« "cpi.exe"のフルマシン実行 | トップページ | EeePC 1000H-XでAge of Empires II »

2009年1月11日 (日)

ARMプロセッサ版ネットブック

ネットブックというと、4~5万円台でせめぎあっていますが、EeePC 701あたりの低価格ネットブックにもついに対抗馬が出てきそうです。

Engadget Japanese:Pegatron と Freescale、ARMベースの格安&長時間駆動ネットブックを公開

ARM最新プロセッサ 1GHzのi.MX515というのを搭載しており、値段は199ドル、バッテリ駆動時間は8時間だそうです。

OSはUbuntuで、8GB SSD。OEM先を探していて、5~6月くらいにでてくるかも、ということのようです。

ARMプロセッサというと、スマートフォンなどに使われている携帯用のCPUというイメージなので、どちらかというとネットブックというよりiPhoneのでかい版というところでしょうか。

いずれにせよ、日本でも販売してほしいですね。出るとしたら2万円くらいでしょうか。

これが起爆剤になり、さらにネットブック全体の価格が下がると面白いんですが・・・私としてはASUSからこれ対抗の超低価格版EeePCの登場を期待します。

最近私は寝モバ用にEeePC 4G-Xばっかり使っています。小さくて気遣い無用(笑)なので重宝しています。ただ欲を言うとSSDが小さいですね。やはり8GBはほしいところです。SDHCにソフトをインストールしても、Cドライブ側もある程度は食われてしまいますから、インストールできないソフトがいくつかあります。Age of Empire IIとか入れたいんですけど入りきれません。

まあ、1000H-Xを使えばいいんですが、冬はやっぱりキーボードからの発熱の多い4G-Xが手放せません(笑)。指が冷えてきたら、さらに暖かい底面で暖をとっています。これがなかなか心地よくて(笑)

この701SD-Xが19,800円になればいいんですけどね。とはいえ、これでも1万円以上は安くなっているんですよね。

セカンドマシンがほしいという人に、実物(4G-Xですが)を見せつつすすめています。反応は凄くいいですね。こんな安くてもこれだけ使えるんだ、という感じです。でもその後、701SDではなくてEeePC 1000H-Xなど別機種を買う人ばかりです。セカンドマシンなら、これで十分いいマシンなんですけどね。

« "cpi.exe"のフルマシン実行 | トップページ | EeePC 1000H-XでAge of Empires II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/43700235

この記事へのトラックバック一覧です: ARMプロセッサ版ネットブック:

« "cpi.exe"のフルマシン実行 | トップページ | EeePC 1000H-XでAge of Empires II »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ