« EeePC並列計算機化計画 | トップページ | EeePC 1000H-Xで年賀状作成2 »

2008年12月16日 (火)

HP Mini 1000ファーストインプレッションなど

今日はPC Watchがいろいろ気になる記事を書いていました。まとめて紹介します。

PC Watch:HP Mini 1000ファーストインプレッション

今日が発売のHP Mini 1000のファーストインプレッションです。国内ではEeePC、DELLに続いてSSDモデルがあるNetbookです。

日本ではWindowsモデルのみのため、SSD版は16GB。ですが、それとは別に8GBのドライブがついてくるとは聞いていましたが、こちらの記事では専用のコネクタにおさまったフラッシュメモリが写真に出ていました。

一応”外付け”扱いなので、WindowsXPの16GBまでという基準を満たしていることになっているみたいですね。

内蔵ドライブの性能などが出ていないのは残念ですね。

PC Watch:Hothotレビュー レノボ「IdeaPad S10e」

先日発売された、LenovoのIdeaPad S10eの紹介記事です。どうしてもThinkPadと比較される運命にあるため、キーボードやポインティングデバイスでやや悪いイメージで書かれてしまっているのは残念ですが、このマシンの特徴であるExpress Card/34スロットがついていることなどを評価しています。

分解写真も出ています。ただ、メモリとHDDはEeePC 1000H-X同様、アクセスしやすいようですね。これなら、2.5インチHDDサイズSSDに交換しやすいですね。

PC Watch:本城網彦のネットブック生活研究所 NASの導入でストレージの容量不足をカバー

アンビンバンコさんのEeePCでブログ更新でも以前出ていましたNetbookとNASの組み合わせるというアイデアの紹介です。BUFFALOのLS-WS1.0TGL/R1というNASを使っています。実売53,000円と、Netbookとの組み合わせにはちょっと高いのでは?と思いつつも、このNAS、iTunesサーバーやFTPサーバーにもなる、しかもファンレス、省電力といいことづくめ。SSDモデルも出たそうで、まあ高いだけありますね。

この記事の中で、光学ドライブを持たないNetbookの販売台数が25%ともなった今、メーカーもドライバ・マニュアル類をCD/DVD-ROMだけで配布せず、ネットで配信するようにすべきだ、という意見がありました。まったくそのとおりですね。

ちなみに、Amazonで1TBモデル(500GB×2)が39,342円でありました。

PC Watch:笠原一輝のユビキタス情報局 2009年に迫り来る台湾製ネットトップに国内メーカーは対抗できるのか

シビアな内容の記事ですね。今度はディスプレイ一体型PCでも国内メーカーは苦戦を強いられるのでは、という内容です。

ASUSが出すEee Topが紹介されていましたが、このレベルの商品が399~499ドルででてくるようです。となると、10万円以上する国内メーカー製一体型PCは今のNetbookとノートPCとの関係のように、シェアを食われてしまわないかということです。

ただ、Net TopはULCPC版WindowsXPのために光学ドライブがつけられない、国内メーカー製なら当然のようについている地デジチューナーなどがついていないという不利な点を指摘しています。Netbookのようにはいかないというわけです。

しかし、これらの問題は工夫次第で解決できそうなものばかりだとこの筆者は指摘します。一年前に、まさかここまでNetbookが普及するとは思わなかったのと同様、まさかNet Topが出張ってくるなんて・・・とたかをくくっていると危険だよ、と警鐘を鳴らしています。

加えていうなら、MicrosoftもULCPC条件を今のままにしていると、Net TopはLinuxでだしてしまいかねません。日本では何とかなっても、世界ではLinuxのほうが普及してしまった、なんていう事態にならないとも限りません。特に世界不況のこのご時世、価格の安いLinuxに流れかねませんから。

それにしても今年は本当にNetbook元年というべき年でした。まだ2週間ほどありますが、一日で4つの記事が出てくるほど話題豊富なNetbook、まだ何かありそうですね。来年もにぎわしてくれそうです。

« EeePC並列計算機化計画 | トップページ | EeePC 1000H-Xで年賀状作成2 »

Eee PC 1000H-X」カテゴリの記事

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
紹介ありがとうございます。
NASとWindows共有フォルダのおかげでファイル転送にUSBを使わずに済み楽になりました。
アクセス速度は共有フォルダの方が速いのでNASはもっぱらバックアップ用に利用しております。

こんにちは、アンビンバンコさん。
最近はNASでもいいものが出てきましたね。共有フォルダを使えば必要はないのですが、遊んでみたくなります。
多くのNASはLinuxらしいので、ハッキングしていじれてしまうものもあるようです。この小型NASは機能豊富なので、そのうちハックする人が出てくるんじゃないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/43441693

この記事へのトラックバック一覧です: HP Mini 1000ファーストインプレッションなど:

« EeePC並列計算機化計画 | トップページ | EeePC 1000H-Xで年賀状作成2 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ