« EeePC 1000HE 国内発売4月4日 | トップページ | VAIO type Pのカスタマイズ »

2009年3月27日 (金)

VAIO type Pの寝モバPC計画

昨日、おとといの夜はVAIO type Pを寝モバPCとして使ってみました。

大きさ的には寝モバ向きのPC。普段使っているEeePC 4G-Xとの比較をしてみました。

まず4G-Xに比べてよい点

・バックライトを暗く出来る

4G-Xの液晶は暗いとよく言われますが、暗闇で使うと逆に明るすぎます。輝度のレンジが狭いということなんでしょうが、VAIO type Pはかなり明るさを落とせます。

家族が寝ている横で使うにはVAIO type Pの最低輝度の暗さはちょうどいいですね。

・キーボードの音が静か

VAIO type Pのキーボード、使ってみると硬すぎもせず、やわらかすぎもせず。思ったより使いやすくて、さすがSONY!というところです。

使いやすいだけでなく、音も静か。EeePCはかなりゆっくり押さないとぱたぱたと音がしてしまいますが、VAIO type Pは普通に打っていてもそんなに音がしません。

発熱が少ない

店頭で触ったときはえらい熱かったですが、うちのVAIO type Pはぜんぜん熱くなりません。布団の上におくと、4G-Xは置いたところだけふわふわ仕上げになりますが、VAIO type Pはほんのり暖かいだけ。夏になると重宝しそうです。

1000H-Xもそうですが、Atomプロセッサはやはり発熱が少ないのが売りですね。

さて、つづいて残念な点。

電源投入後、バックライトが最大輝度になる

上でバックライトをほめておきながらなんですが、起動直後はなぜか最大輝度になります。

しかも輝度を落とせるようになるのはOSが起動し終わってから。かなり待たされます。その間きらめいています(笑)

今まで使ったPCで、電源を入れなおすと輝度の変わるPCなんてなかったのでびっくりです。これはVAIO type P共通の問題なのか、うちのマシンだけの問題なのかは不明です。

・トラックポイントのクリック音がうるさい

トラックパッドだと、パッド表面でクリックできるため音が出ません。トラックポイントはクリックボタンを使わなくてはいけないので、どうしても音が出ます。

しかもキーボードではあれだけ静音なのに、トラックポイント用クリックボタンはEeePCのボタンと同じようにかちかち音がします。

・文字が小さい

寝モバというのは、たいてい寝る前か朝起きたときにするもの。

通常より視力が落ちている状態です。

そんなときにあの画面のあの文字の大きさ。普段はあまり気にしなかっただけに、こういうときは妙に気になります。

もっとも文字サイズは変えられるので、大きくした状態でもトライしてみます。

Vistaは確かに重いですが、使ってみるとあまり気にならないもの。直後に4G-Xを立ち上げると、XPの軽さがよくわかりますが、同時にどこか古臭さを感じてしまいます。今までVistaには批判的でしたが、やはり最新のOS、見た目はいいですね。

というわけではないですが、多分XP化はしないと思います。

それよりもUbuntuをインストールしてみようかと思っています。いくつか情報は集めつつありますが、また成功したら報告します。

« EeePC 1000HE 国内発売4月4日 | トップページ | VAIO type Pのカスタマイズ »

コメント

こんにちは。
高速道路が混雑しているようなので、今日も家で過ごしています。(寝坊して活動する機会を失いました)

>バックライトを暗く
 バックライトが暗くできるのは良いですね。
私もEeePCを真っ暗な所で使うことがありますが、最低輝度でも眩しいです。
眼に負担が掛かるので止めた方が良いのは分かるのですが、星野(星空)写真を撮りに行ったときに写真確認で使おうと考えていました。(眩しいと夜空に目が慣れるのには時間が掛かります)

>キーボードの音が静か
>発熱が少ない
 type Pはキーボードにも注力したそうですが、そればかりは羨ましいです。
発熱問題も、耐久性やバッテリ駆動に直結しますからモバイルとしては重要です。

>Vistaは確かに・・・あまり気にならない
 メインメモリの使い方がWinXPより上手になったと聞きました。大量に食うのは構わないのですが、アプリが安定動作するならそれでも私は歓迎です。
Vistaが重いのはC#などの.Net環境で開発されているからかなぁ、と思います。会社のCADも2009になって激重になりました。2008まではC++(ネイティブコード)でしたので軽快でした。ランタイムゆえの重さを感じます。

>それよりもUbuntuをインストールしてみようか
 typePにUbuntuとはお洒落ですね。
こちらは私も興味深いです。Ubuntuをインストールしてみようかと現在XP環境をバックアップ中です。Ubuntu UMPCやUbuntu Netbook Remixなど、色々あって何をEeePCに入れれば良いのか迷います。まずはディストリの違いから勉強した方が良いのかも。

LXubuntu良さそうですよ。
デスクトップが青系でスッキリですし。

こんにちは、akiraさん。
EeePC2台にVAIO type Pと3台ものネットブックを抱えることになりましたが、それぞれ得手不得手があって面白いですね。
VAIO type Pは各情報誌で「ネットブックを超えた」などと絶賛ですが、この一台ではやはりカバーしきれない部分(CPU速度の遅さ、バッテリ駆動時間など)があるため、私としてはEeePCを捨て切れません。
今日はちょっと持ち歩いてみましたが、VAIO type Pのよさはやはり軽さ。これに尽きます。これを武器に、外で活躍できる場を何とか作りたいですね。
Ubuntuのインストールもそうですが、いろいろと試してみたいこともあります。また随時レポートしていきます。

こんにちは、アンビンバンコさん。
軽いUbuntuなので魅力的ですね。ちょっといろいろと勉強してみます。
ただ、グラフィック描画がUbuntu8.04系のでないと遅いらしいという情報もあります。いろいろ情報収集中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VAIO type Pの寝モバPC計画:

« EeePC 1000HE 国内発売4月4日 | トップページ | VAIO type Pのカスタマイズ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ