« VAIO type Pのカスタマイズ | トップページ | VAIO type Pの追加カスタマイズ »

2009年3月29日 (日)

VAIO type Pでも地デジコピーガードCPRM解除

EeePCでもできるくらいなので、当然VAIO type Pでもできるでしょうが、一応試してみました。

詳しい手順は、EeePCでも地デジのコピーガードCPRM解除成功!地デジのコピーガード CPRM解除成功!!あたりに書いてあります。

使ったDVD-RドライブはいつもおせわになっているDVSM-P58U2/Bで、cprmgetkey.exeのバージョンは036を使っています。

上の記事を書いた当時はコマンドプロンプトで使っていましたが、今は「relCPRM」というGUIタイプのものを使っています。

DVD-Rドライブに、CPRM対応メディアにムーブされた地デジの録画データを挿入、relCPRMを起動。

Cprm_vaio01

あとはソースと保存先フォルダを選択してゲット!!・・・とやろうにも、「選択」のボタンが押せません。

ひょっとして、relCPRMってVistaに対応していないの?

まあ起動はできるんで、やりようはあるはず。とりあえずやったのはrelCPRMと同じフォルダにある「setup.ini」ファイルを右ボタンから「編集」を選んで、このように書き換えました。

Cprm_vaio02

上3行の部分で、「src =」の後ろにDVDドライブ・フォルダを(D:はDVDのドライブ名を、その後ろのフォルダはこのまま使えます)、「dst =」の後ろには、CPRMを解除した動画ファイルを入れるドライブ・フォルダ名を入れます。

これで動くようになりました。

大体50分の動画データを落としてみましたが、デスクトップでは6分かかったものが、VAIO type Pでは10分でした。

4G-Xでやったときは1時間近くかかりましたから、まあたいしたものです。

VAIO type Pは60GBと比較的容量があるマシンですから、2~3本程度の動画を持っておくくらいなら問題ないですね。

ちなみに今回落とした動画はNHKスペシャルの「揺れる大国 プーチンのロシア」というタイトル。

これをみてつい笑ってしまうのは、ちょっとウサビッチの見すぎですか?

« VAIO type Pのカスタマイズ | トップページ | VAIO type Pの追加カスタマイズ »

コメント

プーチンのロシア、揺れの原因は やはりキレネンコの機嫌を損ねたことでしょうか(笑)

こんにちは、souさん。
そのうち「キレネンコ大統領」がでてくるかもしれませんね(笑)。あの調子で北○鮮あたりに切れてくれませんかね・・・自称人工衛星のミサイルをフライパンではじき返すとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VAIO type Pでも地デジコピーガードCPRM解除:

« VAIO type Pのカスタマイズ | トップページ | VAIO type Pの追加カスタマイズ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ