« デュアルコアAtom N330で動画変換 | トップページ | "cpi.exe"のフルマシン実行 »

2009年1月10日 (土)

EeePC 1000HE

x-gadgetをみていたら、面白いものがCES2009に展示されているということを知りました。

x-gadget:バッテリーが強化されたEee PC 1000HE

バッテリ駆動時間が6.9時間から8.7時間と、EeePC 901並になっているようです。1000Hのマイナーチェンジ版だそうです。

ファイル 706-1.jpg

ぱっと見るとデザインも変わっています。キー配列も変更されているとか。

重量がどれくらい増えたかは不明。そこが気になります。

このCES 2009、VAIO Type Pを含めていろいろ面白い製品が出ていますね。

話はずいぶん脱線しますが、そのVAIO Type P、Sony Styleですでに注文を受け付けています。

Sony Style:VAIO Type Pオーナーメードモデルにいくと、価格シミュレーションがあります。

このType P、最低価格はなんと79,800円。カメラやBluetoothなし、ワンセグもなし、HDDは60GBなど、ないないづくしですが、EeePC S101より1万円高程度ということで意外とお買い得。

ただこのオーダーメードモデル、発送は2月上旬だそうです。

このシミュレーションで遊んでみると、なかなか面白いです。

CPUをAtom Z520(1.33GHz)からZ530(1.6GHz)にあげると+5,000円。Vista Home BasicからHome Premiumにしても+5,000円。Bussinessだと+10,000円。

ただしWindows Aeroは使えないとのこと。Premiumにする意味はあんまりなさそうです。またBussinessにダウンロード権があるかどうかは不明。XP用ドライバなどがあるかもわかりません。

60GB HDDを64GB SSDにすると+15,000円。いまどきこれは高くない?

キーボードを英字配列にすると+5,000円。安くならないの?

ワイヤレスWAN/GPSはまだ搭載できませんでした。いくらするんだろ?

あと下の方には、バッテリとキャリーバッグセットで24,800円といったようなVAIO純正ぼったくり商品(笑)と、イーモバイル、Sonetのキャッシュバックの紹介などがありました。

予想価格10万円前後という話だったのでどうかと思いましたが、79,800円なら売れそうですね。私は最低価格仕様でなんら問題ないとおもいます。

店頭モデルがいくらになるか、ですね。このシミュレーションでワンセグ、カメラ、Bluetoothをつけると99,800円なので、これが店頭モデルかもしれませんね。

« デュアルコアAtom N330で動画変換 | トップページ | "cpi.exe"のフルマシン実行 »

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、arkoujiさん。

私もsony styleで価格シミュレーションしてみました。
最低限構成+大容量バッテリーがあれば十分だ
と思いました。

オーナーメイドモデル限定のオニキスブラックが
クールでカッコいいです。さすが、sony、さすがvaio
ですね。思わず欲しいと思わせるデザインとカラー。

こんにちは、souさん。
VAIOでもここまで安くできるんですね。驚きました。
これでXPモデルで74,800円とかにできればいうことなしだったんですが。でもSonyさん、がんばりました。
あちらこちらでインプレしているので、これは売れそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/43694121

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 1000HE:

« デュアルコアAtom N330で動画変換 | トップページ | "cpi.exe"のフルマシン実行 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ