、さっぱり動かずという状態でした。

今日はまた懲りもせず「Age of Empires II」をインストールしてみました。

結果は、インストールはOK。しかし、起動せず。

Dsc01284

この通り、インストーラは動くのですが・・・

情報収集をかねて、「Age of empires wine」とググって見ました。

するとたどり着いたのはこのページ。

http://appdb.winehq.org/objectManager.php?sClass=version&iId=147

読んでみると、どうやらWineのバージョン1.1.13で動いたと書かれていました。

「Configure Wine」で調べると、入っていたのは1.0.1。Synapticパッケージ・マネージャーでは最新版ではなく、Stable版が入っていたようです。

上のリンクを読んでみても、1.0.1では動かない模様。

そこで、このWine HQのページhttp://www.winehq.org/から、eeeXubuntu 8.10でのWine最新版(2009/4/8時点では1.1.18)インストール方法を調べました。

やはり、ターミナルからコマンドを打ち込む必要があります。

やり方は、http://www.winehq.org/download/debに載っている通りにやりました。

ターミナルを開き、

wget -q http://wine.budgetdedicated.com/apt/387EE263.gpg -O- | sudo apt-key add -

と入力。

次に、Ubuntu 8.10では

sudo wget http://wine.budgetdedicated.com/apt/sources.list.d/intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/winehq.list

と入力します。(8.04や9.04では若干違います)

次に、

sudo apt-get update

と打って、

sudo apt-get install wine

とすると、最新版のWineが手に入りました。

・・・が、相変わらずAge of Empires IIは起動せず。まだ何かやらないといけないようですね。

代わりに、Office 2000が立ち上がるようになりました。

Dsc01286

あの、シリアルNo.問い合わせの嵐はうそのようになくなり立ち上がりました。

画面はExcelです。この後セルに「=100+200」と打ち込むと、ちゃんと「300」と返ってきました。おお、クララが立った!!的な気分です。

ネットで検索すると、Wine上のOffice2000は日本語入力が出来ないとか、文字化けするとかいろいろいわれていましたが、なんら問題なく動きます。ちょっと日本語入力中がちかちかして見づらいですが、軽く触った限りでは問題ありません。

恐るべし新型、Wineは日々進化しているのがよくわかります。

このhttp://www.winehq.org/というサイト、要するにWineの公式サイトで、有志からのWindowsアプリの動作情報なども載っています。

また、WineってUbuntuなどのLinux系だけでなく、BSDやMacOS X用もあるみたい(と、このサイトのタイトルからは読み取れますが)です。

Xandrosで使えるかは、ちょっとわかりませんでした。Ubuntu、Debian、RedHat、Fedoraなど有名どころはhttp://www.winehq.org/downloadに出ていましたが・・・。

以下余談、いや、愚痴です。

まあ、わざわざWindowsがあるんで、Wineなんぞにこだわらなくても・・・とも思わなくもないです。

ただ、このままWindowsの独走を許してしまうのは、それはそれでユーザーにとってマイナス面が多いことをVistaの発売直後に思い知らされました。

世の中、Windows XPで十分な人が多いのに、たった一企業の論理でハードウェアの敷居の高いVistaを売りつけられる。

VistaはいいOSだと思いますが、XPだってまだまだいいOSです。実際Vistaが売られてからもXPは売れ続けていました。

Microsoftがそのとき何をやったか。

一方的にWindows XP販売停止を通告してきました。

もし、このときEeePCが登場していなかったら、このままVistaの時代になり、Windows 7はさらに重いOSになり、価格は吊り上げられていたかもしれません。

幸いEeePCがLinux(Xandros)を引っさげて登場したにもかかわらず、予想以上の売れ行きを示したため、葬ったはずのXPが復活してしまいました。

さて、今年の終わりから来年頭にかけて、Windows 7発売という節目を迎えます。

今やネットブックはWindows全盛、Microsoft独占状態です。このままだとWindows 7の価格を吊り上げかねない状況です。

だからこそ、Windowsに対抗する何かが必要となってきているわけです。

このWineの存在は大きいと思います。いろんなしがらみでWindowsから離れられない人が多いですから、これがLinuxへの移行するひとつのきっかけになるかもしれません。

というわけで、しばらくWineを追っかけてみようかと思います。私にとっては、当面Age of Empires IIが動くようになることが目標です。

« AcerからNVIDIA Ionプラットフォーム採用ネットトップ登場など | トップページ | EeePC 4G-Xの旅立ち »

Eee PC 1000H-X」カテゴリの記事

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

Atom230マシン+Ubuntu8.10、SynapticからWineをインストールし、アップデートをかけて最新バージョンにしてはいましたが、よくよく考えるとLinux上で使いたいWindowsアプリがなかったので、そのままにしていました。この記事を読んで、感化されAge of Empires IIの体験版を落として試してみることにしました。つないだモニターは15インチで1024×768の解像度、OSは最新の状態、DirectXのインストールなど一切なしで、いきなりダブルクリックでインストーラーは起動しました。ボタンの表示は出るものの「インストール」「キャンセル」の文字がでないので、ヤマ勘でボタンを押すとインストールが始まり、何事もなく終了。デスクトップに作られたショートカットをこれもそのままダブルクリックすると起動。おぉとバカみたいに感動。ただプレイ出来るところまで確認しただけで時間切れ、終了…。スミマセン。ちなみにAtom330マシン+Jarisでも試したところMadorisというソフトから起動することは確認しましたが、OSそのもののビデオドライバーが不備で非常に重いため、使い物になりません。Jarisはこれで消去しUbuntu9.04に変更します(この文章はJaris上で書いていますので、これがこのOS最後の仕事です)。
Amazonだともっと安いです。私も買おうかな。

こんにちは、passoさん。
体験版は動いたんですか、ちょっと試してみたいですね。このゲーム、コピー防止のためにCD-ROMを読みに行くのですが、そこがうまくいかない原因かもしれませんね。
Jarisは動作が芳しくなさそうですね。まだ発展途上のOSといったところでしょうか。
Age of Empires IIはなかなかお勧めです。暇になったらまた腕を磨きたいですね。ちなみに私は飛び道具が好きなので、トルコばかり使っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/44608606

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 1000H-XでWine (Wine HQで情報収集):

» wine でWindowsソフト@Xandros [EeePCでブログ更新]
ブログEeePCの軌跡の記事でwineを試しておられる。→ EeePC 1000 [続きを読む]

« AcerからNVIDIA Ionプラットフォーム採用ネットトップ登場など | トップページ | EeePC 4G-Xの旅立ち »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ