« BUFFALOのMicroSDリーダー | トップページ | LB-G1000が39,800円 »

2009年1月30日 (金)

パソコンの低価格化の波は止まるか?

先日 ネットブックは普通のノートPCとなるか 2で紹介した記事とはまったく正反対の主張が、なぜか同じ日経BP側から出ています(こちらはPC onlineですが)。

PC online:「低価格ミニノート、今のままなら2~3年でブーム去る」

要約すると、

今のネットブックは解像度、性能が低いにもかかわらず安さで買い求める人が多い。しかし購入後に不便さを感じることになり、再びそのユーザーがリピータとなることはない。ミニノートがこのままならば2~3年でブームは去る。

その上で、日本のメーカーはアイデアを創出すべきだ、と主張しています。

私は上の記事を読んで、句読点のところに「で、あってほしい」という言葉が隠れているだけじゃないかと見ています。

ネットブックユーザーがリピータにならない「で、あってほしい」、ネットブックブームは2~3年で去る「で、あってほしい」。

これは日本メーカーの願望そのものですね。現実逃避というやつです。

まず、今のネットブックユーザーが”すべて”不満を感じているということはありえません。むしろ”満足”してしまったユーザーが多いゆえに売れている、というのが現実だと思っています。

それに、この記事元の講演をされた方の意見が正しいとすると、携帯電話がパソコンを駆逐している現状が説明できません。

あの携帯画面の解像度、わずかなキーでの文字入力していることを考えると、お世辞にも使いやすいとはいえませんが、多くの人が携帯電話でメールやiモードなどを使っています。

人間ちょっとくらい不便な環境でも、必要となれば順応してしまうものです。

ネットブックの解像度が低いなら、今後それに合わせたサイトが増えるだけじゃないかとも思います。EeePC 4G-Xが出たころは確かに不便でしたが、今はネットブック用周辺機器も充実してきています。

もうひとつ、「今のままなら」というところもありえないですね。ネットブックが登場してからというもの、IntelやMicrosoftの規制を緩和させることで徐々に進化しています。

800×480の解像度は1024×600に、HDDも80GBが160GBになっています。3年先まで「今のまま」でいられることはありえません。

そういえば、昨日SDカードリーダーを買った店で、たまたまネットブックコーナーを通りかかったとき、あるお客さんに説明する店員の声が聞こえました。

「・・・安いパソコンですが、Officeが入っておりませんので、やはり普通のノートPCがおすすめですね・・・」

なんていいながらお客さんを20万円ノートPCコーナーに誘導していました。

あやうくこの店員にけんかをふっかけるところでしたね。

「おまえの目の前にONKYO ソーテックC1 のOfficeモデルがあるじゃねえか!!!ここの店員は”Office”の英語も読めないお馬鹿な奴しかいねえのか!!!

ト○タ自動車元町工場近くのでっかいエ○デンではパソコンを買わないようにしましょう。こんなレベルの低い店員では後々不安になります。

上の記事の言われるとおり、もし万一2~3年以内にネットブックブームが終わるとすれば、ネットブックをえさにお客をおびき寄せ、お馬鹿な店員が高いパソコンを買わせ続けられたときでしょう。

しかしそのときはパソコンそのものが崩壊するときです。正常な進化をたどれなかったものは、生物であれパソコンであれ生き残ることは不可能です。

家電製品を見ていてわかるのは、最後には低価格化が進むということです。パソコンとて例外ではありません。まさにその点をついている記事もあります。

PC Watch:IntelがIntelを食う共食いを起こしたAtomプロセッサ

IntelのAtomプロセッサ登場により、本来の家電組み込みCPUというより低価格パソコンへの採用が進んだことで、Intel自身を脅かす存在となりうるだろう、という記事です。

CPUの性能が頭打ちになったこと、ユーザーのパソコンへの性能要求に見合うCPUが安く提供されるようになったこと、この二つが今のPCの低価格化をすすめているという、ごく当たり前の状況になりつつあるという指摘は納得するものがあります。

この記事の言うとおり、Intelは「パンドラの箱」をあけてしまったということでしょうね。

もう時代はパソコンの低価格化に向かって進んでいます。今はネットブックだけですが、そのうちフルサイズノートPCとて例外ではなくなります。ハイスペックのパソコンと、必要十分な性能のパソコンという2極化は今後加速していくと思われます。

ちなみに、私は必要十分な性能をもつ「ネットブック」は手に入れたので、そろそろハイスペックなマシンもほしくなってきました。今話題のAMDのPhenom II X4がほしいですね。今度のボーナスあたりでひそかに検討中です。

Phenom II X4 940 Black Edition BOX

まあ、ボーナスが出れば、の話ですが・・・。

« BUFFALOのMicroSDリーダー | トップページ | LB-G1000が39,800円 »

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
DRAMの価格が底値を超えて、値上がり始めたので低価格化はおさまってしまうかもしれませんね。
PCパーツ業界はXp⇒Vistaに切り替わると読んで?設備投資した末この不況ですから今月辺りから生産調整に入るようです。
需要に合わせた供給量にされると価格は上がってしまいます。
事実値上がり始めたので慌てて2GBメモリーを買い足しました。

価格が横ばいでも所得が下がると実質値上がりですし(^^;

オフィス入りのネットブックは確かオンキョー(ソーテック)の他にも確かマウスコンピューターも出していたような。
アスワンもオフィス入りがラインナップに加わっていましたし。
現行のオフィスですと2007になりますが、リボンは使えたのでしょうか。ネットブックで。
オフィス入れられている方は大体が2003以前が多かったような気がしたのですが。

こんにちは、arkoujiさん。
Intelは「パンドラの箱」を開けなければ競合に
脅かされるので、あえて開けたのだと思いま
した。
Atomが割高であればVIAやAMDがつけ入り
やすくなるので、低価格帯でリーズナブルな
製品を出し続けてシェアを拡大し価格が暴落
しすぎないようコントロールしているのでしょう。

arkoujiさん、こんばんは(おはようございます…かな)。

リンク先の記事を読ませて戴きました(かなり、斜め読みですが…)。
2~3年後に先進国のネットブックのブームが去るという意見ですが、ネットブックそのものが完全に定番化してしてしまうと思うのですが、如何でしょうか?
一般ユーザーで、本当に Core 2 Duo が必要な方がどの程度居るのかとも思います。(正直、小生も必要ない様な…)

でも、国外(台湾、米国)メーカ主導のネットブック市場に国内メーカーが何の展望も持たずに、最近拡大してきたネットブック市場に参入する事に対する警鐘かなぁ…と前の記事とはここで繋がりますか。一体どんなセミナーでこの発言したのかは分りませんが。

  *****

星屑倶楽部さん。MS Office 2007(特にリボン)はマルチコアあってこその機能だと確かImpress辺りの記事(だったか、DOS/V Power Reportだったか?)で読んだ記憶があります。
ですので、現行のネットブックに2007を入れる方が少ないのはそういった事情かと?如何でしょうか?
尚、小生のOffice経歴は2003どころかXP、97まで遡りますが(笑)

  *****

後、個人的な見解で申し訳ありませんが、
昨年末頃、某PCショップ(家電量販店ではありません)で交わされていた会話で、

客:(Aspire One 8.9インチのモノを指して)これで、ワープロとか表計算って出来ますか?
店員:このPCで十分出来ると思いますが、Officeは入って居ません。ですが有料のMS Officeや無料の“オープンオフィース”をダウンロードしてインストールして入れて頂ければ可能ですよ。
客:無料のOfficeは、ここで購入すれば入れて貰えるんですか?
店員:(苦笑)ですから、お客様自身がインターネットからダウンロードして頂いて、インストールを・・・
客:だったら、ここでダウンロードして入れて下さい!!

・・・このお客さん、明らかにPC知らない方。
そんな方にOpenOfficeを薦めるなよ…と、
寧ろEeePC1000Hには“スタースイート8”がプリインストールされてるやん!
と、店員に対し思った反面、
PCショップに来る客でコレだと、量販店に買いに来る客に対して、下手にネットブックを薦めて販売すると、
やれ『Officeが入ってない』とか、『ゲームが出来ない』とか…平気で言って来る恐怖の『クレーマー』には豹変するんだろうな(笑)

当然、店員の“個人売上げも多分にある”でしょうけど、
20万クラスのメーカー製のA4ノートに誘導したくなる気持ちも解らなくも無いです、昨今の『クレーマー』は恐いですから。
と言うか、ユーザー側もネットブックに対して“過剰な期待”を持ち過ぎかと。

  *****

Phenom II は確かに興味がありますね。
多分、arkoujiさんもこんな感じでしょうかね?
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0107/nishikawa.htm
(↑西川和久の不定期コラム Core 2 Quadマシンを5万円で組む!:昨年度のコラムがAtom中心だった為に低価格でハイエンドなマシンを組んでみました…と言う内容)

小生は、Core i7 が欲しいです。
全く、手が出せませんが(涙)
もっとも、用途としても“スクマネージャーで8つ(4つ)の窓を眺めて悦に入る”だけでしょうけど・・・(爆)

長々と失礼しました。

こんにちは、アンビンバンコさん。
確かにメモリ価格は上昇していますね。でもまたいつものように戻ってしまう気がします。一度安値がつくと、みんな同じ値段になるまで買わなくなってしまいますから。
パソコンも一度5万円なんて見てしまうと、なかなか高いほうを買おうと思わなくなりますね。これから皆さん収入ががくっと下がりますから、なおのこと20万円パソコンが売れなくなりそうです。

こんにちは、星屑倶楽部さん。
ネットブックでOffice搭載機が増えてきましたね。2007なんで動作は大丈夫かと心配になりますが、わりとちゃんと動くみたいです。
私は2000を入れています。これくらいでちょうどいいんですが、XPのようにULCPC Officeなんて出してくれませんかね。

こんにちは、souさん。
Intelも半ば承知の上でAtomを出してきていると思います。そこはやはりVIA C7MやAMD GeodeLXなどの存在が大きかったと思いますね。
日本のメーカーの場合、暗黙の談合状態で、とにかく安いPCは出してはいけない、みたいな雰囲気がありましたね。工人舎なんてつまはじき状態でしたから。
EeePCが出てきて、店頭で工人舎の製品を見るようになりましたから、もしかしてそれまで国内メーカーは工人舎の製品を売らないように圧力をかけていたんじゃないかとかんぐったくらいです(そうではないと思いますが)

こんにちは、くろいひとさん。
たしかに時々大変なお客さんもいますね。20万円パソコンに誘導した店員の気持ちもわからなくもありません。
このPCショップの店員もごくろうさまですが、やはりMS Officeをまず薦めるんでしょうね。Open Officeは完全互換ではありませんから、ファイルによっては使えないというリスクをまず伝えないといけません。
せっかくネットブックはやすいんだから、その分ソフトをちゃんと買うべきだと思います。今までがハードが高すぎたため、ソフトまで買えずに違法コピーが後をたたなかったような気がします。
実は物を言わないクレーマーが一番怖いそうです。クレームはある意味、今後どうすればいいかがわかるのでまだやりやすいのですが、何も言わないで離れていったお客さんの心は読めませんからね。
最近のパソコンの売れ行き不振は、こうした静かなクレーマーが膨大な数になったから起こったことじゃないかと思っています。いろんな機能がついていて便利だと聞かされて高い買い物をしたものの、そんな多機能、結局使わないじゃん、という人が多いのも事実です。
メインマシンは今Pentium DualCoreがついており、同じマザーでCore2DuoがつくのでCPUだけ変えようかと思ったら、同時にマザーも変えたい、OS入れ替えはめんどくさいからHDDも変えたいとなるんで、結局AMD Phenom IIにのりかえてもおなじという結論になっています。メモリがDDR2を使えれば、乗り換えコストも下げられますし、ちょっと真剣に検討しようかと考えています。
と、いいつつも、またネットブックに手を出したりして・・・

こんにちは。
記事の内容、同感です。
ネットブックは、従来のWindowsCE機やWindowsMobile、又は登場しては消えていった多くのPDA類の一つだろうという期待で購入しました。ですが、メインのラップトップと同じ事ができるのに驚きました。むしろメモリアクセスとストレージ性能は数倍良くなっていたので、EeePCの方が速いぐらいです。

 確かに浮動小数点とビデオ性能は劣りますが、これが5万円台で買えたことに衝撃を憶えました。5年前はノート型で15万円が安いという感覚ですから、凄い時代ですね。 PCが家庭用ゲーム機並みの手軽さになったのだと、しみじみ思います。

 1000万画素を超えるRAW写真の現像を快適に行うには、最新のハイスペックなPCが欲しいのですが、立場を忘れて存在感を示そうとするOSには辟易してます。

こんにちは、akiraさん。
私もネットブックがこれからも伸びると思っている根拠に、実際に使ってみると普通のノートPCと変わらないと感じることがあげられます。
Windows CEやPDAだと使えないソフトが多くて不便でしたが、Atomプロセッサくらいの性能で使えるソフトが意外に多く、もうネットブックでもいいじゃないの?と思えてしまいます。
パソコンコーナーの店員は商品を口だけで説明している人が多いのが気になりますね。実際に商品があるんだから、その場でOfficeなりネットなり使ってみるといいんですけどね。多分多くの人が「これで十分」となるんじゃないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/43905155

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの低価格化の波は止まるか?:

« BUFFALOのMicroSDリーダー | トップページ | LB-G1000が39,800円 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ